英語の不定詞とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

不定詞って用法が多くて、ちゃんと理解できません…

本記事はこのような悩みをお持ちの方のための解説です。

「今日はやることがたくさんある」

「英語を学ぶのは難しい」

などの表現を「to+動詞の原型」で表すことができる英文法の用法を「不定詞」と言います。

不定詞は使いこなせることができるようになれば非常に便利なのですが、用法の数が多く動名詞とも似ているので「なんとなく」しか理解できていない人が多いです。

そこで今回は本英会話講師の私が、英語の不定詞についてまとめました。不定詞の勉強方法や、動名詞との違いについても解説していきます。

本記事を読めば、不定詞とは何か?を自分の言葉で説明できるくらい、きちんと理解することができますよ!

本記事で分かること

・英語の不定詞とは?
・不定詞の勉強法3つ
・不定詞の間違いやすいポイント
・不定詞に関するQ&A!

英語の不定詞とは?

英語の不定詞とはどのような働きをするのでしょうか?ここでは不定詞の概要と例文についてご紹介します。

不定詞の概要

不定詞とは「to+動詞の原形」の形を用いて、動詞以外の働きをする用法のことです。

動詞以外の働きとは?

と思いますよね。不定詞には

  • 名詞的用法
  • 形容詞的用法
  • 副詞的用法

の3つがあります。簡単に言ってしまえば下記のように不定詞の「to」を動詞にくっつけることで、意味をちょっとだけ加えることができるのです。

play instrument(楽器を演奏する)

to play instrument(楽器を演奏すること

注意点として、不定詞は動詞にtoがついているため動詞ではありません。

りこ
りこ

このように動詞に「to」や「ing」「ed」などがついたものを準動詞と言います。「準」と付きますので、動詞になり切れなかったものと理解するのが良いかもしれません。

不定詞の用法による訳は下記の通りです。不定詞にはさまざまな用法がありますので、まずは3つの訳をきちんと覚えましょう。

名詞的用法(〜すること)
To do Yoga is fun.
(ヨガをすることは楽しい)
形容詞的用法(〜するための/〜すべき)
I have many things to do today.
(今日はやることがたくさんある)
副詞的用法(〜のために)
I decorated the room to cerebrate my son’s birthday.
(私は息子の誕生日を祝うために部屋の飾り付けをした)

不定詞の例文

ここでは不定詞の例文を7つご紹介します。それぞれどの用法が用いられているのか、チェックしてみてくださいね。

To play baseball is fun.
(野球をすることは楽しい)

I went to the library to study English.
(わたしは英語を勉強するために図書館に行った)

Please give me something to eat.
(何か食べるものをください)

I found it difficult to read this book.
(わたしはこの本を読むことが難しいとわかった)

Tom was happy to see her.
(トムは彼女に会えてうれしかった)

She decided never to meet him.
(彼女は彼に決して会わないと決めた)

He is too tired to walk anymore.
(彼は疲れすぎていてこれ以上歩けない)

不定詞の勉強法3つ

不定詞は以下の3つのステップで勉強をすると効率よく習得することができます。

不定詞の勉強法

・例文を訳していく
・不定詞の例文を音読する
・自力で英作文を書いてみる

例文を訳していく

基本ルールを覚えたら、できるだけ多くの例文に触れていきましょう。

英語は語学ですので、一定程度の慣れが必要です。日本語を母国語とする人が日本語を話すことができるのは、日本語を話す環境下で日々日本語に触れているから。

しかし英語においては、日本で英語が必要な場面はほとんどありませんし、英語の文法もテストや検定を除いては必要性が低いでしょう。そのため、積極的に英語に触れる機会を作っていくことが大切です。

不定詞においては、何となく訳すのではなく、どの用法可を意識して1文1文見ていくことで学習効果が高まります。

不定詞の例文を音読する

不定詞の例文が訳せるようになったら、次は例文を音読してみましょう。音読をすることで、不定詞を見て理解するだけでなく、耳で聞いても理解できるようにするためです。

例えば耳で聞いて不定詞を理解できれば、不定詞がリスニング問題で出てきても対応することができますし、英会話でも不定詞が理解できるようになります。

問題集で不定詞の問題を解いたら、解いて終わりにするのではなく、その不定詞の英文を口に出して読んでみましょう。

問題を解くのは「インプット」、口に出すのは「アウトプット」です。不定詞に限らず、英語はインプットして満足するのではなく、アウトプットするところまでが勉強だと考えましょう!

