【英会話講師から見た両者の違い】英会話教室で上達する人VSしない人!

英会話教室
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英会話教室に通おうかと考えている方は、下記のような悩みをお持ちではありませんか?

英会話教室に通っても、自分のレベルに合った勉強ができるか心配です。英会話教室に通っても上達しないって話よく聞きますよね…

あまり上達しないのなら英会話教室に通わずに、独学で勉強した方が良いのでしょうか…?

実はこのような悩みを持つのは、英会話教室の仕組みやカリキュラムなどについて理解せず「英会話教室に100%丸投げしてしまっている」ことが原因です。

結論から申し上げると勉強の目的を明確にして、英会話教室を使うメリットデメリットを知り、英会話教室を利用しながら自主的に英語学習をすることで解決することができます。

そこで今回は元英会話講師の私が、英会話教室で上達する人の特徴と上達しない人の特徴についてご紹介します。

英会話教室の効果が得られない方の対処法についても解説していきますので、ぜひ試してみてくださいね。

本記事で分かること

・英会話教室で上達しない人の特徴5つ
・英会話教室で上達する人の特徴5つ
・英会話教室に通っても上達しない…おすすめの解決法3つ

英会話教室で上達しない人の特徴5つ

今回ご紹介する英会話教室で上達しない人の特徴は下記の5つ。

  1. 自学自習をしない
  2. 単語や文法の知識が不足している
  3. 通うだけで実力が上がると思っている
  4. 英語4技能を理解していない
  5. 費用が高いほど良いと思っている

ここでは、それぞれの特徴についてみていきましょう。

自学自習をしない

英会話教室に通っても、自主学習をしなければ英語力は上達しません。英会話教室に通うことは、自分の勉強をより効率的に進めるための手段に過ぎないからです。

与えられた課題はもちろんのこと、英語は語学ですので、繰り返し取り組み、勉強時間そのものを確保する必要があります。

自主学習では予習復習はじめ、授業では扱わないような暗記系の勉強をしっかりとすることが大切です。

単語や文法の知識が不足している

基本的な単語力や文法の知識がないと、英会話教室に通っても上達は期待できません。英会話力といっても、実際に話すうえでは単語や文法の知識が不可欠だからです。

中学レベルの語彙力や文法力は最低限身につけておく必要があります。とりわけ文法については暗記ではなく理解が必要となりますが、短期間で総復習ができるようなテキストも多く販売されていますので、英会話教室を利用する前に取り組むことが理想です。

通うだけで実力が上がると思っている

英会話教室に通うだけで実力が上がると思ってはいけません。

英会話スクールに100%丸投げしているだけではNG。通学することで自分の課題を見つけ、通っている時間以外の勉強時間を多く確保することが大切です。

りこ
りこ

通い始めはやる気があり多くの勉強時間を確保していても、徐々にモチベーションが下がることはよくありますよね。

1日単位や1週間単位で、勉強時間そのものを確保する仕組みづくりを行いましょう。

英語4技能を理解していない

英語力を伸ばすには、4技能(読み・書き・話す・聞く)をバランス良く鍛える必要があります。英会話教室に通ってスピーキングの練習をしているだけでは英語力の底上げの上達は期待できません。

「読み・書き・話す・聞く」という力は密接に関係しており、総合的に高めていくことが理想です。

りこ
りこ

たとえば、聞くという点に着目すると、そもそも読めない、意味が分からないものは聞くことができませんよね。

4技能のうちのどの力が足りないのか、どこから高めていくことが近道なのかをしっかりと分析をしたうえで英会話教室を利用することが必要です。

費用が高いほど良いと思っている

「英会話教室は高ければ高いほど良い」という価値観は捨てましょう。

「お金をかける=英語力が上がる」ではありません。

安かろう悪かろうではもちろんダメなのですが、費用が高いということは、たとえばビジネス英語に特化しているなど、事情があるはず。

自分のレベルや目標目的に応じて、自分に合った教室を選ぶことが求められます。

もちろん費用が高いということは、それだけのサービスを提供していることを意味しますが、自分のニーズに合わなければ、時間や費用をかけたにもかかわらず、なかなか実力がつかないということもあり得ますので、自分が重要視するポイントを整理して選びましょう。

英会話教室で上達する人の特徴5つ

今回ご紹介する英会話教室で上達する人の特徴は下記の5つ。

  1. 通う目的が明確
  2. 受け身ではなく能動的に利用できている
  3. 予習復習がしっかりとできる
  4. マンツーマンレッスンとグループレッスンの仕組みを知っている
  5. 馴れ合いを嫌う

ここでは、それぞれの特徴についてみていきましょう。

通う目的が明確

英会話教室で上達する人は、スクールに通う目的が明確です。

日常会話レベルの英会話力をつけることが目的なのか、検定や試験でのスピーキングセクションに対応する力を身につけたいのかなど、英会話力を高めたい理由はさまざま。

単に英会話力といっても漠然としており、英会話教室に通っても、自分のニーズを伝えられず、十分なサービスを受けることができない可能性があります。

英会話教室に通う際は、目的を明確にすることが大切です。

受け身ではなく能動的に利用できている

英会話教室で上達する人は、受け身ではなく能動的に英会話スクールを利用しています。

言われたことをやるだけでなく、自分の課題を積極的に聴いたり、何を求めて通っているのかなどを伝えられる人は、英会話教室を上手に利用できるのです。

サービスを提供している英会話教室側も人間ですので、熱心に聞いてくる人・取り組む人に対しては熱心な指導をしたくなるもの。受け身ではなく、能動的な姿勢が求められます。

