英検5級対策!子どもから大人までできる勉強法をご紹介します!

英検
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

小学生です。英検5級を受けたいのですが、どうやって勉強したら良いですか?

子どもが今度英検5級を受けるのですが、おすすめの教材などはありますか?

本記事では、このような疑問に答えていきます。

日本で大変メジャーで多くの人が受験をしている英検。レベルは5級から1級まであり、級が上がると2次試験でスピーキング力が試されます。

中学受験や高校受験、大学受験などの入試でも利用できるため、モチベーションや目的意識も持ちやすいと言えるでしょう。

そこで今回は元英会話講師の私が、最も初級である英検5級対策の勉強法についてご紹介します。おすすめの教材についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

・英検5級の勉強法
・英検5級とは?
・やってはいけない英検5級の勉強法
・英検5級対策のおすすめ教材

英検5級の勉強法

英検5級は、中学1年生レベルとされています。

最近では小学校での英語教育も始まり、日本人の英語力も上がってきていることから、小学生など中学校入学前の生徒さんであっても取得するケースも増えています。早いケースでは小学校3年生や4年生で合格するケースも。

一方、人生100年時代、日本の高齢化社会の流れの中で学びなおしとして英語をという方も増えてきています。

英語は語学ですので、着実に力をつけていくことが必要です。そうした観点でいえば、まずは5級から勉強を始められることをおすすめします。

今回ご紹介する英検5級の勉強法は以下の3つ。

  • 単語の暗記
  • 中学1年生の文法を一通り勉強
  • リスニングのトレーニング

ここでは具体的な勉強法についてご紹介します。

単語の暗記

英検5級の合格を目指す方は、まずは単語を暗記しましょう。合格のためにもっとも必要なことは語彙力の養成だからです。

特に英検は、大問1ではほぼ単語の知識が問われます。まずは基本単語、できれば英検5級でよく出る単語を集めた単語帳で暗記を進めていくようにしましょう。

また、英語4技能化(読み・書き・話す・聴く)が浸透し、英検も従来の英検からはかなり変化をしてきています。

具体的に言うと、4技能がバランスよく得点できなければ合格しない形になってきているのに加え、CSEスコアが採用され従来の合格不合格のみならずスコアによっても判定がされるようになりました。

CSEスコアとは

Common Scale for Englishの略。英検の成績をユニバーサルな尺度で計るために、英検を主催する日本英語検定協会と日本生涯学習総合研究所が共同で開発した指標のこと。合否だけでなく技能別のスコアを見ることができる。

単語力は全体の合否に関わるだけでなく、技能別のスコアを取るにも重要です。まずは頻出単語をしっかり覚えるようにしてください。

中学1年生の文法を一通り勉強

英検5級の合格を目指す方は中学1年生の英文法を一通り勉強するようにしましょう。

現在の中学校や高校での英語教育ですと、英文法を繰り返し学び、定着させていく形となっています。同じ文法事項を中学校のみならず高校でも学習するという形です。

英検5級は中学1年生レベル。語彙力養成ももちろんですが、最低限の文法事項は押さえる必要があります。

文法問題での正答率向上や、読解力の向上につながりますので、まずは中学校1年生で習う文法事項をしっかりと押さえましょう。

リスニングのトレーニング

英検5級の合格を目指す方は、リスニングのトレーニングをしましょう。英文が読める、単語力があっても、リスニング力もなければ合格をすることはできないからです。

もちろん4技能すべてにおいて力を発揮できることが必要ですが、リスニングは慣れが必要なため、トレーニングが必要。どういった形の出題がされるのか過去問や実戦問題集で確認をし、それに合った形で訓練をしていくことが大切です。

英検5級は高度なリスニング力は要求されませんので、現状の力を把握したうえで必要な対策をしていきましょう。

おすすめ子供英会話勉強法!英語を好きになってもらうにはどうしたら良いの?
お子さんの英会話学習でお悩みですか?本記事では元英会話講師の私が、子供英会話のおすすめの勉強法についてご紹介します。お子さんにスムーズに英語を学ばせてあげたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

英検5級とは?

英検5級は、英検の級の中で最も初級で、中学1年生終了レベルとなります。

リーディングとリスニングの力が主として試されますが、ライティングの力も同時に試されます。基礎となるのは語彙力です。

単語テストという形で出題がなされるわけではありませんが、単語力を最低限つけることにより、かなりの問題に対応することができます。

正答率60%程度で合格をすることができますので、1つの目安として取り組みましょう。

 

英検5級でやってはいけない勉強法

では、英検5級合格のためにはどのように勉強をしていくことが効果的なのでしょうか。ここでは以下の3つの「やってはいけない勉強法」についてご紹介します。

  • 過去問演習だけに取り組む
  • 解説を熟読しない
  • 対策本を利用しない

それではさっそくみていきましょう。

過去問演習だけに取り組む

過去問演習だけに取り組む勉強法は効果的ではありません。

問題に慣れることは必要ですが、どんな試験や検定であっても、過去に出題された問題を見ただけでは高得点をとったり、合格をすることはできないからです。

英検5級では、同じ問題は二度と出題されません。過去問演習のみに取り組むという勉強法では、逆に合格から離れてしまうことも考えられます。

あくまでも過去問をやる意味は「その問題の傾向を知り対策に生かす」こと。過去問は本番前の予行練習として利用し、まずは語彙力やリスニング力をつけましょう。

解説を熟読しない

問題を解いた時は解説までじっくり読むようにしましょう。

過去問や実戦問題集、各種問題集には練習問題がついています。自力で解いたうえで採点をすると思いますが、解説もしっかりと読む、熟読することが大切です。

正解か不正解かは気になりますし、勉強のモチベーションにもなりますが、最近の書籍はどれも解説が詳しく、さまざまな有益な情報が記載されています。

単語や熟語、文法の周辺知識を学ぶことはもちろん、英検受験の有益な情報も同時に得られることも多いですので、テキスト1冊を丸々自分のものにするという意識で取り組みましょう。

