英語の疑問文とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

日本語で疑問文を作る場合、文末に「か?」をつけるだけでOKですよね。一方、英語で疑問文を作る場合、肯定文から語順を変えなければならず、最初は慣れないものです。

結論から申し上げると、英語の疑問文で覚えたい基本形は5種類。疑問文の種類によって、答え方も異なります。

そこで今回は元英会話講師の私が、英語の疑問文についてまとめました。疑問文が作れるようになると、肯定文だけでなく相手に質問をすることができます。

本記事では、疑問文の作り方だけでなく、間違えやすいポイントについても解説しました。疑問文の概要についてサラッと知りたい方はぜひ参考にしてください。

本記事で分かること

・英語の疑問文とは?
・疑問文の勉強法3つ
・疑問文の間違いやすいポイント
・疑問文に関するQ&A!

 

英語の疑問文とは?

疑問文の種類は以下の5種類。

疑問文の種類
  1. 付加疑問文
  2. 間接疑問文
  3. Yes-No疑問文
  4. 選択疑問文
  5. WH疑問文

それぞれの疑問文で、答え方も異なります。ここでは、疑問文の概要と例文についてみていきましょう。

疑問文の概要

まずは、5種類の疑問文の概要を表にまとめました。

疑問文の種類 特徴 例文
付加疑問文 〜ですよね・と念を押す疑問文 You are a teacher, aren’t you?
間接疑問文 whを間接的に使った疑問文 Do you know where he is?
Yes-No疑問文 Yes-Noで答えることのできる疑問文 Do you like the cake?
選択疑問文 いくつかの選択肢から答えを選ぶ疑問文 do you walk or jog?
WH疑問文 whで始まる疑問文 Who is he?

それでは、それぞれの疑問文についてみていきましょう。

付加疑問文

付加疑問文は「~ですよね」といった形で、念押しや確認の意味を込めて使われる疑問文です。基本的には主語と動詞に着目して、動詞を肯定や否定に変えて作ります。

例えば

The bus leaves at 9 a.m.
(バスは9時に出発する)

という英文を付加疑問文にする場合「doesn’t it?」をつけ

The train leaves at 9 a.m, doesn’t it?

とすることで「バスは9時に出発するんですよね?」と念を押す表現にすることができます。

りこ
りこ

付加疑問文については下記の記事でまとめました!

英語の付加疑問文とは?例文&間違えやすいポイントも
今日はめちゃくちゃ暑いですよね〜 こんな風に、相手に同意を求める表現を英語で言いたい時役に立つのが「付加疑問文」と呼ばれる用法です。付加疑問文を使うと「今日はめちゃくちゃ暑いですよね〜」は It'...

間接疑問文

間接疑問文は、Whで始まる部分の語順に注意して作ります。たとえば

Do you know〜?(知っていますか?)

Where is he?(彼はどこにいるの?)

という2つの文がある場合、

Do you know where he is?
(彼がどこにいるか知っていますか)

となります。

りこ
りこ

Wh内が「where is he」ではなく「where he is」というように、叙文の語順になっていますね。

もちろん上記の例文では

Where is he?(彼はどこ?)

と聞いてもOK。しかし、初対面の人などに対してはやや無愛想に聞こえてしまう可能性もあります。

そんなとき間接疑問文にすれば、直接的な印象を避け、柔らかい雰囲気にしてくれるのです。間接疑問文の答えは、質問に対する答えをそのまま英文にします。(文中にWhが含まれていますのでYes/Noでは答えられません!

Do you know where he is?
(彼がどこにいるか知っていますか)

なら

He’s in the kitchen.(キッチンにいるよ)

sorry, I don’t know.(ごめん、分からない)

などと答えましょう。

Yes-No疑問文

Yes-No疑問文は、文字通りYes-Noで答えるタイプの疑問文です。たとえば、

Do you like the cake?
(あなたはそのケーキが好きですか)

であれば、

Yes,I do.(はい、好きです)

No,I don’t.(いいえ、好きではありません)

と答えます。

Yes-No疑問文は「do you〜?」だけでなく「Are you〜?」や「Have you〜?」などいろいろな形があります。

Are you drunk?(酔っ払ってるの?)

