英語の動名詞とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英語学習中のみなさんは「動名詞」と聞いてどのような形を思い浮かべますか?

動名詞は数ある英文法の項目の一つで、動詞に「ing」がついた形のこと。「playing」というように動詞をing化することで、「動名詞」という言葉の通り動詞でありながら名詞のような役割を果たすことができるようになります。

動名詞は実際の英会話でもよく使われますし、不定詞との違いを問う問題は入試でもよく出されるテーマです。

そこで今回は元英会話講師の私が、動名詞の概要や使い方についてまとめました。本記事を読めば、動名詞について正しく理解し、不定詞の名詞的用法との違いもマスターすることができます。

動名詞を習得して英文法力をアップさせたい方は必読です!

本記事で分かること

・英語の動名詞とは?
・動名詞の勉強法3つ
・動名詞の間違いやすいポイント
・動名詞に関するQ&A!

英語の動名詞とは?

動名詞とは「動詞+ing形」のことで、名詞と同様の働きをします。訳は「〜すること」です。

りこ
りこ

動詞を名詞にしたもの、それが「動名詞」ですね。

ここでは、そんな動名詞の概要と例文についてみていきましょう。

動名詞の概要

動名詞とは「動詞+ing形」のことで、「〜すること」という名詞的用法で使われます。

名詞とは人の名前や物の名前を指すもの。文中では主語(S)、目的語(O)、補語(C)になります。

りこ
りこ

したがって、動名詞も、文中で主語(S)、目的語(O)、補語(C)の位置に来ることになりますね。

例えば、

Playing tennis is fun.
(テニスをすることは楽しい)
*主語の位置に動名詞
My hobby is collecting stamps.
(わたしの趣味はスタンプを集めることだ)
*補語の位置に動名詞

など。

また、動名詞は文中で名詞的役割をしていますので、前置詞の後ろにつけることができます。例えば

Thank you for texting me.
(メールをくれてありがとう)

などの「Thank you for〜」の表現はよく使われますので覚えておきましょう。

さらに「動名詞をとる単語」というのは決まっており、代表的な単語は以下の10種類。試験でもよく出題されますので要チェックです。

mind(気にする) (例)would you mind show me the bag?
そのカバンを見せていただけませんか?
enjoy(楽しむ) (例)I enjoy the lesson.
私はそのレッスンを楽しんでいる
give up(諦める) (例)Don’t give up working out.
筋トレを諦めないで
avoid(避ける) (例)I want to avoid being 3Cs.
三密は避けたい
finish(終わらせる) (例)Let me finish doing this.
ちょっとこれだけ終わらせるね
escape(逃れる) (例)The cow escaped being killed.
その牛は殺処分を免れた
put off(延期する) (例)put off drawing for a while.
ちょっとお絵かきを止めてね
practice(練習する) (例)I practiced singing in English.
英語で歌をうたう練習をした
stop(止める) (例)Stop smirking!
ニヤニヤするの止めて!
postpone(延期する) (例)My boss postponed going Egypt.
上司はエジプト行きを延期した
りこ
りこ

新型コロナウイルス感染症対策として言われている「三密」は英語では「3Cs」と言います。

Cは「closed spaces(密閉)」「crowded places(密集)」「close-contact settings(密接)」の頭文字ですね!

動名詞の例文

ここでは動名詞の例文を7つご紹介します。動名詞がどのような場面で使われているのか、確認してみてくださいね。

Would you mind my opening the window?
(窓を開けてもいいですか?)

She enjoyed singing the song.
(彼女はその歌を歌うことを楽しんだ)

He complained my saying so.
(彼は私がそう言うことに文句を言った)

This shoes need fixing.
(この靴は修理される必要がある)

She gave up going there.
(彼女はそこに行くことを諦めた)

Tom stopped smoking.
(トムはタバコを吸うことをやめた)

I have difficulty in practicing anymore.
(私はこれ以上練習することは困難だ)

 

動名詞の勉強法2つ

動名詞の勉強は以下の2つのステップで行いましょう。

動名詞の勉強法2つ

・例文に触れる
・定型表現を覚える

ここでは動名詞の勉強法についてご紹介します。

例文に触れる

動名詞をマスターするには、できる限り多くの例文に触れていきましょう。動名詞の訳はすべて「~すること」ですが、1文が長くなったり、決まった表現・定型表現も多々あります。たとえば、

