英検2級対策!勉強法や合格率などを徹底解説!

英検
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英検2級を受験予定なのですが、勉強法がイマイチ分かりません…

どれくらいの人が英検2級に合格しているのか、合格率が知りたいです!

本記事は、このような疑問をお持ちの方に向けた書いていきます。

日本において大変メジャーで多くの方が受験をする英検。5級から1級まであり、3級からは2次試験で面接が要求されます。

1次試験においては、英語4技能化(読み・書き・話す・聴く)の流れの中で、リーディング・リスニング・ライティングの力が総合的に求められるようになってきました。

そのため、英検2級に合格するには、語彙力を基礎として、バランスよく英語力をつけていくことが大切です。

そこで今回は元英会話講師の私が、英検2級対策勉強法や合格率などについてご紹介をしていきます。

りこ
りこ

英検2級対策のおすすめ教材についてもご紹介していきますので、英検2級受験予定の方はぜひ最後までご覧ください。

本記事で分かること

・英検2級の勉強法
・英検2級のレベルと合格率
・英検2級対策のおすすめ教材

英検2級の勉強法

英検2級は高校卒業程度のレベルとされています。

英検2級を取得していることにより、大学受験においても有利に判定されたり、入試方式に組み込んで用いることもできるなど、プラス面がとても多いです。

今回ご紹介する英検2級の勉強法は以下の3つ。

  • 語彙力を総合的に養成する
  • ライティング力をつける
  • 文法事項の総合的な理解

そこでここでは、英検2級合格のための具体的な勉強法についてご紹介します。

語彙力を総合的に養成する

英検合格のカギは語彙力の養成です。ただ語彙力といっても、単語力だけを指すものではなく、熟語力やイディオムの力など、総合的な語彙力が要求されます。

また、英検2級は高校卒業程度とご紹介をした通り、中学校高校6年間で習う量の単語や熟語が頭に入っていることが必要だと言えるでしょう。語彙力は一朝一夕に身につくものではないので、コツコツと進めて行くことが必要です。

英検2級の対策問題集に取り組むのも良いですし、語彙力の不足を感じるようなら3級などの問題集に戻るなど、必要に応じて上手に対策していきましょう。

TOEIC単語対策!点数と単語数の関係をスッキリ解決します
TOEIC単語はどのように対策したら良いのでしょうか?本記事ではTOEIC単語対策について解説します。TOEIC単語数と点数の関係や、おすすめの教材もご紹介しますので、TOEICで点数を取りたい方は参考にしてください。

ライティング力をつける

英検2級合格のためには、ライティング力が欠かせません。英検2級の合格には総合的な英語力が要求されますが、ライティング力はすぐに身につくものではないからです。

ライティング力をつけるには、語彙力や文法力などをつけたうえで、それを運用する力が重要。実際に書いて、客観的に評価をしてもらうことを通じて力を高めていく必要があります。

実施に書くことで、自分の理解が足りなかったところや、よく分かっていなかったところが明確になるでしょう。書く回数や量を増やし、本格的な英作文力を身につけていってください。

英語ライティングの質を上げる8つのコツ!知っておきたい3つのルールも
英語のライティング力でお悩みですか?実はライティング力は、勉強法を工夫するだけで効率的に力をつけていくことが可能。本記事では、ライティング力を上げるための8つのコツについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

文法事項の総合的な理解

英検2級対策には、文法事項を総合的に理解することも大切です。

英検においてはいわゆる文法問題、4択問題のようなものはあまり出題されません。そのため文法の理解や演習をおろそかにするケースが目立ちます。

しかし英検2級では、文法事項の知識だけで解ける問題も出題されますので、文法の勉強をおろそかにするのは非常にもったいないのです。

また、ライティングにおいても当然文法力が要求されます。

りこ
りこ

ライティングとは、文法を理解し、それをアウトプットする力のこと。総合力が求められることになりますね。

文法を理解をするだけでなく、多くの問題を解くことにより、問題を解いたりライティングで使うことのできる文法力を身につけていきましょう。

 

英検2級のレベルと合格率は?

英検2級を受験予定の方は、その合格率が気になりますよね。さっそく結論から申し上げると、英検2級の合格率は約25%です。

4人に1人が合格する計算ですので、初めてのチャレンジで合格する人はそう多くはないと言えるでしょう。

英検2級のレベルは高校卒業程度。学校で習う英語のレベルも昔に比べ上昇してきているので、それだけ合格するのも難しくなっています。

また、2次試験も面接で合格をしてはじめて英検2級の取得者となりますので、1次試験だけでなく2次試験に向けた対策もぬかりなく行なうことが大切です。

 

英検2級対策おすすめ教材5選

英検2級の勉強法やその特徴、合格率などについてご紹介をしてきました。英検2級合格はしっかりと語彙力をつけないと、合格することができません。

英検2級に合格するには、計画的かつ継続的な勉強を通して確固たる英語力をつけることが大切。さらに、英語力を効率的に上げるためには自分に合ったテキスト選びが不可欠です。