対策本を利用しない

英検5級対策には、必ず英検対策本を利用するようにしてください。一般的な英会話の本などで勉強するのは効果的ではありません。

英検5級に合格するには、テストや検定に沿った形で勉強をすることが大切。

英検5級合格に必要な単語を集めた単語帳や文法問題集、リスニング問題集などが多数書店に並んでいますので、自分に合ったもの、継続して取り組むことができそうなものを購入し計画的かつ継続的に取り組みましょう。

 

英検5級対策おすすめ教材5選

勉強を継続するためには、自分に合ったテキスト選びが不可欠。英検5級対策本として今回ご紹介するのは以下の5つです。

  • 英検5級 でる順パス単
  • 英検5級 を ひとつひとつわかりやすく。
  • 7日間完成 英検5級 予想問題ドリル 4訂版
  • 小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂増補版
  • 2019年度版 英検 5級 過去6回全問題集

ここでは、英検5級対策におすすめの教材を5つご紹介します。

英検5級 でる順パス単

Point

・ミニテスト付き
・出る出る順掲載
・音声付き

英検5級対策として最も効果的なのは、語彙力・単語力の増強。暗記は大変で、どうしても継続できなくなりがちですので、できれば効率よく、合格のために必要な単語を覚えていきたいものです。

その点本書は「出る順」で掲載されており、英検5級合格に向けて効率よく勉強を進めていくことができます。単語の暗記で必要なことは、五感を駆使して覚えていくことです。

見て覚えられるのに越したことはないですが、声に発してみる、書いてみる、耳で聴いてみるなど、さまざまな工夫をして暗記を進めて行きましょう。音声アプリもついています。

英検5級 でる順パス単

英検5級 を ひとつひとつわかりやすく。

Point

・傾向と対策
・勉強法を学べる
・初学者向き

英検を初めて受験する方が、どのように勉強を進めて行くべきかを学ぶのに適したテキスト。

いざ英語力をつけるといっても、抽象的でどのように勉強をしていくべきかがわからない人も多いと思います。そんな方は、まずは試験内容を知ることが第一歩だと考えましょう。

本書は英検とはどのような試験でどういった力が試されるのか、どのように勉強をしていくことが効果的なのかについて順序だてて学ぶことができます。

熟読をして、その後の具体的な英検の勉強につなげていきましょう。

英検5級 を ひとつひとつわかりやすく。

7日間完成 英検5級 予想問題ドリル 4訂版

Point

・7日間で完成
・ロングセラー
・総合問題集

語彙力・文法力がある程度ついた段階で取り組むべきテキストです。予想問題とあるように、本番を意識した問題レベル・構成となっています。

また、7日間で完成とあるように短期間で仕上げたい、試験まで日にちがあまりないという場合にも効果的に利用することが可能。ロングセラーで大変評判の良いテキストですので、仕上げの段階で利用しましょう。

7日間完成 英検5級 予想問題ドリル 4訂版

小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂増補版

Point

・オールカラー印刷
・初学者向き
・予想問題つき

タイトルにもあるように、小学生でも取り組める内容となっています。英検も試験ですので、その試験形態やレベルをあらかじめ把握し対策をしていくことが大切。

構成・内容自体は子ども向けで、フルカラーにもなっていますので、勉強のモチベーションも維持しやすいです。

また、やり方を学ぶのみならず予想問題もついているので、勉強をある程度したうえでの力試しという形でも利用することができます。

小学生のためのよくわかる英検5級合格ドリル 改訂増補版

2019年度版 英検 5級 過去6回全問題集

Point

・過去問集
・合否ラインの判断に
・詳しい解説

本書は、過去問演習本です。英検5級対策を始めたレベルにもよりますが、勉強方針を立てる際や本番前の最終確認など、さまざまなシーンで利用できる一冊です。

本書は解説もとても詳しいですので、必ず時間を計って取り組むようにしましょう。やりっぱなしにせず、問題から学べることをすべて学ぶつもりで、周辺知識も含めしっかりと頭に入れるようにしてください。

 

英検5級は基本的な英語力が大切!

今回は英検5級の勉強法などについてご紹介しました。

英検5級合格のカギは語彙力養成です。まずは単語力をつけることからスタートし、文法力や長文読解力、リスニング力をつけていきましょう。勉強を継続するためにはテキスト選びが非常に大切です。

ぜひ本記事を参考に、自分に合ったテキストを選び計画的に勉強を進めていきましょう。

【27社比較】初心者におすすめな英会話教室ランキング
今年こそは英語を習得したい!そう意気込むも中々時間が作れない、学習に身が入らない。ということは学生、社会人の悩みの種です。 英語力が身に付くと仕事のキャリアアップ、海外旅行の楽しみの幅が広がったり、国際交流ができるようになったりと、パ...