予習復習がしっかりとできる

英会話教室で上達する人は、スクールでのレッスン以外にも予習復習がしっかりできています。

英会話教室の授業時間は限られていますので、レッスン時間が充実していれば、予習復習も積極的になれるはずです。

しっかりと予習復習をすることで、限られた授業時間を効率よく利用することができますので、実力アップも早くなりますよ。

マンツーマンレッスンとグループレッスンの仕組みを知っている

英会話教室で上達する人は、マンツーマンレッスンとグループレッスンの特徴を上手に使い分けています。

英会話教室にもマンツーマンレッスンとグループレッスンがあります。それぞれ一長一短ですが、自分に合った方を選ぶ、自分に合うように組み合わせることができる人は、英会話教室を上手に利用できていると言えるでしょう。

基本的な判断基準としては、自分のペースで勉強がしたい場合にはマンツーマンレッスンを、周りと切磋琢磨したい場合はグループレッスンを選ぶと良いですよ。

馴れ合いを嫌う

英会話教室で上達する人は、周りに流されることなく自分のペースでコツコツ勉強をすることができます。

マンツーマンであれグループレッスンであれ、講師や周りの仲間と悪い意味で仲良くなってしまい、英会話力を上げるために通っているということを忘れてしまうことにもなりかねません。

もちろん、クラスメイトと交流することはモチベーションの維持にも繋がるので否定はできません。

しかし、あくまでも語学力のアップが目的ですので、必要以上に馴れ合わず、目的意識を持って通うことが、短期での実力向上につながると言えるでしょう。

英会話教室・スクールを活用して効率よく英語力を上達させる7つのコツ!
英会話教室を利用する上で、どのように利用すれば効率よく勉強することができるのか、そんな活用方法をご紹介していきます。英会話スクールは通うだけでは英語力が向上するわけではないので、うまく活用していける方法を覚えておきましょう。

 

英会話教室に通っても上達しない…考えられる原因3つ

英会話教室に通っても上達しないとお悩みの方は、下記の3つのことをしていませんか?

  1. 先生の言うことをすべて受け入れている
  2. 課題をこなすだけになっている
  3. 周りと比較している

ここでは、英会話教室に通っても上達しない方のための原因についてみていきます。

先生の言うことをすべて受け入れている

先生の言われた通りにやることは大切。

しかし、常に疑問を持ち、それをやることでどのような効果があるのかなどにつき、聞くべきことはしっかりと聞くという姿勢を持つことは更に大切です。

単に言われたことをこなすというだけでは、主体的に勉強ができているとは言えませんので、どうしても実力アップが期待できなくなってしまうでしょう。

課題をこなすだけになっている

英会話教室では課題が出る場合があると思いますが、課題を行うだけで満足をしてはいけません。課題は最低限必ずこなすもの、その何倍もの自主学習が必要であることを忘れないようにしましょう。

課題は講師が「誰もが最低限できるであろう量」を出しています。たくさん勉強することは決して悪ではありませんので、積極的にどんどん課題以上の学習をしていってください。

周りと比較している

英会話教室に通っても思うように上達しないと考えている方、周りと比較ばかりしていませんか?

特にグループレッスンでありがちなのが、必要以上に変わりと比較し、ネガティブになること。切磋琢磨できる仲間がいることはよいのですが、悲観的になってしまっては学習意欲の低下につながってしまいます。

理解のスピードは個々で異なりますので、自分は自分と考えて、自分のペースで進めていきましょう。

 

英会話教室に通っても上達しない…おすすめの解決法3つ

英会話教室に通っても上達しないとお悩みの方は、下記の3つの方法を試してみてください。

  1. 分からないことをはっきりと伝える
  2. ルーティーン化する
  3. 目標を明確にし先生と共有する

ここでは、英会話教室に通っても上達しない方のための解決法についてみていきます。

分からないことをはっきりと伝える

英会話教室に通う際は、分からないところははっきりと伝え「取りこぼし」や「やり残し」がないようにして、着実に勉強を進めていきましょう。

分からないことをそのままにして進めることは、基礎をおろそかにして応用ばかり取り組んでいることと同じとなってしまい、勉強時間をかけてもなかなか力がつきません。

ルーティーン化する

歯磨きをするように、息をするようになどと比喩が用いられることもありますが、勉強をすること、具体的な課題に取り組むことをルーティーン化してしまうことで、勉強をすること自体がかなり楽になります。

ルーティーンには英会話教室に通うことも含まれますが、1日や1週間の流れを決めて、その通りに過ごせるように工夫をしていきましょう。

目標を明確にし先生と共有する

英語は語学であり、継続的な勉強が非常に大切です。

自分1人ではモチベーションを保てなくなる恐れがありますので、目標を明確にし、講師と共有することで、続けられる仕組みを作りましょう。

英会話教室に通うとなると、曜日時間が決まりますのでコンスタントに講師からアドバイス・フィードバックを得ることができます。

りこ
りこ

講師と目標を共有することはモチベーション維持のコツですよ!

英会話教室で上達する人の特徴は能動的に取り組める人!

今回は英会話教室で上達する人の特徴と上達しない人の特徴などについてご紹介しました。

英会話教室に通うこと自体は目的ではなく、英会話力向上のための1つの手段です。

英会話教室に通うには時間も費用も掛かりますので、自分が通うに適しているのか、通うとして何を目的とするのかを明確にして、能動的に取り組んでいきましょう。

【27社比較】初心者におすすめな英会話教室ランキング
今年こそは英語を習得したい!そう意気込むも中々時間が作れない、学習に身が入らない。ということは学生、社会人の悩みの種です。 英語力が身に付くと仕事のキャリアアップ、海外旅行の楽しみの幅が広がったり、国際交流ができるようになったりと、パ...