英語の関係代名詞とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英会話をするとき、どうしても短い文ばかりを使ってしまいますよね。意味が伝われば良いとは言うものの、短い文ばかりだと子どもの作文みたいな印象を与えてしまうことも。

しかし、

これは私がイギリスに留学していたときに住んでいたアパートです。

なんて長い英文を表現するのは大変です。

そこで今回紹介するのは、英語の「関係代名詞」という用法。

関係代名詞は文と文と繋ぐ役割を果たすもので、先ほどの「これは私がイギリスに留学していたときに住んでいたアパートです」のような長い文章も簡単に表現することができます。

今回は元英会話講師の私が、関係代名詞の例文や勉強法についてまとめました。関係代名詞は英会話で役立つだけでなく資格試験にも頻出します。

この機会にスッキリ正しく理解しておきましょう!

本記事で分かること

・関係代名詞とは?
・関係代名詞の勉強法3つ
・関係代名詞の間違いやすいポイント
・関係代名詞に関するQ&A!

関係代名詞とは?

関係代名詞とは、2つの文を1つの文にするときに用いる用法。

関係代名詞の「関係」とは、「つなぐ」を意味し、接着剤のような役割をします。

りこ
りこ

ちなみに学校英語でも関係代名詞は学ぶことが多いため、中学・高校の何回かに分けて繰り返し学習します。

種類も複数あるため、しっかりと使い分けられるようにしておく必要があります。ここでは、関係代名詞の概要と例文についてまとめました。

関係代名詞の概要

関係代名詞は接着剤のような役割をすると言いましたが、具体的にどのように文と文を繋ぐのでしょうか。例文を通して考えてみましょう。例えば、

This is the house.(これは家です)

He lives in the house.(彼はその家に住んでいます)

という2つの文があるとします。

この2つの文を1つの文にする際に関係代名詞を使うと、

This is the house which he lives in.
(これは彼が住んでいる家です)

となります。

この場合のwhichを関係代名詞、the houseを先行詞と言います。

りこ
りこ

「彼が住んでいる」と言う関係代名詞whichからinまでが、先行詞であるthe houseを修飾する形になりますね。

今回は関係代名詞としてwhichを用いましたが、先行詞の性質や、関係代名詞に変えるものが後ろ文でどのような役割をしているかによって、使い分ける必要があります。

例えば先行詞が「人」の場合、後ろの文で主格ならばwho、所有格であればwhose、目的格であればwhomとなります。

先行詞が「人」の場合

後ろの文で主格ならばwho、所有格であればwhose、目的格であればwhom

先行詞が「人以外」の場合、後ろの文で主格ならばwhich、所有格であればwhose、目的格であればwhichとなります。

先行詞が「人以外」の場合

後ろの文で主格ならばwhich、所有格であればwhose、目的格であればwhich

りこ
りこ

また、所有格であるwhose以外のwho,whom,whichはthatに書き換えることもできます。その点でthatは広く使うことができる関係代名詞と言えますね。

「主格」「所有格」「目的格」については下記の表にまとめますので、参考にしてください。

主格 所有格 目的格
一人称 単数 I my me
複数 we our us
二人称 単数 you your you
複数
三人称 単数 he his him
she her her
it its it
複数 they their them

関係代名詞の例文

ここでは関係代名詞の例文をみていきましょう。それぞれの関係代名詞を太字にしましたので、主格との関係に注目して確認してみてください。

I met a woman who lives in front of his house.
(わたしはわたしの家の前に住んでいる女性に会った)

Do you know the woman who is playing the piano?
(ピアノを弾いているその女性をあなたは知っていますか?)

There are many people who work at a department store.
(デパートで働いている多くの人がいる)

The man whose name I couldn’t remember called me yesterday.
(わたしが名前をを思い出すことができなかったその男性が昨日わたしを呼んだ)

The woman whom Tom met yesterday is a teacher.
(トムが昨日会ったその女性は先生です)

He has three sons, who are doctors.
(彼には3人息子がいて、彼らは医者です)

What he said is true.
(彼が言ったことは正しい)

関係代名詞の勉強法3つ

関係代名詞のおすすめの勉強法は下記の3つ。

関係代名詞の勉強法

・関係代名詞の使い分けを覚える
・訳の練習をする
・自力で英文を書いてみる

ここでは、関係代名詞をマスターするための3つのステップをみていきましょう。

関係代名詞の使い分けを覚える

関係代名詞は先行詞の種類や格によって、使われる関係代名詞は異なります。先行詞については「人」か「人以外」かということで判別がしやすいですが、格については文型や品詞などの前提知識が要求されます。

りこ
りこ

少なくとも「I-my-me」などの表についてはすべて覚えているようにしましょう!

例えば

I have a neighborhood.
(私にはご近所さんがいる)

The neighborhood works for ABC company.
(そのご近所さんはABCカンパニーで働いている)

これらの文を関係代名詞で繋ぐ場合は、下記のように考えます。

  1. 先行詞は人?人以外?
  2. 今回の先行詞は「人」
  3. 先行詞は主語?目的語?所有?
  4. 今回は「主語」(そのご近所さん

今回は先行詞が主語の働きをしていますので、2つの文を繋げると

I have neighborhood who works for ABC company.

