中学生の英語勉強法!おすすめ教材や英語ノートについても

英語の勉強方法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

中学生で英語勉強中の方。突然ですが英語の授業は好きですか?いつも満足のいく点数を取れていますか?

英語を勉強したいと考えている中学生の方やその保護者の方は、下記のような悩みをお持ちかもしれません。

英語が苦手で、ノートもただ板書を書き写すだけになってしまいます。中学生の時点で英語につまずくなんて、この先が不安です…

中学生の子どもが英語が苦手なので、高校や大学に向けて苦手意識をなんとかしてあげたいです。おすすめの教材などはありますか?

実はこのような悩みを持つのは、初学者の勉強の仕方を知らないことが原因。勉強の仕方が分からないので、思うように英語力を伸ばすことができず、英語力が伸びないので英語が好きになれない、という悪循環になってしまっているのです。

結論から申し上げると、中学生のうちから勉強のコツを知ることでスムーズに勉強をしていくことが可能。

そこで今回は元英会話講師の私が、英語を勉強したいと考えている中学生の方に向けて、学習のポイントをご紹介します。勉強をするのに最適なさまざまなツールも解説していきますので、ぜひ試してみてくださいね。

本記事で分かること

・【スキル別】中学生の英語勉強法
・【コンテンツ別】中学生の英語学習おすすめ教材
・中学生の英語ノートについて
・中学生が英会話力を身につけるには?

【スキル別】中学生の英語勉強法

中学生が効率的に学習するには以下の3つのポイントに気をつけましょう。

  • 1日にやる量を少なくする
  • 難しいことから始めない
  • 楽しめる要素を入れる

中学生の方が英語を勉強するときに一番大切なのは「英語を嫌いにならないこと」。1日2時間勉強して英語を嫌いになってしまうくらいなら、1日1時間の勉強をして英語を好きになる方が良いです。

英語を嫌いにならないためにも、難しいことではなく楽しめるコンテンツに取り組むことも大切。また、効率的に成果を出していくにはスキル別の効率的な学習法を知っておくことが重要です。ここでは、中学生の英語勉強法をスキル別にご紹介します。

中学生のスピーキング勉強法

英語で会話ができたら世界が広がるような気がしますよね。英語を話せることで、世界中の多くの人とコミュニケーションがとれるようになるでしょう。

また、最近はグローバル化も進み、海外からも多くの外国人が日本を訪れるようになってきています。

スピーキングという視点で考えた場合にまずやるべきことは、簡単なよく使う表現を覚えてしまうことです。教科書には基本的な例文が書かれていると思います。

文法という文のルールも学ぶ必要がありますが、日本人が文法を意識せずとも日本語で会話ができているように、英語を話すうえでははじめのうちは、よく使う表現を覚えるだけで十分です。

覚えたらそれを使うという形で習得していきましょう。ちなみに英語を実際に口に出すだけでなく、頭の中で独り言のように思い浮かべることも「アウトプット」に当たります。

りこ
りこ

もし英語を話す機会を見つけるのが難しい場合は、頭の中で英語の独り言を流すことでも立派なトレーニングになりますよ。

無料で受けられる英語のスピーキングテスト7選!得られる効果も!
英語のテストを定期的に受けることは、現在の実力を測るという意味で非常に大切です。実はWeb上で無料で受けられるスピーキングテストがあるのをご存知ですか?本記事では無料で受けられるスピーキングテストを7つご紹介します。

中学生のリスニング勉強法

中学生の方は、まずは英検5級レベルのリスニングを聞けるようになることをまずは目標にしましょう。

英検5級は、レベルとしては中学校1年終了程度ですが、リスニングであれば、先ほどお話をした文法が完全に仕上がっていなくても、ポイントさえ聞き取れれば答えることができます。

英検5級対策!子どもから大人までできる勉強法をご紹介します!
英検5級を受験予定のみなさん、勉強法や教材選びでお悩みではないですか?本記事では元英会話講師の私が、英検5級対策勉強法やおすすめの教材についてご紹介します。英検5級に何が何でも合格したい方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

