英語の不定詞 副詞的用法とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

「to+動詞の原形」で表される不定詞。動詞の原形に「to」を付けることで動詞の意味を広げることができる用法です。

そんな不定詞には「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」という3つの用法があります。それぞれの用法で訳が異なりますので、それぞれきちんと理解することが大切です。

そこで今回は不定詞の副詞的用法に焦点を当てて、使い方や勉強法などについてまとめました。

副詞的用法は目的や結果、原因や理由まで表現できる便利な表現。ぜひこの機会にマスターしていきましょう。

本記事で分かること

・不定詞 副詞的用法とは?
・不定詞 副詞的用法の勉強法3つ
・不定詞 副詞的用法の間違いやすいポイント
・不定詞 副詞的用法に関するQ&A!

不定詞 副詞的用法とは?

「to+動詞の原形」で表現される不定詞には、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法といった3つがあります。

りこ
りこ

不定詞の名詞的用法、不定詞全体については下記の記事で解説していました。

英語の不定詞 名詞的用法とは?例文&間違えやすいポイントも
不定詞とは「to+動詞の原形」で表される用法で、名詞的用法は「〜すること」という意味。本記事では、不定詞の名詞的用法の使い方や勉強法についてまとめました。 本記事を読めば名詞的用法がスッキリ理解できるだけでなく、動名詞との違いも分かります!
英語の不定詞とは?例文&間違えやすいポイントも
不定詞とは「to+動詞の原形」で動詞の働きを広げる役割をする用法。不定詞は非常によく使われるのにも関わらず、用法が多く習得するのが大変です。そこで本記事では不定詞の用法や勉強法についてまとめました。間違えやすい、動名詞との違いについても解説します。

副詞的用法が持つ役割は、

  • 目的を表す
  • 結果を表す
  • 原因を表す
  • 理由を表す

の4つ。ここでは、そんな副詞的用法の概要と例文についてみていきましょう。

不定詞 副詞的用法の概要

不定詞の副詞的用法は「~するために、~して」などと訳します。

まずは副詞について簡単に復習しましょう。副詞は、動詞・形容詞・副詞を修飾するもので、文中では修飾語句になります。例えば

I run fast.(わたしは速く走る)

では「走る(動詞)」を修飾している「fast」画副詞になりますね。

さて、不定詞の副詞的用法には

  • 目的を表す
  • 結果を表す
  • 原因を表す
  • 理由を表す

という4つの用法がありました。例えば

I go to English school to improve my speaking skill.
(スピーキング力を改善するために英会話スクールに行っています)

という不定詞の場合「to improve(改善するために)」は「何のために行くのか」という目的を表していますね。また、

I’m sorry to hear that.
(私はそれを聞いて残念に思います=残念ですね)

という表現では「to hear(聞いた)」から「sorry(残念だ)」というように形容詞の理由を表しています。

このように不定詞の副詞的用法は、副詞的な役割を果たしながら目的や理由を表現することができるのです。

不定詞 副詞的用法の例文

ここでは不定詞の副詞的用法の例文を7つご紹介します。不定詞が文中において、どのような役割を果たしているのか考えながらチェックしてみましょう。

I’m studying English to travel abroad.
(わたしは外国へ行くために英語を勉強している)

He studied hard to be a doctor.
(彼は医者になるために一生懸命勉強をした)

She graduated from the university, never to come back.
(彼女は大学を卒業したが、二度と戻ってくることはなかった)

I arrived at the station, only to find the train had already left.
(わたしは駅に着いたが、結果としてその電車が既に行ってしまったのに気付いただけだった)

I am so happy to see you.
(わたしはあなたに会えてうれしい)

Jane are so powerful to work out everyday.
(毎日働けるなんてジェーンはとてもパワフルだ)

He lived to be 90 years old.
(彼は90歳まで生きた)

不定詞 副詞的用法の勉強法3つ

不定詞の副詞的用法は、不定詞の中で最も使われ方が幅広く、難易度が高い分野です。効率的に習得するには、下記の勉強法を試してみましょう。

不定詞 副詞的用法の勉強法

・例文を通して訳し方を理解する
・シャドーイングをする
・自力で英文を書いてみる

ここでは、不定詞 副詞的用法の勉強法について解説します。

例文を通して訳し方を理解する

副詞的用法をマスターするには、まずは和訳から挑戦しましょう。副詞的用法には下記のように4種類の訳し方がありましたね。

I’m studying English to be an English teacher.
(わたしは英会話講師になるために英語を勉強している)目的
I am so happy to see you.
(わたしはあなたに会えてうれしい)原因・理由
I arrived at the station, only to find the train had already left.
(駅に着いたが、その電車が既に行ってしまったのに気付いただけだった)結果
Jane are so powerful to work out everyday.
(毎日働けるなんてジェーンはとてもパワフルだ)判断の根拠