となります。まずはこのように、関係詞の使い分けに慣れましょう。

訳の練習をする

関係詞の使い分けに慣れたら、今度は英文翻訳に挑戦しましょう。たとえば、

Do you know the woman who is playing the piano?
(ピアノを練習している女性を知っていますか?)

は、先行詞がthe womanで、whoから文末のpianoまでが関係代名詞を含んだ修飾部分なので、比較的訳しやすいですが、一方で

The woman whom Tom met yesterday is a teacher.
(トムが昨日会った女性は教師だった)

ですと、先行詞「The woman」は目的格になりますが、目的格だと答えを出すのがなかなか難しいですよね。

りこ
りこ

この文章の場合

The woman is a teacher./ Tom met a woman.

が1つになっていますので「a woman」は目的語、つまり目的格であると分かります。

 

まずは、それぞれの関係代名詞を正しく選ぶことができるよう、問題集などを使ってトレーニングをしていきましょう。

自力で英文を書いてみる

関係代名詞の使い分け、訳ができるようになった際には、自力で英文を作ってみることをおすすめします。実際に英文を作ってみると、例文を見た際には感じなかったような疑問点も出てくるはずです。

英作文の方法としては、今まで解いた問題集の中から関係代名詞の文章を抜き取り、日本語でノートに書き写します。10個ほど集まったら、それを英語にしてみましょう。

日英翻訳をするのは、穴埋め問題や英語を日本語にする問題よりも、ずっと難しいと思います。答えを見ながらやすのではなく、できるだけ自力で解いてから答え合わせをするのがおすすめです。

 

関係代名詞の間違いやすいポイント

関係代名詞

  • who
  • which
  • that

は関係副詞

  • when
  • where
  • why
  • how

と間違えやすいので注意しましょう。どちらも「関係」がつきますが、文法的な働きとしては全く別物になります。例えば

This is the apartment (  )I recommend you.

という穴埋めがあったとき

先行詞は「apartment」で「場所」だから「where」を入れよう!

と考えてしまう人が多いです。

この問題の答えは「which」。「I recommend you」は「I recommend it to you」が本来の形であり、不完全だからです。

ズバリ結論から申し上げると、関係代名詞と関係副詞の見分け方は下記の通り。

関係代名詞と関係副詞の見分け方

<関係代名詞> 関係代名詞+不完全な文

<関係副詞> 関係副詞+完全な文

そのため今回は(  )の後ろが不完全なので関係代名詞を入れるのが正解です。また、先行詞が人以外で主語の働きをしていますので「which」を入れましょう。

関係代名詞と関係副詞の見分け方は、テストにもよく出ますのできちんと整理しておくことが大切です。

 

関係代名詞に関するQ&A!

ここでは関係代名詞に関するよくある質問に答えていきます。

質問 関係代名詞thatの使い方がわかりません

関係代名詞では先行詞が人の場合、後ろの文で

  • 主格ならばwho
  • 所有格であればwhose
  • 目的格であればwhom

となり、先行詞が人以外の場合、後ろの文で

  • 主格ならばwhich
  • 所有格であればwhose
  • 目的格であればwhich

となります。

そして、所有格であるwhose以外の「who,whom,whichはthat」に書き換えることもできます。

また、thatを使わなければならないケースがいくつかあります。たとえば先行詞にthe same,the onlyのような表現が来た場合。

This is the same bag that I saw at that shop yesterday.
これはわたしが昨日あの店で見たものと同じバッグだ

この場合は「that」を使わなければいけません。

りこ
りこ

ちなみに「Tom and his dog」のような先行詞が人と人以外の場合にもthatが使われます。

質問 制限用法、非制限用法がわかりません

関係代名詞には、制限用法と非制限用法というものが存在します。

He has three sons who are doctors.

は制限用法、

He has three sons, who are doctors.

は非制限用法となります。

りこ
りこ

「sons」の後ろに「,」があるかないかの違いですね。

前者は、先行詞がthree sonsで、whoからdoctorsまでがthree sonsを修飾(制限)しています。

後者は、コンマで区切られて、情報が付け加えられている形となっていますので、制限されているとは言えないため非制限用法と言います。

訳は、前者が「彼には3人息子がいて、彼らは医者です

後者が「彼には医者である3人の息子がいます

となります。

前者は彼には3人しか息子がいないことが確定するのに対し、後者は医者である3人の息子がいるにすぎず、他にも息子がいる可能性がある、という違いがあります。

質問 関係代名詞whatの慣用表現がわかりません

関係代名詞whatは、先行詞を含む関係代名詞という特徴があります。慣用表現が多いため、覚えていきましょう。

関係代名詞を使ったwhatを使った慣用句には

what I am(今のわたし)

what he has(彼の財産)

what you call(いわゆる)

A is to B what C is to D(AとB関係はCとDの関係に等しい)

what is more(さらに良いことには)

what is worse(さらに悪いことには)

などがあります。

 

関係代名詞をしっかり習得しよう!

今回は英語の関係代名詞について解説しました。

関係代名詞は英文法の中でも重要分野。まずは先行詞や格を理解し、基本的な関係代名詞を使い分けられるようにしていきましょう。