Have you checked the inbox?(受信メールをチェックした?)

Yes-No疑問文はどんな形でも「Yes/No」で答えることができます。

選択疑問文

選択疑問文とは、2者択一で答えられる疑問文を言います。たとえば、

Do you go to school by bus or on foot?
(あなたは学校にバスで行きますか?徒歩で来ますか?)

が挙げられます。

りこ
りこ

ちなみに、テキストなどによく出てくるかもしれませんが「on foot」はやや古い言い方です。「歩いて学校に行く」は現代の日常英会話では

I walk to school.

という表現が使われていますね。

例文の場合は

  • 学校にバスで行くのか
  • 学校に歩いて行くのか

と言う二者択一を迫られていますので、

I walk to school.(歩いて行きます)

I go to school by bus.(バスで行きます)

というように答えましょう。

WH疑問文

WH疑問文は、WやHから始まる疑問文で、Yes-Noで答えないタイプの疑問文を言います。WやHで始まる形は「5W1H」と言われ、下記の6種類があります。

who だれ
what なに
when いつ
where どこ
why なぜ
how どのように

これらの6種類のことを「疑問詞」と言います。疑問詞を使った例文には例えば、

Who is he?
(彼はだれ?)

How did you get here?
(ここまで何で来たの?)

Where are my glasses?
(メガネどこだっけ?)

が挙げられます。

りこ
りこ

英語でメガネは「glasses」です。英語では「レンズが2枚」という考え方をするため、メガネは1つでも複数形になるのですね。

疑問文の例文

ここでは疑問文の例文をさらにみていきましょう。

Ken looks tired, doesn’t he?
(ケンは疲れていますよね?)

Does Emi like cats ?
(エミは猫が好きですか?)

How is the weather today ? It’s rainy.
(今日の天気はどうですか?ー雨です)

I don’t know if(whether) this pen is mine or yours?
(わたしはこのペンが私のものかあなたのものかわかりません)

Can you tell me when he will finish his work?
(彼の仕事がいつ終わるのか教えてもらえますか?)

What did you say ?
(あなたは何を言いましたか?)

Which man do you want to hire ?
(どちらの男性を雇いたいですか?)

John is tired, isn’t he?
(ジョンは疲れていますよね?)

How do you go to school ?
(どうやって学校に行っていますか?)

The students are very smart, aren’t they?
(生徒たちはとても賢いですよね?)

疑問文の勉強法3つ

疑問文は種類が5つありますので、それぞれを混同しないように勉強することが大切です。今回おすすめする勉強法は下記の3つ。

疑問文の勉強法

・筆記問題を解いて理解度をチェック
・リスニング問題に挑戦しよう
・英会話でアウトプット

ここでは疑問文の勉強法についてみていきましょう。

筆記問題を解いて理解度をチェック

疑問文をマスターするには、まずは筆記問題を解いて理解度をチェックしましょう。問題は

  • 正しい答えを選択肢から選ぶもの
  • 穴埋め形式で正しい語句を埋めるもの
  • 和訳問題
  • 日英英作文

などさまざまな種類がありますので、異なる形式の問題をバランスよく解いていくことが大切です。

疑問文の場合よくあるのは、下記のポイントを問う問題。

  • 「5W1H」を正しく理解できているか?
  • 間接疑問文の語順を理解できているか?
  • 間接疑問文に正しく答えられるか?