疑問形なのか、普通の文なのか、文のはじめの単語を意識するなどのポイントを学んで、1つの短い質問に端的に答えるというトレーニングを積んでいきましょう。

りこ
りこ

中学生・高校生におすすめの英語勉強法については下記の記事を参考にしてください。

中学生・高校生におすすめの英会話勉強法!受験英語とのバランスが大事!
中学生・高校生が英会話力をつけるには、どのように学習をしたら良いのでしょうか。また、学校のテストで点数を取るための秘訣はあるのでしょうか。本記事では中学生・高校生の方に向けて英会話の勉強法をご紹介します。

中学生のライティング勉強法

中学生の方がライティング力を上げるには、日記を書いてみることをおすすめします。

日記というと難しそうな気がしますよね。

しかし、その日の天気や、出来事、考えたことを英語で表現するとどうなるのかを考えながら書くことにより、より実戦的なトレーニングを積むことができます。

内容については自分のことですので悩むことはありません。学校生活、部活、勉強のことなど何でも構いませんので自由に書いていきましょう。

英語で少しずつ書けるようになると、自分の日記の型も決まってきて、さらに多様な表現をするためにはどうすべきかについても学ぼうという気持ちになり、さらに勉強が進みます。

はじめのうちは少し大変かもしれませんが、まずは1日5文程度の英文日記を書くところから始めてみましょう。

ライティングのおすすめ教材については下記の記事でまとめました。

ライティング力を効率的に上げたい人が使うべき本10選!これを選べば間違いなし!
ライティング対策ができる教材をお探しですか?本記事では元英会話講師の私が、おすすめのライティング教材とライティング対策のコツについて解説していきます。ライティングの教材選びでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本格的にライティング力を上げたいという方は添削サービスを利用してみましょう。

英語ライティング添削サービス10選を徹底比較!ライティング勉強法も紹介
ライティング力を上げたいとお考えですか?本記事では、ライティングを添削してくれるサービスを10選ご紹介します。無料で利用できるサービスもご紹介しますので、ライティング添削サービスの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

中学生のリーディング勉強法

中学生の方がリーディング力を上げるには、長文ではなく、5行くらいの文章、特に物語文や会話文を読めるようになるよう訓練していきましょう。

教材としては英語の教科書を読むのもOKですし、初心者向けの教材を購入してもOK。

【初心者専用】リーディングの5つの勉強方法!学習サイト&アプリの効果的に使おう!
リーディングの勉強法でお悩みですか?実はリーディング力は、勉強法を工夫するだけで効率的に力をつけていくことが可能。本記事では、おすすめのリーディング勉強法について解説します。リーディング力で伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

実際に読んでみると、英語と日本語とでは単語の並び順が異なることに気が付くはずです。ただはじめのうちは気にせず、分からない単語を調べながら、1文1文を丁寧に読み進めていきましょう。

1文1文の意味が分かり、5行くらいの文章全体の内容や流れがわかるようになると、さらに長い文を読みたいという気になってくるはず。

英語に慣れるまでは丁寧に日本語訳をするというトレーニングをしていきましょう。

リーディング対策おすすめアプリ10選!無料なのに効果大!
リーディング力を上げる教材は本だけではありません。そこで今回は元英会話講師の私が、リーディング対策ができるアプリをご紹介します。無料で使えるものを集めましたので、スキマ時間を使ってリーディング対策をしたい方はぜひ参考にしてください。

 

