英語の副詞とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

私はジムに行きます!

と聞いたら「どんな風に?」と気になりますよね。

  • 毎日ジムに行っているのか?
  • ときどきジムに行っているのか?

「毎日」「ときどき」のように、動詞や形容詞を詳しく形容する言葉のことを「副詞」と言います。

そこで今回は元英会話講師の私が、英語の副詞についてまとめました。英会話で副詞が使いこなせるようになると、より詳しく気持ちや物事の状況について伝えられるようになります。

基本的な使い方から気になる疑問まで徹底的に解決していきますので、英語学習中の方はぜひ参考にしてください。

本記事で分かること

・英語の副詞とは?
・副詞の勉強法
・副詞の間違えやすいポイント
・副詞に関するQ&A

英語の副詞とは?

冒頭でも解説したように、英語の副詞とは「名詞以外(動詞や形容詞)」を修飾する言葉のこと。文章に「状況、場所、時」などの詳細を味付けする役割を担っています。

りこ
りこ

ちなみに名詞を修飾するのは「形容詞」でしたね。

ここでは、副詞の概要と例文についてみていきましょう。

英語の副詞の概要

副詞は「名詞以外(動詞や形容詞)」を修飾しますが、文章全体を修飾することもあります。それぞれ例を挙げてみてみましょう。

【形容詞を修飾】usually free(いつも暇)

【動詞を修飾】sleep deeply(深く眠る)

【文全体を修飾】finally, I’ve got a girlfriend(ついに彼女ができた)

りこ
りこ

余談ですが、

 

「I got a girlfriend.」と「I’ve got a girlfriend.」

 

の違いについて説明すると…

 

「I got a girlfriend.」がただ「彼女ができた」と言っているのに対し「I’ve got a girlfriend.」は「(昔は彼女がいたけれど別れて、新しい)彼女ができた」というニュアンスになります。

また、非常に例外的ですが、下記のように名詞を修飾する副詞というのも存在します。

Don’t disturb people downstairs.
(下の階にいる人々に迷惑をかけてはいけない)

Be nice to her upstairs.
(上の階にいる彼女にはよくしてあげて)

People here, are very easygoing.
(ここの人たちは、みんなのんきだ)

Even a kid, can draw a picture.
(子どもでさえも絵が描ける)

このように副詞にはさまざまな種類がありますが、使い方によって大きく分類すると以下の7種類に分かれます。

副詞の種類

    1. 肯定と否定を表す副詞
    2. 時間を表す副詞
    3. 場所を表す副詞
    4. 頻度を表す副詞
    5. 状態を表す副詞
    6. 程度を表す副詞
    7. 原因や結果を表す副詞

それぞれ例をみてみましょう。

副詞の種類 使い方
肯定と否定を表す副詞 I’ve never been to Hakone.
(私は箱根に行ったことがない)
時間を表す副詞 I’m chilling now.
(今まったりしているよ)
場所を表す副詞 Please confirm below.
(下記をご確認ください)
頻度を表す副詞 I sometimes drink.
(私はときどきお酒を飲む)
状態を表す副詞 “sure”, he said happily.
(「もちろん」と彼は幸せそうに言った)
程度を表す副詞 I’ve just finished.
(今ちょうど終わったところだ)
原因や結果を表す副詞 I’m just not up for it, so…sorry.
(今は気分がのらなくて。だから…ごめん)

このように副詞にはさまざまな使い方があります。言い換えれば、副詞を覚えれば覚えるほど、自分が言いたいことを自由自在に操れるようになると言えるでしょう。

英語の副詞の例文

ここでは副詞の例文をさらにみていきましょう。英会話で使えそうな例文があったらメモをして覚えてみてくださいね!

Probably, he didn’t recognize the call.
(多分彼は電話に気づかなかったのだろう)

I’ll let you know when I’m finish it, then.
(それじゃあ、終わりましたらご連絡しますね)

She run away suddenly.
(彼女は突然逃げ出した)

I normally drink mild in the morning.
(私はいつも朝牛乳を飲む)

You always say same things.
(あなたっていつも同じことを言うよね)

I think I left the paper somewhere…
(どこかにその書類を置いたはずなんだけど…)

The movie is starting soon.
(映画はもうすぐ始まる)

Wash hands and gargle before lunch.
(お昼ご飯の前に手を洗ってうがいをして)

Let’s say alphabet backwards!
(アルファベットをZから逆に言ってみよう!)

I think this is good enough.
(まあ、こんなもんだろう)

英語の副詞の勉強法

副詞は種類が多く、暗記をするのも大変です。英語学習中の方は少しでも効率よく副詞を習得するために、下記の勉強法を試してみてください。

副詞の勉強法

・使えそうな副詞を暗記する
・日英英作文をする
・音読をして身体で副詞を覚えよう

ここでは、それぞれの勉強法について詳しくご紹介します。

使えそうな副詞を暗記する

副詞をマスターするには、まずは使えそうな副詞を暗記しましょう。暗記をする数ですが、

  • 初級者100個
  • 中級者200個
  • 上級者300個

を目安にしてください。

100個も絶対に覚えられない…

と言う初級者の方のために特によく使う副詞を10個挙げておきましょう。

特によく使う副詞10個
very(とても) really(本当に)
here (ここに、ここで) there (そこに、そこで)
today(今日は) yesterday(昨日は)
little(少なく) more(多く)
always(いつも) sometimes(ときどき)
りこ
りこ

厳密に言えば「Yes/No」も副詞ですね。

超初級者の方は特によく出る10種類から、まずは少しずつ副詞を暗記していきましょう。

日英英作文をする

使えそうな副詞を暗記したら、次は日英英作文をしましょう。日英英作文とは日本語の文章を英語にするトレーニング法です。

例えば下記の日本語を英語にすると、どうなりますか?