今回ご紹介する英検2級対策教材は下記の5種類。

  • 英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)
  • 英検2級 スピード攻略マニュアル (英検ポケット問題新書)
  • 英検2級総合対策教本 改訂版[新試験対応] (旺文社英検書)
  • DAILY20日間 英検2級 集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)
  • 2020年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

ここでは、英検2級対策におすすめな教材を5つご紹介します。

英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

Point

・出る順掲載
・2級対策に絞って語彙力養成
・音声アプリ対応

英検2級ともなると、単語や熟語のレベルもかなり高くなります。基礎的な単語の暗記はもちろんのこと、4技能を総合的に問う試験に対応するだけの確固たる語彙力を養成することが大切です。

本書はいわゆる出る順での掲載となっているので、優先順位を意識して効率よく取り組むことができます。また音声アプリもついていますので、耳からも単語を覚えることができるでしょう。

暗記となるとモチベーション維持が難しく、とかく挫折しがち。語彙力養成には継続的な暗記は不可欠であり、五感をフルに活用をして暗記効率を高めていくことが必要です。

見て覚える、書いて覚える、耳で聴いて覚えるということを通して着実にレベルアップしていきましょう。

英検2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

英検2級 スピード攻略マニュアル (英検ポケット問題新書)

Point

・過去問分析
・スモールステップで進められる
・4技能すべてに対応

英検2級に合格するには、英語力だけでなく英検がどういったものであるかを理解し、合格をするために勉強をするというスタンスで取り組む必要があります。

言い換えると傾向と対策をしっかりと理解することが大切。

その点本書は、スピード攻略マニュアルとあるように、過去問分析を通して見つかった英検2級の癖が記載され、スモールステップで進めて行くという方針で書かれています。

2級合格に向けてどのように勉強を進めるべきかを認識することができるため、着実にレベルアップしていくことが可能です。

また、2次試験含め4技能化に沿って総合的な英語力がつけられるような構成となっています。より効率よく勉強を進めたい方や、どのように勉強をしたら良いのか分からないような人におすすめです。

英検2級 スピード攻略マニュアル (英検ポケット問題新書)

英検2級総合対策教本 改訂版[新試験対応] (旺文社英検書)

Point

・傾向と対策の分析
・分野別に勉強が可能
・過去問演習への架け橋に

本書は、英検2級にどのように取り組むか、どのような出題のされ方をするのかなどについて具体的に勉強をすることができます。

また、解説や説明もかなり詳しく書かれているため、問題演習をしながら同時に英語力・実力もつけていくことができるでしょう。

知識を持つことは大切ですが、それを使いこなせるようになること、得点につながる形に知識を昇華させることが重要。

説明・解説が詳しいということで少し厚めですが、1日1日に取り組む量をしっかりと決めコツコツと進めて行くことで確実に力をつけることができます。

過去問演習や実戦演習の前段階でとても有益なテキストですので、本番までに時間がある場合には積極的に取り組むようにしましょう。

英検2級総合対策教本 改訂版[新試験対応] (旺文社英検書)

DAILY20日間 英検2級 集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

Point

・1日30分
・20日間で完成
・短期間で実力養成

本書は短期集中で取り組みたい方におすすめのテキストです。1日30分、20日間で完成させるという構成となっているので、スピーディーに進めることができます。

出やすい問題や注意すべきポイントを効率よく学ぶにはとても良い教材。使い方はさまざまですが、基礎力が不十分な人にとってはあまりに実践の面が大きく、非効率だと感じてしまうこともあるかもしれません。

試験本番まで日数がない場合や、基礎力はあり後は問題傾向や出題形式を短期間で学びたいという方におすすめ。CDもついており、リスニングなど4技能に総合的に対応できるテキストですので、短期間で総合力をつけることができます。

DAILY20日間 英検2級 集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

2020年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

Point

・過去問で総合演習
・音声アプリ付き
・ロングセラー

本書は、過去6回分の本試験が収録されたテキスト。過去問は最高の教材。使い方も様々で、2級の勉強のしはじめに傾向を知るために用いることも良いですし、本番前の最終確認に用いるのでも良いでしょう。

その際に大切なことは時間をしっかりと図って取り組むことです。

時間をかけたらできるものの、時間的な制約があるとどうしても焦ってしまうなどして、時間をかければできることができないということも十分に考えられます。

難しいところですがいかに本番を意識して取り組むことができるかがポイントです。

  • 時間を計って取り組む際にはどのような順序で取り組むか
  • 悩んだり引っかかってしまった場合にはどのように対処するか

など、自分なりのルールや取り組み方を明確にして実戦演習をしていきましょう。

2020年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

 

英検2級は最低3ヶ月は対策しよう!

今回は英検2級対策についてご紹介しました。英検2級は難易度も高く、4人に1人しか合格できない試験です。

英検の試験日から逆算をして可能な限り長い時間をかけて勉強に取り組むことをおすすめします。最低でも3カ月前から対策を始めるようにしましょう。

近年、英検試験ではより総合的な英語力が求められるようになっていますが、すべての基礎が語彙力です。

暗記も継続的に取り組む必要がありますのでどうしても時間がかかりますが、語彙力をつけることでその他の技能にも波及効果があり、加速度的に実力をつけていくことが可能となります。時間に余裕をもって着実に力をつけていきましょう。