りこ
りこ

ちなみに言語学の観点では「インプット→アウトプット」の順番の方が効果が出ます。「アウトプット→インプット」にならないように気をつけましょう!

自力で英文を書いてみる

不定詞の文章を訳し、音読をしたら、例文をベースに自力で英文を書いてみるのがおすすめ。

英作文の素材を見つけるのが難しければ、ネットで「不定詞 英作文 問題」と検索すると、多くの問題素材を見つけることができます。

ポイントは必ず答えが分かる素材を利用すること。答え合せをして、間違いがあれば必ず学習をすることが大切です。

 

不定詞の間違いやすいポイント

不定詞の間違いやすいポイントとして「不定詞と動名詞の違い」が挙げられます。例えば下記の2つの例文はどこが違うのか?どちらも「〜なこと」という意味ですので、非常に紛らわしいのですね。

My dream is to ride an elephant in Thailand.
(私の夢はタイで象に乗ることです)不定詞
My favorite workout is jogging in the park.
(私のお気に入りの運動は、公園でジョギングをすることです)動名詞

結果から申し上げると、

不定詞→まだ実現していないこと(未完了)

動名詞→すでに実現していること(完了)

という違いがあります。

例えば「My dream is to ride an elephant in Thailand.」は、まだタイで象に乗れていないですし、「My favorite workout is jogging in the park.」はすでに公園でジョギングをしたことがあります。

不定詞に関するQ&A!

ここでは不定詞に関するよくある質問に答えていきます。

質問 否定文の作り方がわかりません

不定詞の否定文を作りには、toの前にnotやneverを置きましょう。たとえば、

She decided to meet him.
(彼女は彼に決して会うと決めた)

を否定文にすると、

She decided not to meet him.
(彼女は彼に会わないと決めた)

She decided never to meet him.
(彼女は彼に決して会わないと決めた)

となります。not,neverともに否定の表現ですが、neverのほうがより強い否定であるという点を頭に入れておきましょう。

質問 不定詞の「意味上の主語」とは何ですか?

不定詞の意味上の主語という分野があります。

It is impossible for him to go there.
(彼がそこに行くことが不可能だ)

この文の主語はIt、動詞はisとなりますが、to goの実質的な主語は for himです。このように、不定詞に対応する主語のことを「不定詞の意味上の主語」と言います。

りこ
りこ

そこに行くのは「彼」ですので、「彼」が意味上の主語になりますね。

質問 too~to…とso~that…の書き換えがよくわかりません

不定詞の分野において「too~to…」と「so~that…」の書き換えも頻出事項です。

He is too tired to walk anymore.

He is so tired that he can’t walk anymore.

は同じ意味となります。どちらも「彼は疲れすぎていてこれ以上歩けない」「彼は歩くことができないくらいに疲れている」と訳します。

質問 独立不定詞とは何ですか?

独立不定詞とは簡単に言えば、不定詞を使った慣用表現です。独立不定詞はそのまま丸ごと暗記してしまいましょう。

独立不定詞の代表的なものとしては、

to tell the truth(真実を言うと)

to be frank with you(率直に言えば)

to be sure(確かに)

to begin with(まず第一に)

to say nothing of(言うまでもなく)

が挙げられます。

「to say nothing of=言うまでもなく」と覚えるのではなく

He speaks Korean and Russian, to say nothing of Japanese.
(彼は日本語は言うまでもなく、韓国語とロシア語も話せる)

など文章で覚えるようにしましょう。

 

不定詞をしっかり習得しよう!

今回は英語の不定詞について解説しました。

不定詞は重要分野であり、いわゆる文法問題でも出題されることが多いほか、長文読解においてもよく登場します。

もちろん英会話でもよく使われますので、問題が解けるだけでなくスピーキングで使えるようにするようにしましょう!