【コンテンツ別】中学生の英語学習おすすめ教材

効率的な英語学習には、教材選びが非常に大切です。ここでは、中学生の英語学習おすすめ教材をコンテンツ別にみていきましょう。

中学生におすすめの英語勉強本 中1英語をひとつひとつわかりやすく。

Point

・苦手意識をなくすことができる!
・基礎の基礎から徹底理解できるよう解説
・「分かる」から「できる」へ変化させたい方におすすめ

「中1英語をひとつ一つわかりやすく。」は、タイトル通り中学1年生の内容を基礎から学べる内容となっています。

英語は語学ですので積み重ねが大切。はじめでつまづいてしまうと、その後学力がスムーズに伸びなくなってしまいます。

本書は英語の基礎の部分を「わかる!」という感覚を得ながら進めていけるテキストです。苦手意識を持つ人でも、無理なく取り組むことができるでしょう。

中1英語をひとつ一つわかりやすく。

中学生におすすめの英語勉強ができる映画 アナと雪の女王

Point

・基本的で易しい表現が多い
・ストーリー性があるのでディズニー好きに最適
・歌もあるので洋楽も学べる!

基本でも大変人気のアナと雪の女王は英語学習に最適です。ストーリーが楽しく理解しやすいのみならず、基本的で優しい英語の表現が使われているので、勉強教材として最適です。

楽しく勉強をするという面でもぴったりですね。歌も挿入されていますので、英語の歌を通して英語を勉強することもできます。

ディズニーを使って英語のリスニング力を鍛えよう!おすすめ作品5つ!
ディズニー作品は朽ちることのない名作が多いですよね。本記事ではリスニング力を鍛えることのできる、おすすめのディズニー作品をご紹介します。ディズニー作品を使った勉強法についても解説していきますので、ぜひ気になる方は最後までご覧ください。

中学生におすすめの英語勉強ができるYouTubeチャンネル スティーブンの英語塾

【中学英語】be動詞は「=(イコール)」の働き?be動詞①【改訂版】

Point

・中学生で習う文法が楽しく学べる
・ユニークな内容、構成となっているので学びやすい
・動画を観る感覚でサクサク学習ができる!

「スティーブンの英語塾」は、中学英文法、より詳しくは中学校1年生2年生で学ぶ英文法をサクッと効率よく学べるチャンネル。文法に限らず、さまざまなコンテンツがありますが、文法を一通り短期間で学びたいという人におすすめです。

文法というと堅苦しく、理解しづらいイメージがありますよね。

しかしこのチャンネルでは初学者にもわかりやすい例えや例文を使って説明がされるので、サクサクと進めることができるはずです。

YouTubeチャンネル スティーブンの英語塾

英語のリスニングにおすすめのYouTube動画は?どんな勉強法がおすすめ?
YouTube上のコンテンツを使ってリスニング力を鍛えることができたら良いと思いませんか?本記事では、リスニング力を鍛えることのできるYouTubeチャンネルについて紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

中学生におすすめの英語勉強ができるポッドキャストチャンネル The English We Speak

Point

・英会話学習に最適なコンテンツ
・短い英文なので理解しやすい
・シチュエーション豊富なのでさまざまな英語に触れられる

「The English We Speak」は、基本英会話を効率よく学べるチャンネルです。さまざまなシチュエーションの下で想定される短めの会話を豊富に収録しているので、よく使う表現を多く学ぶことができます。

全て英語のサイトなので、最初は抵抗感があるかもしれません。しかし、中学生の方は全てを理解しようと思わずに「聞き取れる部分を探そう」ぐらい気軽に取り組んでみましょう。

りこ
りこ

英語を理解しようとしますので、ポッドキャストチャンネルを使っているだけでも英語の勉強になりますよ。

スピーキング力の向上ももちろんですが、リスニング力の向上にもとても効果的なチャンネルですので、スキマ時間も有効活用して取り組みましょう。

The English We Speak

英語リスニングの勉強法!高校受験対策にもなる方法とは?
高校受験対策を考えている中学生のみなさん。リスニングに苦手意識をお持ちではないですか?本記事では中学生のためのリスニング勉強法やおすすめ教材についてご紹介します。高校受験のためのリスニング対策を行いたい方はぜひ参考にしてください。

中学生におすすめの英語勉強ができるWebサイト 中学校英語学習サイト

Point

・文法など基礎から収録されている
・例文暗記すると効果◎
・復習問題付きなので効率的に復習できる!