I have difficulty in practicing anymore.
(私はこれ以上練習することは困難だ)

など、前置詞と組み合わせた文章も動名詞の特徴の一つ。

りこ
りこ

動名詞は名詞的役割を果たしますので、前置詞の後ろに置くことができるのですね。

問題集やWebサイトなどから、動名詞が使われている英文を集めて書き出してみましょう。「どのような使い方ができるのか」を確かめることが大切です。

定型表現を覚える

動名詞は定型表現が数多く存在します。定型表現は丸ごと覚えてしまいましょう。

  • on 動詞+ing(〜するとすぐに)
  • object to 動詞+ing(〜することに反対する)
  • when it comes to 動詞+ing(〜ということになると)
  • what do you say to 動詞+ing(〜しませんか)
  • be used to 動詞+ing(〜することに慣れている)

これらは覚えなければ訳すことができないのみならず、知らなければ英作文を書く際などに支障をきたしてしまうでしょう。言い換えれば、そのまま覚えてしまえば意味の理解を自動化することができます。

 

動名詞の間違いやすいポイント

動名詞は不定詞の名詞的用法と間違えやすいですので注意が必要。動名詞と不定詞の名詞的用法は、ともに名詞的用法であり「~すること」と訳す点で共通しています。

りこ
りこ

不定詞の名詞的用法については下記の記事を参考にしてくださいね。

英語の不定詞 名詞的用法とは?例文&間違えやすいポイントも
不定詞とは「to+動詞の原形」で表される用法で、名詞的用法は「〜すること」という意味。本記事では、不定詞の名詞的用法の使い方や勉強法についてまとめました。 本記事を読めば名詞的用法がスッキリ理解できるだけでなく、動名詞との違いも分かります!

結論から申し上げれば、違いは下記の通りです。

動名詞と不定詞 名詞的用法の違い

動名詞→過去のニュアンス

不定詞 名詞的用法→未来のニュアンス

たとえば、動名詞を使った

Nice seeing you!

は「お会いできて嬉しかったです」という既に会った人に対して言う表現。一方、

Nice to see you!

は「お会いできて嬉しいです」と会ったばかりの人(これから知り合う人)に言う表現ですね。

また、動詞によって動名詞しか使えないものもあります。例えば

She gave up going there.
(彼女はそこに行くことを諦めた)

など「give up」の後ろは必ず動名詞である必要があります。

りこ
りこ

ここに不定詞の名詞的用法のto goを置くことはできないのですね。

また、

I started drawing a picture.
(私は絵を描き始めた)

は、

I started to draw a picture.
(私は絵を描き始めた)

と書き換えることが可能です。動詞によっても性質が異なりますので、覚えておきましょう。

 

動名詞に関するQ&A!

ここでは動名詞に関するよくある質問に答えていきます。

質問 動名詞を目的語に取る動詞の覚え方はありますか?

動名詞を目的語に取る動詞は、それぞれの頭文字を取って「メガフェップス」と覚えましょう。

mind(メ)
enjoy(エ)
give up(ガ)
avoid(ア)
finish(フ)
escape(エ)
put off/postpone(プ)
stop(ス)

stopは「動詞+ing」も「to+動詞」もとれるのですか?

どちらもとれますが、両者は意味が異なります。

Tom stopped smoking.
(トムはタバコを吸うことをやめた)

に対して、不定詞を使った場合は

Tom stopped to smoke.
(トムはタバコを吸うために立ち止まった)

となります。

りこ
りこ

不定詞の副詞的用法の目的(〜するために)ですね。

質問 不定詞と動名詞で意味が異なる単語はありますか?

あります。不定詞と動名詞で意味が異なる主な単語は、下記の通りです。

forget to 動詞(〜することを忘れる) forget 〜ing(〜したことを忘れる)
remember to 動詞(~することを覚えている) remember 〜ing(~したことを覚えている)
try to 動詞(~しようと試みる) try 〜ing(試しに~する)

不定詞には未来のニュアンス、動名詞には過去のニュアンスがありますので覚えておきましょう。

 

動名詞をしっかり習得しよう!

今回は英語の動名詞についてご紹介しました。

動名詞は全文法分野の中でも重要分野に位置づけられる分野です。不定詞との違いも重要なポイントですので、きちんと理解できるようにしましょう。

ぜひ本記事を参考に、動名詞を正しく理解して使いこなせるようにしてくださいね。