特に結果の用法は「駅に着いたが、その電車が既に行ってしまったのに気付いただけだった」という例文で考えると、

  1. 駅に着いた
  2. (その結果)
  3. 電車が既に行ってしまっていた

というように「その結果」という部分が訳から抜けていることがありますので、自分で補う必要があり、やや難易度が高いです。

りこ
りこ

また、訳す際は「to不定詞」がどの部分を修飾しているのかまで考えると、文構造が掴みやすくなりますよ。

シャドーイングをする

和訳に慣れてきたら、次はシャドーイングです。シャドーイングとは聞こえてきた英語の音声のすぐ後に続いてリピートするトレーニング法。

シャドーイングの正しいやり方!スピーキング力を伸ばす&他にも嬉しい意外な効果とは?
シャドーイングの正しいやり方を知っていますか?本記事では元英会話講師の私が、シャドーイングの方法やシャドーイングにより得られる効果についてご紹介します。シャドーイングを行ってはいけない学習段階についても解説しますので参考にしてください。

CD付きの参考書などを用意して、to不定詞の例文をシャドーイングし、音声で不定詞を理解できるようにしていきましょう。

耳で英語を理解することは、読んで理解する和訳に比べてずっと難しいです。しかし、英会話などのコミュニケーションの場において、耳で理解することは必須。

言い換えれば英会話中に相手が不定詞の文章を口にした時に

これは不定詞の副詞的用法で…その中でも「結果」を表しているから…

などと考えている時間はありませんよね。

つまり耳で聞いて理解するには、前後の文脈から判断したり、聞き取れた単語を組み合わせて意味を補うなど、瞬間的に英語を理解する必要があります。

りこ
りこ

イメージとしては、たくさんある引き出しからパッパッパと知識を引き出す感じです。

 

理語を瞬間的に理解するためには、それに対するトレーニングが必要。和訳だけをしていたのでは、いつまでも副詞的用法を使えるようにはなりません。

副詞的用法を使えるようになるためにも、シャドーイングで音声理解力を高めていきましょう。

自力で英文を書いてみる

不定詞の副詞的用法、最後の仕上げは英作文です。不定詞の日本語の文章を英文に直していきましょう。

例えば、下記の日本語を不定詞を使って英文にすると、どうなるでしょうか?

「インスタに投稿するために原宿のタピオカ屋へ行きました」

「朝起きたら首が痛くなっていたことに気づいて…動かせないんですよ」

日本語で例文を見ると、不定詞が日常会話でもよく使われているのが分かりますよね。

テキストに載っている例文は「リサは一生懸命勉強して教師になった」など、面白味がない例文も多いので、使ってみたい表現をピックアップして英作文してみましょう。

 

「インスタに投稿するために原宿のタピオカ屋へ行きました」

I went to a bubble tea shop in Harajuku to put some photos on Instagram.

 

「朝起きたら首が痛くなっていたことに気づいて…動かせないんですよ」

I woke up in the morning, to find that I had slept wrong. I can’t move it.

 

不定詞 副詞的用法の間違いやすいポイント

不定詞には副詞的用法の他にも名詞的用法と形容詞的用法があります。これらの使い分けは間違えやすいので気をつけましょう。

それぞれの訳は下記のように異なります。

  • 名詞的用法(~すること)
  • 形容詞的用法(~するための、~すべき)
  • 副詞的用法(~するために、~してなど)

3つの用法の使い分けは「to不定詞が何を修飾しているのか」を見分けること。

Please give me something to eat.
(何か食べるためのもの(食べ物)をください)

は形容詞的用法の例文で、to eat(不定詞)がsomething(名詞)を修飾しています。

He studied hard to be a doctor.
(彼は医者になるために一生懸命勉強をした)

は副詞的用法の例文で、to be a doctor(不定詞)がstudied(動詞)を修飾していますね。このように、修飾関係を意識することで3つの用法の使い分けを理解することができます。

 

不定詞 副詞的用法に関するQ&A!

ここでは、不定詞 副詞的用法のよくある質問に答えていきます。

質問 副詞的用法の「結果」が難しいです…

不定詞の副詞的用法の1つに結果用法があります。実は結果用法はある程度パターンが決まっていますので、代表的なものを押さえることが有効です。例えば

  • wake up to find(目が覚めると~だと知る)
  • grow up to be(成長して~になる)
  • live to do(~するまで生きる(生きて~する))

があります。それぞれ、toの前で一度切ってから訳すとスムーズに訳すことができます。

質問 不定詞 副詞的用法の否定形はどのように作るのですか?

不定詞の否定形は「to+動詞」の直前にnotないしneverをつけます。例えば

I didn’t drink a lot, not to be drunk on a zoom party.
(ズーム飲み会で酔っ払わないように、あまり飲まなかった)

などですね。

質問 enough toの使い方が知りたいです

「enough to」は「とても…なので~する」と訳します。たとえば、

He is old enough to get a driver’s license.
(彼は運転免許をとるに十分な年齢だ)

が挙げられます。また、oldのような形容詞は、enoughの直前に置くことになります。

不定詞 副詞的用法をしっかり習得しよう!

今回は不定詞の副詞的用法について解説しました。

不定詞の3用法の中でも、副詞的用法は訳し分けが難しいところ。そのため、多くの例文に触れて慣れていくことが大切です。

英会話でも不定詞の副詞的用法が使いこなせるよう、リスニングや音読のトレーニングも忘れないようにしましょう。