英語の仮定法過去とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

もし僕が君だったら、そんなことは言わないかな。

こんな風に表現したいとき、役に立つのが「仮定法過去」。仮定法過去とは仮定法の用法の一つで「現実ではないことを仮定して使われる表現」です。

「過去」という言葉が入っているので過去について表すのかと思ってしまうかもしれませんが、文法用語の「過去」とは「現実との距離=現実ではないこと」というニュアンスで捉えましょう。

つまり「仮定法過去」は過去の出来事を表すのではなく「もし〜だったら・・・なのにな」と「現実とは異なる事柄」を表す表現です。

今回はそんな仮定法過去について、概要や例文をまとめました。英語学習者の中でもとにかく苦手意識を持つ人が多い「仮定法過去」。この機会に整理して苦手意識を克服させましょう!

りこ
りこ

ちなみに冒頭の「もし僕が君だったら、そんなことは言わないかな」は「If I were you, I wouldn’t say such a thing」と言います。

本記事で分かること

・仮定法過去とは?
・仮定法過去の勉強法3つ
・仮定法過去の間違いやすいポイント
・仮定法過去に関するQ&A!

仮定法過去とは?

仮定法過去とは「現在の事実に反することを仮に想像する表現」です。訳は「もし仮に~だったら・・・」となります。

仮定法過去を理解するときに大切なのは

直説法と仮定法過去の違いを理解すること

です。

また、助動詞の過去形など他の文法項目の理解も要求されますので、この機会に復習をしていきましょう。

ここでは仮定法過去の概要と例文について解説します。

仮定法過去の概要

まずは、直説法と仮定法過去の違いを理解しましょう。たとえば、

If she has time, she will call me.
(彼女に時間があるかどうかはわからないが)
もし彼女に時間があれば、私に電話をくれるだろう

は直説法の例文で、

If she had time, she would call me.
(彼女には時間がなくて無理なのだが)
もし彼女に時間があれば、私を手伝ってくれただろう

は仮定法過去の例文となります。

彼女がわたしを手伝ってくれる可能性は

  • 直説法では50%
  • 仮定法過去では0%

です。仮定法過去は「もし~」と訳すので「もしかして〜かもしれない」と可能性があるように思えますよね。

しかし、英語の文法項目として勉強をする仮定法過去では、可能性が0%のものを想定しています。ここは間違えやすいので覚えておきましょう。

直接法と仮定法過去の違い

直接法=その事柄が起こる可能性が残されている

仮定法過去=反実仮想=事実に反することを仮に想像する

仮定法過去の例文

ここでは、仮定法過去に関する例文を7つご紹介します。仮定法過去を使うとどのようなことが表現できるか、みていきましょう。

If he studied English, he could get good marks.
(もし彼が英語を勉強すれば、よいスコアをとれるだろうに)

If I were you, I would not marry such a man.
(もしわたしがあなたならば、そんな男とは結婚しないだろうに)

If Tom knew my phone number, he would call me.
(もしがトムがわたしの電話番号を知っていれば、電話をしてくれるだろうに)

If I were rich, my life would be easier.
(もしわたしがお金持ちだったら、生活は楽だろうに)

If I had enough money, I would buy it.
(もし十分なお金があれば、それを買うだろうに)

Were it not for her help, I could not succeed it.
(彼女の助けがなければ、わたしはそれに成功できないだろうに)

A sensible man would not do such a thing.
(分別のある人ならばそんなことはしないだろうに)

 

仮定法過去の勉強法3つ

仮定法過去を身につけるには下記の3つのステップで学習していきましょう。

仮定法過去の勉強法

  1. 基本の形を覚える
  2. 仮定法特有の表現を覚える
  3. 自力で英作文を覚える

ここでは、仮定法過去をマスターするための具体的なステップをご紹介します。

1.基本の形を覚える

仮定法過去をマスターするには、まずは基本形をしっかりと覚える必要があります。仮定法過去は、

If 主語 動詞の過去形 , 主語 助動詞の過去形+動詞の原形

です。

りこ
りこ

たとえば、If he studied Math, he would get good marks.(もし彼が数学を勉強したら、高得点が取れたのに)などがありますね。

仮定法過去のポイントは助動詞の過去形。それぞれの意味に応じて使い分けましょう。

2.仮定法特有の表現を覚える

仮定法過去には、多様な表現が存在します。たとえば、

  • I wish〜(~ならばよいのに)
  • if only(~ならばよいのに)
  • as if 〜(まるで~かのように)
  • as though 〜(まるで~かのように)
  • it’s time 〜(もう~する時間だ)
  • if it were not for 〜(もし~がなければ)

などです。テキストに載っている例文を通して理解し、暗記していきましょう。

3.自力で英文を作ってみる

はじめは短い文で構いませんので、学んだ基本ルールを元に英文を作ってみましょう。

ポイントは「肯定文」「否定文」「疑問文」全てにおいて英作文に挑戦すること。例えば下記のように3タイプ全てで英作文をしてみるのもおすすめです。

もし宝くじが当たったらどうしよう
If I won a lottery, what would I do?

