英検準2級対策!レベルと合格率・対策法まで徹底解説

英検
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英検準2級を受験したのですが、落ちてしまいました・・・。
効率的な勉強法はありませんか?

そもそも英検準2級ってレベルや合格率はどれくらいなのでしょうか?

本記事では、このような悩みをお持ちの方に向けて書いていきます。

日本において大変メジャーで多くの人が受験する英検。5級から1級までがあり、3級以上の級では2次試験で面接試験も行われます。

また、英語4技能化(読み・書き・話す・聴く)に伴って、1次試験においても、リーディング・リスニング・ライティングの力が総合的に試されるようになってきました。そのため、1つの技能に頼らないバランスの良い英語力が求められています。

そこで今回は元英会話講師の私が、英検準2級対策の勉強法や合格率などについて徹底的に解説をしていきます。英検準2級は対策なしで合格することは難しいですので、受験予定の方は本記事を参考に、しっかり対策してくださいね。

この記事で分かること

・英検準2級の勉強法
・英検準2級のレベルと合格率
・英検準2級対策おすすめ教材

英検準2級の勉強法

英検準2級は、高校1年生から2年生程度の英語力が目安。中学英語から少しステップアップすることが求められます。

日本の英語教育においては、たとえば文法事項については中学校と高校で約5~6年間かけて勉強をする形になります。言い換えると中学校で基礎を、高校で応用を学ぶのですね。

したがって、中学英語ができていなければ高校英語でつまずくということになってしまいます。英検も5級から順にレベルアップをして、段階的に昇級をしていくことが望ましいでしょう。

今回ご紹介する英検準2級の勉強法は下記の3つ。

  • 単語・熟語・イディオムの強化
  • 英作文力をつける
  • 速読のトレーニング

ここでは、英検準2級の勉強法を具体的にご紹介します。

単語・熟語・イディオムの強化

英検準2級対策には、単語や熟語などを徹底的に覚えましょう。一言で言えば語彙力を強化すること。これが英検攻略のカギです。

たとえば1次試験の筆記では、大問1でほぼ単語テストのような出題がなされます。問題文も当然のことながら、選択肢の単語の意味がわからなければ正答を導くことはできませんよね。

また、準2級レベルですと、単なる単語力のみならず熟語力やイディオムの知識も要求されます。それがそのまま選択肢として現れることもありますので、できる限り知識をつけることが合格への第一歩と言えるでしょう。

英作文力をつける

英検準2級には、英作文力をつけましょう。英検準2級では英語力が総合的に問われます。

準2級ともなると、高校英語の内容となるので、英作文の力も高度なものが必要です。文法的な誤りのある文を作らないことはもちろんのこと、内容的にも説得力のあるものが要求されます。

過去問や実戦問題集を用いて、テーマごとに一定程度の英作文を書けるようにトレーニングをしていきましょう。また、実際に自力で書いてみることはもちろん、添削をしてもらうことにより自分の間違いや課題が明確になるので、積極的に利用してください。

英作文の書き方!質を上げるためのおすすめ教材も紹介します
英作文ってなかなか対策がしづらいですよね。しかし英作文は各種試験にも出題される重要なスキル。そこで本記事では英作文の勉強方法についてご紹介していきます。そのまま使える英作文テンプレートもご紹介しますので、ぜひ活用してください。

速読のトレーニング

英検準2級には、速読のトレーニングをしましょう。速読とは字のごとく「速く」「読む」力のことです。

時間的に足りるのか足りないのかは、受験者のレベルにもよりますが、長文の難易度も上がるので、すばやく読み解く力が要求されます。

一般には精読と速読という形で、読むスピードについては区別されますが、1文1文を正確に読むことができるのみならず、よりスピード感をもって読み進めることのできる力も養成する必要があるでしょう。

また、長文読解においては単に読めるだけでは得点につながりません。読んだうえで解くことができて初めて点がつきます。

そのため「解くために読む」という姿勢を持つこと、具体的には設問を先に読むなど少し技術的な部分も身につけ訓練をしていくことが効果的だと言えるでしょう。

 

英検準2級のレベルと合格率は?

