独学でスピーキング力を最大限に上げる方法!英語独学者必見!

スピーキング
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英語を独学しているのですが、スピーキング力を鍛えるにはどうしたら良いですか?

今回はこのような英語独学者の方に向けて書いていきます。

英語を独学で勉強中のみなさん。スピーキング力は独学でも鍛えることができると思いますか?

結果から申し上げると、スピーキング力は独学でも上げることが可能です。ただし、方法を間違えてしまうと効率的にスピーキング力を鍛えることができません。

そこで今回は、元英会話講師の私がスピーキング力を最大限に上げる勉強法について解説します。スピーキング力を最大限に伸ばしたい方はぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

・英語スピーキングの独学方法
・独学でスピーキング力を上げるためのヒント
・どうして日本人英語学習者はスピーキングが苦手なの?

英語スピーキングの独学勉強法

スピーキング力は基本的に相手があってこそ伸びると考えられています。そのため独学の方は、一人でも効率的にスピーキング力を伸ばす工夫をする必要があるでしょう。

独学でのスピーキング勉強法は以下の3つ。

  • 日英英作文をする
  • リエゾン・リダクションを学ぶ
  • 口に出して身体で覚える

ここでは、英語スピーキングの勉強法についてご紹介します。

日英英作文をする

独学でスピーキングを伸ばしたい方は、日英英作文をしましょう。日英英作文とは日本語の文章を英語に翻訳することです。ポイントは

  • 自分が言いたい日本語を翻訳する
  • 必ず口に出して練習する

この2つです。スピーキングで使わない文章を練習しても意味がありませんし、翻訳するだけでは十分ではありません。

「いつも勉強していると眠くなってしまうんですよね」
=I can’t help dozing off when I study.

など、よく使うフレーズを英語で覚えていきましょう。

*「doze off」は「うとうとする」という意味のイディオムです

リエゾン・リダクションを学ぶ

独学でスピーキングを伸ばしたい方は、リエゾン・リダクションを学びましょう。リエゾンとは単語と単語が繋がって音が変化する現象、リダクションは単語と単語が繋がって音が消え落ちる現象です。例えば

Take it easy.

は一つ一つ発音すると「テイク イット イージー」ですが、リエゾンがかかると「テイキリージー」となります。

リエゾンやリダクションを覚えると、リスニング力も上がり英会話力に生かすことができますよ。

口に出して身体で覚える

英語は頭の中で覚えるだけでなく、口に出して身体で覚えるようにしましょう。英語を覚えて口に出すことで発音を確認できますし、五感を使うのでより記憶に残りやすいというメリットもあります。

大きな声を出せる状況でない場合は、小声でも構いません。頭の中で覚えたと思っていても実際に口に出してみると舌が回らなかったりと新しい発見がある場合もあります。

独学でスピーキングを鍛える際は、ぜひ口に出して身体に染み込ませるように練習してみましょう。

 

独学で英語のスピーキング力を上げるためのヒント

スピーキング力を鍛えることは同時にリスニング力を鍛えることです。

スピーキング力とリスニング力を同時に上げるには、英語の理解方法をきちんと整えることが大切。

今回ご紹介するスピーキング力を上げるためのヒントは以下の3つです。

  • 英語を英語のままで理解しよう
  • 表現はコロケーションで覚えよう
  • 毎日英語で独り言!

それではさっそく詳細をみていきましょう。

英語を英語のままで理解しよう

英語は日本語に訳すことなく英語のまま理解できるのが理想です。もう少し具体的に言えば、英語を聞いたときに完璧な日本語の文に訳すのではなく、英語を英語の語順のまま理解しましょう。例えば

She thinks that she needs to clean up the room.

