英語の現在完了形とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

突然ですが「久しぶり!」と英語で言いたいとき

It was a long time.(過去形)

It has been a long time.(現在完了形)

どちらを使ったら良いと思いますか?答えは現在完了形の“It has been a long time.”です。

現在完了形を使うことで「ずっと会っていなかった」という事実だけでなく「ずっと会っていなかった!会えて嬉しい!」という現在の気持ちも表現することができます。

では、現在完了形とはどのような表現なのでしょうか。本記事では元英会話講師の私が、英語の現在完了形についてまとめました。

現在完了形を使った例文や間違えやすいポイントについても解説しますので、現在完了形について曖昧にしか理解できていないという方はぜひ参考にしてください。

本記事で分かること

・英語の現在完了形とは?
・現在完了形の勉強法3つ
・現在完了形の間違いやすいポイント
・現在完了形に関するQ&A!

英語の現在完了形とは?

現在完了形とは「現在を起点にして、現在までの経験や継続する行為や状態を表す表現」です。

今回勉強をする現在完了形は現在形を基本とした「現在形の完了形」という位置づけ。現在完了形をしっかりと理解することにより、その応用である現在完了進行形もすんなりと理解できるようになります。

ここでは、現在完了形の概要と例文をご紹介していきますので、しっかりと理解をしましょう。

現在完了形の概要

現在完了形の形は、have+過去分詞またはhas+過去分詞です。

現在完了形のかたち

have+過去分詞またはhas+過去分詞

現在完了形の意味は下記の3つ。

・経験用法
(例)I’ve been to Morocco twice.
(私はモロッコに2回行ったことがある)
・継続用法
(例)I’ve cooked for 2 hours.
(私は2時間料理をしている→今も料理をしている)
・完了用法
(例)I’ve confirmed your payment.
(お支払い確認いたしました)

ちょっと注意したいのが過去形と混合しがちな「完了用法」です。

りこ
りこ

上記の例を見ても“I’ve confirmed your payment.(お支払い確認いたしました)”は過去形を使って“I confirmed your payment”じゃ駄目なの?と思いますよね。

現在完了形の完了用法には「その動作が完了した」という意味以外に「過去の出来事を現在と絡める」ようなニュアンスがあります。そのため「I’ve confirmed your payment.」の方が「確認しました。今は問題ありません。引き続きよろしくお願いします」のようなニュアンスが出せるのですね。

また、haveとhasについては、

  • 主語が「I,You,We,They」のときには「have」
  • 主語が「He,She,It」のときには「has」

を使います。

一般動詞を勉強する際に、3人称単数現在のsを習いますが、その考えがここでも適用され、3人称単数の場合にhasが使われます。

次に問題となるのが過去分詞形です。過去分詞は、現在分詞と並んで分詞の1つですが、ここでは分詞について深く理解する必要はありません。大切なのは、多くの動詞の過去分詞形を覚えることです。

一般的には、原形-過去形-過去分詞形という形でセットで覚えていきます。たとえば、

play-played-played(原形-過去形-過去分詞形)

run-ran-run(原形-過去形-過去分詞形)

といった形です。

基本的には過去形と同じになることが多いですが、不規則のものもかなりあります。「have,has」の使い分けができたとしても、過去分詞形を覚えていないと正解にたどり着けませんので、一覧表を使って覚えていきましょう。

現在完了形の例文

ここでは、現在完了形を使った例文についてみていきましょう。否定形や疑問形などがどのように作られているのかチェックしてみてくださいね。

I have lived in this city for three years.
(わたしは3年間この市に住んでいる)

He has already finished his homework.
(彼はすでに宿題を終えました)

She has visited the park four times.
(彼女は4回その公園を訪れたことがある)

Have they eaten lunch yet?
(彼らはすでに昼食を食べましたか?)

Jim has not drawn a picture.
(ジムは絵を描いていない)

It has been five years since he died.
(彼が亡くなってから5年が経ちました)

They have been to China.
(彼女たちは中国へ行ったことがある)