英検準2級のレベルは冒頭でもお伝えしたように、高校1~2年生程度、高校中級程度です。長文読解においては穴埋め問題も追加されるため、より解く技術も求められることになります。

合格率ですが、1次試験が約45%、2次試験が80%ほど。1次試験を通過することにより、準2級合格がかなり近づくことになります。

正答率については約70%。1問何点という形で採点がなされるわけではないので一概には言えませんが、80%ほどの正答率を確保できれば十分合格水準ですので、1つの目安として取り組みましょう。

 

英検準2級対策おすすめ教材5選

英検準2級合格への勉強法や、合格率などについて説明をしてきました。最短で合格をするためには、現状のレベルをしっかりと把握したうえで、自分に合ったテキストに取り組む必要があります。

今回ご紹介するのは以下の5つの教材。

  • 英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)
  • DAILY20日間 英検準2級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)
  • 英検準2級 を ひとつひとつわかりやすく。新試験対応版
  • 7日間完成 英検準2級 予想問題ドリル 5訂版 (旺文社英検書)
  • 2020年度版 英検準2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

ここでは、英検準2級対策におすすめの教材を5つご紹介します。

英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

Point

・出る順掲載
・効率よく語彙力養成
・音声アプリ付き

本記事でも、英検合格には語彙力養成が必須であるとお話しました。英検は5級からスタートしますので、準2級合格には5級から3級までのレベルの語彙力の備わっている必要があります。

試験本番まで日数がなかったり、効率的に勉強を進めるうえでは英検準2級対策用の単語帳を用いることが効果的。本書はそうしたニーズに応えてくれる質の高いテキストです。

出る順で掲載されているため、試験本番を見据えて最短での語彙力養成が可能。単語の覚え方はさまざまですが、手を動かす、耳で聴くなど五感をフルで使って覚えていきましょう。

音声アプリもついているので、しっかりと聞き込み暗記の効率を上げていってください。

英検準2級 でる順パス単 (旺文社英検書)

DAILY20日間 英検準2級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

Point

・1日30分で実力養成
・20日間完成
・音声ガイド付き

英検も試験・検定ですので、英語力を高めることも大切ですが、問題傾向を知り、より効率よく対策をしていくことが必要です。

その点本書は、英検準2級にどのように挑むべきかという音声ガイドがついています。特に、勉強のしはじめに聴いてみるのがおすすめ。

また、勉強を継続するためには、1回1回、1日1日の量をできるだけ細分化すること、日々取り組める量にすることが大切です。

本書は1日30分、20日間で終わらせるという形となっています。時間がない場合には、1日に2日分という形でも進めることができますので、はじめに決めたペースを守って取り組みましょう。

DAILY20日間 英検準2級集中ゼミ 新試験対応版 (旺文社英検書)

英検準2級 を ひとつひとつわかりやすく。新試験対応版

Point

・パート別演習
・予想テスト付き
・模擬演習

本書は、英検準2級にどのように取り組むべきかという方法論や流れを詳しく知ることができます。構成もパート別の演習から模擬テストに至るまで、段階的かつ細分化されているため、力がついていることを実感しながら進むことができます。

英語は語学ですので継続的かつ計画的な勉強が不可欠。モチベーションを保ち続けるためには、実力が少しずつでもついているという実感が持てるかが重要です。

その点本書は、そうした実力の変化を感じやすいテキストで、初学者であっても取り組みやすいテキストと言えます。

英検準2級 を ひとつひとつわかりやすく。新試験対応版

7日間完成 英検準2級 予想問題ドリル 5訂版 (旺文社英検書)

Point

・7日間完成
・総合演習に最適
・CD付

試験や検定に合格するためには、しっかりと実力をつけることはもちろんですが、本番を想定したトレーニングがどれだけできるかもカギとなります。過去問を利用することは当然ですが、予想問題や総合問題にできる限り多く取り組むことが理想です。

本書は7日間完成という形で、英検準2級の予想問題を解くことができます。7日間ということで短期間で終わらせることができますし、CDもついているのでさまざまな角度から、多くの問題に取り組むことができます。

分野別問題、総合問題に多く取り組むという観点で本書は最適です。

7日間完成 英検準2級 予想問題ドリル 5訂版 (旺文社英検書)

2020年度版 英検準2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

Point

・過去問集
・詳しい解説
・2次試験対策も可能

文字通り過去6回分の過去問を収録したテキストとなります。過去問は最高の教材。使い方はさまざまで、勉強のしはじめにレベルを知るために利用をしても良いですし本番前の最終チェックに用いるのでも良いでしょう。

いずれにしも過去問はとても貴重ですので、時間を計り本番を意識して取り組むことが効果的。2次対策用のテキストとしても用いることができますので、とても利用価値の高いテキストです。

2020年度版 英検準2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)

 

英検準2級は総合的な英語力が必要!

今回は、英検準2級対策についてご紹介しました。英検準2級は高校中級レベルということで、中学英語に加えて高校英語の知識も必要となります。

英語は語学であり積み重ねなので、場合によってはかなり前のレベルに戻って対策をする必要も出てくるかもしれません。逆に言えば、いくら準2級対策用のテキストを用いてもなかなかテンスが上がらないということも十分に考えられます。

先述の通り可能であれば5級から順に受験をし、レベルアップをしていくことが理想。

時間の関係や種々の事情で不可能な場合もあるかとは思いますので、英語4技能のうちどの力が足りないのか、どこから高めていくことが効率的なのかをしっかりと分析・把握したうえで勉強に取り組みましょう。