という英文を耳にしたときに「彼女は部屋の掃除をする必要があると考えている」と理解するのではなく「彼女は 考えている 彼女は 必要がある 片付ける 部屋を」というように、英語の語順のまま理解するのです。

この時のポイントは「とにかく意味が理解できればOK」ということ。

英語を英語の語順のまま理解する癖がつけば「聞いてそれをまた日本語に訳す」という時間が短縮できるので、より速く英語を理解することができるようになります。

英会話学習におすすめのアプリ!無料のものをレベル別に紹介!
英語を効率的に勉強できたら良いですよね。今回はおすすめの英語学習アプリをレベル別にご紹介します。アプリを使った勉強法のポイントについてもご紹介しますので、英語を効率的に勉強したい方はぜひ最後までご覧ください。

表現はコロケーションで覚えよう

スピーキング力における表現を増やしたい時は、必ずコロケーションで覚えるようにしましょう。コロケーションとは簡単に言えば「言葉のペア」です。

例えば「hair(髪の毛)」という単語を覚えたら、それだけではなく

have a hair cut(ヘアカットをする)

do my hair(髪をセットする)

hair is mess(髪がボサボサ)

など、実際に使用するパターンで覚えましょう。

ポイントは「髪」などの名詞を覚え、そこから動詞や形容詞を追加していくイメージです。

毎日英語で独り言!

スピーキング力を上げるには、英語で独り言を言うのがおすすめです。

明日は残業だ

明日のご飯は何にしよう

など、日本語で思ったことを英語で言えるか確認してみましょう。

例えば「残業って英語でなんだっけ」と疑問点が生まれたら、必ず辞書などで調べるようにしてください。普段何気なく口にしていることでも、意外と英語にすると難しいことが分かると思います。

ぜひ独学をしている方にはぴったりの練習法ですので、ぜひ実践してみてください。

 

どうして日本人英語学習者はスピーキングの独学が苦手?

日本人英語学習者はスピーキングに苦手意識を持つ人が多いと言われています。それは以下の2つが理由です。

  • 音声として聞き取ることができないから
  • 目で理解しようとしてしまうから

ここでは、スピーキング独学者が苦手意識を抱いてしまう理由についてみていきましょう。

音声として聞き取ることができないから

多くの日本人英語学習者は、英語を音声として聞き取ることを苦手としていますよね。音声として認識できないというのは、単純に英語を耳で聞く量が不足していることが原因だと考えられます。

音声で聞き取ることができないというのは例えば英語を聞いて「意味は分からなくて良いので、何と言っていましたか?」という質問に答えられないということです。

また、学校英語で意味を全て日本語に訳すという勉強法に慣れているため「全ての意味を理解しなければいけない」と思うあまり、概要をざっくり理解することに抵抗がある場合も考えられます。

目で理解しようとしてしまうから

多くの日本人英語学習者は、目で英語を理解しようとしてしまうため、英語のリスニングに対して苦手意識を持ってしまいます。

日本の英語教育では、単語の意味を問われたり、長文を読んで細かい部分が理解できているのかを確認したりと、目で英語を理解するためのスキルが問われています。

一方でリスニングは、目から入る情報に頼ることなく耳からの情報に頼る学習方法。長い間目で英語を理解していたのに、急に耳で英語を理解しなければいけなくなると、負荷がかかり苦手意識を抱いてしまうのです。

英語の語順は日本語と異なるから

多くの日本人英語学習者がリスニングに対して苦手意識を持つのは、日本語と英語の語順が異なるためです。例えば日本語は

(私は)美術館に行って、同僚が欲しがっていたポストカードを買います

というように「買う」という話し手の動作は一番最後にきます。しかし英語の場合は

I’ll buy the post card my colleague’s wanted.

というように「buy」という動詞が最初にくるのですね。

つまり日本語を理解する時は、文章の最後に神経を集中させればよかったものの、英語の場合は文章の最初に神経を集中させなければいけません。

このギャップがスピーキングの時に英文を作る際の難しさとなり、学習者の苦手意識に繋がってしまうのです。

 

確実な方法で英語のスピーキング力を鍛えよう

今回は独学のスピーキング勉強法についてご紹介しました。

独学は一人で行うものなのでスピーキング力を鍛えるのは難しいと思われるかもしれませんが、工夫をすれば独学でもスピーキング力を鍛えることは可能です。

スピーキングに対して苦手意識がある場合は「どうして苦手だと感じてしまうのか」を考えてみると新たなヒントが見つかるかもしれません。

ぜひ本記事を参考に効率的にスピーキング力を鍛えてみてください。

【料金が安い!】おすすめのオンライン英会話ランキング!
安い料金でおすすめできるオンライン英会話をランキングにして紹介していきます。安さだけで選ぶ場合のメリット・デメリット、効果や上達について気になる情報をまとめました。