  1. 昨日美術館へ行った
  2. 私はときどきロックを聞く
  3. 最近ジョギングを始めた

太字にした部分が副詞です。それぞれの翻訳は下記のようになりますね。

  1. I went to a museum yesterday.
  2. I sometimes listen to rock music.
  3. Recently, I started jogging.

「副詞」と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、副詞には「yesterday(昨日)」「recently(最近)」など簡単なものも多いです。

日英英作文のために副詞が使われている日本語文を考えるのも、実は副詞の構造を理解するのに良いトレーニングになります。英文ができたら、

  • 塾の先生
  • 英会話スクールの講師

などに添削をしてもらいましょう。スクールなどに通っていない方は「HiNative」と言うサイトなどで、ネイティブに無料で添削もしてもらえますよ。

音読をして身体で副詞を覚えよう

日英翻訳ができ、英文を添削してもらったら、今度はその英文を口に出して音読しましょう。音読は、耳で聞いて口で話せるという、インプットとアウトプットが同時に行える一石二鳥のトレーニング法です。

書くことはできるけど、正しく発音ができないという英単語は意外と多いですよね。声に出して読むことで英語を音で認識できるようになりますので、リスニング対策にも効果的。

通学・通勤中など、声に出せない状況の時は、頭の中で音読をするだけでもアウトプットの効果があります。せっかく翻訳した文章なので、ぜひ音読をして有効活用しましょう。

 

英語の副詞の間違えやすいポイント

副詞を勉強すると、こんな風に思う方がいるかもしれません。

「nicely」に「happily」か…つまり「ly」がつけば副詞ということ?

確かに副詞には末尾に「ly」がつくものが多いです。しかし結論から申し上げると

「ly」=副詞

と考えると危険です!基本的なルールとして、名詞に「ly」がつくと形容詞に、形容詞に「ly」がつくと副詞になります。

Memo

名詞+「ly」=形容詞

形容詞+「ly」=副詞

言い換えれば「friendly(フレンドリー)」と一見

「ly」がついているから副詞?

と思う単語でも、分解すると「friend(友達→名詞)」+「ly」という構造となっており、形容詞である場合もあります。

また、このルールとは関係なく、例外的に「ly」がつく形容詞も下記のようにたくさんあります。

lovely(可愛らしい) likely(ありそうな)
lively(元気な) only(唯一の)
silly(愚かな) lonely(孤独な)
daily(毎日の) weekly(毎週の)
elderly(初老の) early(始めの頃に)

例えば実際の大学入試問題でも「ly」がつく単語を4つ並べ、1つだけ副詞ではなく形容詞…というタイプの問題が出題されています。

「ly」がつくものには副詞も多いですが、形容詞の場合もあります。忘れないようにしましょう!

 

英語の副詞に関するQ&A

ここでは、副詞に関するよくある質問に答えていきます。

副詞は英語でなんと言うのですか?

副詞は英語で「adverb」(アドヴァーブ)と言います。ちなみに形容詞は「adjective」(アジェクティブ)と言いますね。

副詞を置く位置がよく分かりません…

副詞を置く位置は、以下の4つのパターンに分類されます。

パターン 副詞を置く位置
動詞を修飾する場合 副詞は動詞の後ろ
(speak slowly
形容詞を修飾する場合 副詞は形容詞の前
so tasty)
文章全体を修飾する場合 副詞を文頭に置く
interestingly, everyone thinks so.)
名詞を修飾する場合(例外的) 副詞は名詞の前
just a friend)

基本的には動詞を修飾する場合は動詞の後ろに、形容詞(例外的に名詞)を修飾する場合は形容詞の前におきましょう。

文全体を修飾する副詞は基本的に文頭に置かれますが、文末に置くことも可能。副詞は比較的自由な場所に置いて、特定の言葉や意味を強調することができます。

「ly」で終わっている単語の形容詞と副詞の見分け方は?

その単語が「名詞+ly」なのか「形容詞+ly」なのかをみてみましょう。例えば

exactly(その通り)

の場合、分解すると「exact」(形容詞)+lyなので答えは副詞です。一方、

lovely(可愛らしい)

は「love」(名詞)+lyなので形容詞になります。

また、文中で限定用法の形容詞は必ず名詞の前に置かれますが、副詞の場合は修飾する語によって、前にも後ろにも置くことができましたね。

りこ
りこ

置かれている位置によっても形容詞と副詞を見分けることができると思います。

ちなみに「hard」のように形容詞と副詞両方の用法があり、形容詞でも副詞でも形が変わらないものもあります。

She is a hard worker.(彼女はハードワーカーだ)→形容詞

I’ll try hard.(まずは精一杯やってみます)→副詞

 

英語の副詞をしっかり習得しよう!

今回は英語の副詞についてご紹介しました。副詞は英文に彩りを添える調味料のようなもの。使いこなせるものが増えれば増えるほど、英語の表現の幅が広がっていきますよ。

最後に本記事の内容を簡単にまとめておきましょう。

英語の副詞のまとめ

・副詞=名詞以外のものを修飾する言葉
・ただし例外的に副詞が名詞を修飾することもアリ(only youなど)
・初級者はまずは副詞を100語覚えよう
・「ly」がつくからと言って副詞とは限らない!形容詞の可能性もアリ

副詞と形容詞は共通して「ly」がつくなど間違えやすいですので、資格試験や受験にもよく出題されます。ぜひ本記事を参考に、副詞を効率的にマスターしてくださいね。