現在完了形の勉強法3つ

現在完了形を勉強するときは、下記の勉強法がおすすめです。

現在完了形の勉強法

・過去分詞を覚える
・意味の使い分けを理解する
・ヒントとなる表現を覚える

それでは、一つ一つみていきましょう。

過去分詞を覚える

現在完了形をマスターするには過去分詞をきちんと覚えるようにしましょう。

過去分詞は「原形-過去形-過去分詞形(play-played-played)」という形で覚えていきますが、特に不規則変化については注意が必要です。

りこ
りこ

例えばbe動詞の場合は「be-was/were-been」という不規則変化になりますね。

ここで過去分詞形をしっかりと覚えることで、現在完了進行形の理解がスムーズになったり、受動態や分詞といった他の分野の勉強にもつながっていきますよ。

意味の使い分けを理解する

現在完了形をマスターしたい方は、現在完了形を正しく訳せるようにしましょう。

現在完了形には「経験、継続、完了」という用法があります。訳す際には、どれにあたるかを意識して訳してください。

現在完了形が正しく訳せるようになると、他の完了形である過去完了形や未来完了形の訳でも同様に考えれば良いことになり、スムーズに勉強を進めることができます。

ヒントとなる表現を覚える

現在完了形の訳仕分けをする際のコツ・ヒントとして、単語や表現に着目するということが挙げられます。

例えば経験用法では、twice(2回)、three times(3回)など、回数を表す表現と主に用いられます。

(例)My mother’s been Spain three times, but I’ve never been there.
(母はスペインに3回行ったことがあるが、私は行ったことがない)

継続用法では、for(~から)、since(~以来)といった期間の長さを表す表現と主に使われます。

(例)I’ve played the guitar since I was 3 year old.
(私は3歳の頃からギターを弾いている)

完了・結果用法では、already(すでに~)、 just(ちょうど~)といった行為の完了を示すものと一緒に使われます。

(例)I’ve just called her.
(今ちょうど彼女を呼んだところだ)

これらを覚えておくことで、実際に自力で英文を書く際にも、用法の違いを意識して正確な英文を書くことができるようになります。

 

現在完了形の間違いやすいポイント

現在完了形では、どのような訳になるのか正しく判断できないという間違いが多いです。

そこでおすすめなのが「コアイメージをとらえてから自然な訳にしていく」という方法。

例えば「have」のコアイメージは「持っている」です。

The PCs have broken down.

という英文を見たら、まずは「持っている」というコアイメージを思い出し「そのパソコンは壊れているを持っている」と理解します。

あとは「そのパソコンは(ずっと)壊れている」と自然な日本語に訳せばOK。

りこ
りこ

訳ができるのみならず、現在完了形の英文を書けるようになるためにも、しっかりと訳し分けできる力をつけていきましょう。

現在完了形に関するQ&A!

ここでは現在完了形に関するよくある質問と答えをご紹介します。

質問 否定文の作り方がわかりません

否定文の作り方は簡単です。have,hasの後ろにnotをつけることで解決します。たとえば、

I have lived in this city for three years.
(私はこの街に3年間住んでいる)

であれば、

I have not lived in this city for three years.
(私はこの街に3年間住んでいない)

となります。

りこ
りこ

「have not」「has not」は「haven’t」「hasn’t」と省略形にしても構いません。

質問 疑問文の作り方がわかりません

疑問文の作り方もシンプルで、have,hasを先頭に持ってきて、クエスチョンマークをつけることで完成します。たとえば、

She has visited the park four times.
(彼女はこの公園を4回訪れたことがある)

であれば、

Has she visited the park four times?
(彼女はこの公園を4回訪れたことがありますか?)

となります。

質問 現在完了形と過去形の違いがわかりません

本記事でも紹介しましたが、現在完了形と過去形は間違えやすいです。

現在完了形は「過去の出来事を現在と絡める」ようなニュアンスがある以外にも、両者を見分けるポイントがあります。

たとえば、

Where have you gone yesterday?

という英文。「あなたは昨日どこへ行っていたのですか?という意味の英文となりそうですが、この英文は不適切です。

現在完了形は、現在を起点に過去のある点からの動作や状態を表す表現である一方で、過去形は過去のある時点での動作や状態そのものですを表します。

りこ
りこ

言い換えると、現在完了形は、時間の幅を表すことができるのに対し、過去形は過去のある時間の一点しか表せないということになります。

そのため「yesterday,last week,three days ago」などの表現は、時間の一点を表す表現と言われているため、現在完了形と併用することはできません。

よってこの英文は

Where did you go yesterday?

とすることで適切な英文となります。

質問 have been toとhave gone to の違いを知りたいです

“have been to”と“have gone to”は非常に似ているため、入試問題でもよく問われる内容です。

“have been to”は「してきたところだ」

“have gone to”は「~してきた」

と訳します。例えば

I have been to China.

は「わたしは中国に行ってきたところだ(そしてもう帰ってきている)」

They have gone to China.

は彼らは中国に行ってしまった(そして今はここにいない)と訳します。

前者は行って戻ってきたのに対し、後者は行ったまま、ということですね。

 

現在完了形をしっかり習得しよう!

今回は英語の現在完了形について解説しました。

現在完了形は、訳し方も複数あり、考え方もはじめは苦労する時制。長文読解などでも多く登場する表現ですので、ここでしっかりと理解しておきましょう。