もし宝くじが当たらなかったらどうしよう
If I didn’t win a lottery, what would I do?

もし宝くじが当たったらどうしますか?
If you won a lottery, what would you do?

英作文をする中で、英会話で使えそうな表現があれば、書き写すなどして暗記してどんどん使っていきましょう!

りこ
りこ

If you won a lottery, what would you do?(もし宝くじが当たったらどうしますか?)などは英会話でも盛り上がりそうなトピックですね。

 

仮定法過去の間違いやすいポイント

仮定法過去で間違えやすいポイントはズバリ「訳し方」です。

仮定法過去は、現在の事実に反することを仮に想像する表現ですので、仮定法「過去」と言いながらも、訳は「現在」となります。

「仮定法過去」という言葉に引きずられて訳も過去形にしてしまうと、おかしなことになってしまうので気をつけましょう。

たとえば、

If I were you, I would not marry such a man.

は「もしわたしがあなたならば、そんな男とは結婚しないだろうに」となり、訳に過去形の要素はありません。間違えないように注意しましょう!

 

仮定法過去に関するQ&A!

ここでは仮定法過去に関するよくある質問に答えていきます。

「もし~がなければ」という表現がたくさんあってわかりません

仮定法過去においては「もし~がなければ」という表現が4つあります。それは下記の4つです。

  • if it were not for ,
  • but for
  • without
  • were it not for

全てその直後に名詞が来る点に注意しましょう。たとえば、

But for her help, I could not succeed it.
(彼女の助けがなければ、わたしはそれに成功できないだろうに)

など。目で見て覚えるだけでなく耳で聞いても分かるようにしておきましょう。

if節のない仮定法がよくわかりません

仮定法の文では基本的にIf節で条件(もし~ならば)が表されますが、If節がなくとも仮定の意味を表わす文が存在します。

助動詞の過去形に着目し、どの部分に仮定(もし~)が含まれているのかを考えて、正確に訳しましょう。

たとえば、

To hear him speak Chinese, you would take him for Chinese.
(もし彼が中国語を話すのを聞けば、あなたは彼が中国人だと思うだろう)

となります。この場合、To hear him speak Chineseという不定詞の部分に条件があることがわかります。

このように、仮定法過去だからと言って必ず「if」が入るとは限りません。仮定法過去は不定詞とセットになることもありますので、覚えておきましょう。

wouldとcouldの違いがよくわかりません

助動詞の過去形を使いますが、wouldとcouldの違いは微妙で分かりにくいところもあります。

基本的には、

  • wouldは推量
  • couldは推量+可能

というイメージです。例えば

If I missed the chance, I wouldn’t be here.
(もしチャンスを逃していたら、私はここにいないだろう)

If I missed the chance, I couldn’t be here.
(もしチャンスを逃していたら、私はここにいることができないだろう)

という違いがあります。

りこ
りこ

「could」には推量に加えて可能性を示す意味もありますので、忘れないようにしてくださいね!

仮定法過去をしっかり習得しよう!

今回は英語の仮定法過去について解説しました。仮定法過去をマスターするには、直説法との違いを押さえることが大切です。

仮定法過去は仮定法過去特有の慣用表現や言い回しもありますので、暗記することもたくさんあります。

つまずいてしまう人も多いですが、ルールを頭に入れたらひたすら問題を解いて理解できるまでの時間を少しずつ短くしていきましょう!

そうすることで、だんだん仮定法過去が使いこなせるようになりますよ。

下記の記事では仮定法過去完了について解説していますので、興味のある方は参考にしてください。

英語の仮定法過去完了とは?例文&間違えやすいポイントも
「〜だったら…だったのに」と英語で言いたい時、ありますよね?そんな時は仮定法過去完了を使いましょう。仮定法過去完了は構文が複雑で多くの人がつまずいてしまう英文法の項目の一つです。本記事では、仮定法過去完了の使い方や勉強法についてまとめました。
りこ
りこ

下記の記事では仮定法過去以外に、仮定法完了などについてもまとめています!

英語の仮定法とは?例文&間違えやすいポイントも
「もしお金があったら海外旅行保険に行くのにな〜」なんて英会話で言いたい時ありますよね。今回ご紹介するのは英語の仮定法。仮定法は形が難しいですが、覚えてしまえば非常に重宝する英語表現です。仮定法を理解して、テスト対策や英会話対策をしていきましょう!