まずは問題を解くことで、疑問文のルールを定着させていきましょう。

リスニング問題に挑戦しよう

筆記問題を解いて理解が深まったら、次はリスニング問題に挑戦しましょう。疑問文のリスニング問題では、最初の1語を聞き取ることが大切です。

たとえばWh疑問文の場合、文頭の「5W1H」をしっかりと聞きとることが何よりも重要。その部分を聞き落してしまうと、何を答えるべきかが分からなくなってしまいまうからです。

英語のリスニングにおいて2語目くらいから聞き取ってなんとなく理解している…

という方も多いと思います。せっかくの機会なので疑問文の対策をするとともに、1語目からしっかり聞き取る練習をしておきましょう。

英会話でアウトプット

英語学習はインプットとアウトプットで成り立ちます。特に疑問文は会話でのコミュニケーションで多く使われますので、英会話を通してアウトプットすることが大切です。

英会話では、講師から疑問文を使っていろいろな質問をされると思います。「疑問文を聞き取って、それに答える」というトレーニングを繰り返すことで、最終的に使える状態にまでもっていきましょう。

また、講師などに対して質問をしてみることも重要です。それに対して講師がどのように答えるのか、その答え方にも注目してくださいね。

 

疑問文の間違いやすいポイント

疑問文の答え方は、疑問文の種類によって異なり、間違えやすいポイントですので注意しましょう。

Yes-No疑問文では「Yes/No」で答えることになりますが、主語と動詞を同時に明示する必要があります。たとえば、

Do you study Math?
(あなたは数学を勉強しますか?)

には「Yes,I do.(はい、します)」または「No,I don’t.(いいえ、しません)」で答えます。

一方、

Are you a college student?
(あなたは大学生ですか?)

には「Yes,I am.(はい、そうです)」もしくは「No,I’m not.(いいえ、違います)」で答えます。

疑問文は使われている動詞によって答え方を変えなければいけません。「Do you〜?」で聞かれているのに「Yes, I am」と答えることはできないのですね。

 

疑問文に関するQ&A!

ここでは、疑問文に関するQ&Aをみていきましょう。

疑問文の答え方の省略ルールがあると聞いたのですが…

はい、疑問詞で始まる疑問文の場合には、省略をすることが多いです。たとえば、

Who is playing the guitar?

に対する答えは、

Tom is (playing the guitar).

となります。カッコの部分は質問と重複するので、省略してもOKです。 他には、

When did he come to Japan?

(He came to Japan) two weeks ago.

もできますよ。

「what」で始まる疑問文の答え方が複数あって分かりません

動詞に着目することで、場合分けをすることができます。たとえば、

What is this?

What does Mike have in his bag?

を考えてみます。どちらも「What」を使っていますが、前者はbe動詞、後者は一般動詞の疑問文です。

前者であればIt is my notebook.

後者であれば He has his favorite book.

となります。

英語の疑問文の語順が分かりません

疑問文の語順を決めるには、まずは動詞の種類に注目しましょう。

be動詞の場合には、be動詞を先頭に置くことで解決します。たとえば、

You are a teacher.
(あなたは先生だ)

は、

Are you a teacher?
(あなたは先生ですか?)

とすればOKです。一般動詞の場合には、主語の性質によって形が異なります。3人称単数(he,she,it)の場合には「does」を、それ以外の場合には「do」を使います。

He plays soccer.
(彼はサッカーをする)

Does he play soccer?
(彼はサッカーをしますか?)

に、

You like pasta.
(あなたはパスタが好きだ)

Do you like pasta?
(あなたはパスタが好きですか?)

となります。

りこ
りこ

3人称単数の場合、疑問文ではsが消えることに注意しましょう!

疑問文は何文型になるのですか?

疑問文の文型は、疑問文によって異なります。

文型には第1文型から第5文型まで5つ。疑問文の文型を考える際には、平叙文の形、つまり元の形にしてから考えることが有効です。たとえば、

What did you say ?

であれば、元の文は

You said what.

です。これはSVOとなり第3文型ですので、この疑問文は第3文型と考えます。

Where do you go?

You go where.

となり「where」は場所を表わす疑問副詞ゆえに文の要素となりませんので、SVで第1文型となります。

 

疑問文をしっかり習得しよう!

今回は英語の疑問文について解説しました。疑問文は英会話には欠かせない用法で、使いこなせると英会話の幅が2倍にも3倍にもなります。

答え方や疑問文の種類によって文中の語順が変化するなど、疑問文には間違えやすいポイントも多数。ぜひ本記事を参考に疑問文を効率的に習得してくださいね。