「中学校英語学習サイト」は基本英文法を学ぶことができるほか、英語の勉強法を知ること、演習問題を多くこなすことも可能な総合型のサイト。

勉強ではインプット(知識を頭に入れること)と、アウトプット(頭に入れた知識を使うこと)が必要ですが、その両方に効率よく取り組むことができます。

インプットしたらアウトプットするという流れを作ることで、効率よく定着をさせることができますので、意識して取り組みましょう。

中学校英語学習サイト

 

中学生におすすめの英語ノートについて

筆者の英語ノート

ノート作りも勉強をする上では大切です。単語を覚えるために単語ノートを作ったり、英語の例文をまとめるノートを作ることも良いでしょう。

その中でも1番のおすすめは、リーディング用のノートを作ること。具体的には、教科書にある英文をノートに書き写すか、コピーを貼り付けます。

1文1文の下に2行のスペースを設けて、まずは、辞書を使いながら日本語訳を1行分のスペースに書いていきましょう。全て書き終えたら、もう1行のスペースに間違ったところを赤で書き入れていきます。

こうすることで、自分の間違いが明確になり復習のしやすい自分専用のノートが完成します。

りこ
りこ

また、その際に学んだ文法事項や類似の表現もノートの余白に書き込むことで、さらに学習効率を上げることができますよ。

できたノートは常に持ち歩いで、時間のある時に何度も英文を読み直して、スラスラと発音できるレベルにまで繰り返しましょう。

さらに、教科書であれば、付属のCDなど、音声もあるはずです。最近では音声アプリも充実しているので、そうした音声がついているものを教材として使うことをおすすめします。

せっかく訳せるようになった英文ですので、読めるようになった後には、実際に自分の耳で聴くことで、また違った角度からアウトプットとをすることができますね。

この作業を繰り返すことで、英文への理解も高まり、内容も含めてすべて覚えてしまうレベルにまで持っていくことができますので、英語力が飛躍的に向上します。

 

中学生が英会話力を身につけるには?

中学校での英語の授業は、読み書きが中心ですよね。しかし大学や社会人になって求められるのは英会話力。日本の英語教育には、まだまだ学習内容と実戦で求められるスキルに違いがあります。

では、中学生のうちから英会話力をつけるにはどうしたら良いのでしょうか。結果から申し上げると、英会話力をつけるには「読めるもの」は発音できるように「書けるもの」は話せるようにしていきましょう。

例えば“dog”という単語がありますよね。これを見て「犬」と日本語での意味が分かるだけでは不十分。これを「ドッグ」と発音できるようにし、「ドッグ」と聞いても意味が分かるようにするのが「英会話力を上げる」ということです。

テストで点を取るには、英語を読むことができれば良いかもしれませんが、英会話力に繋げていくには「話す」「聞く」こともできるようにしていきましょう。

英会話への苦手意識を克服する5つのステップ
英会話の苦手意識ってなかなか抜けないんですよね。どうしたら英語を話すことに対する苦手意識をなくすことができるのでしょうか。本記事では、英語への抵抗感をなくす方法について考えています。英会話への苦手意識をお持ちの方はぜひ参考にしてくださいね。

 

中学生は楽しく勉強をしよう!

今回は中学生の英語勉強法についてご紹介しました。英語を中学生の時点で嫌いになってしまうとその先があまり続きませんよね。

しかし、中学英語は英語学習に置ける基礎中の基礎。中学英語をどれだけ押さえることができるかが、その先の英語学習を決めると言っても過言ではありません。

英語への苦手意識をなくすには、映画を使ったり、You Tubeチャンネルを使うなど工夫をして、はじめのところをスムーズに理解する工夫をしていきましょう。

また、覚えるだけでなく実際に使ってみることで英語力は向上します。日記を書いたり、英語を使う機会を増やして、英語力を着実に伸ばしていってくださいね。