英語の仮定法過去完了とは?例文&間違えやすいポイントも

英文法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

アルバイトの面接で、転職活動の面接で「ああ、あの時もっと時間があれば意見が言えたのに…」と後悔した経験はありませんか?

過去の出来事に対し

あの時〜していたら、・・・だっただろうに

と振り返ったり想像したりする表現を英文法では「仮定法過去完了」と言います。

仮定法過去完了は過去の出来事を仮定したときの表現のため、現実とは異なるのが特徴。「ああ、あの時もっと時間があれば意見が言えたのに…」という表現は英語で

If I had more time, I would have given my opinion actively.

となりますが「実際には意見を言うことができなかった」という表現になりますね。

今回ご紹介するのは、英語の仮定法過去完了です。例文や間違えやすいポイントと一緒に、一つずつ仮定法過去完了について理解していきましょう。

本記事で分かること

・英語の仮定法過去完了とは?
・仮定法過去完了の勉強法3つ
・仮定法過去完了の間違いやすいポイント
・仮定法過去完了に関するQ&A!

英語の仮定法過去完了とは?

英語の仮定法過去完了とは、過去の事実に反することを仮に想像する表現。「もしあのとき~だったならば、あのとき…だっただろうに。」という表現になります。

仮定法過去完了を正しく理解するには、直説法という考え方や仮定法過去と対比させて理解をする必要があります。

直接法とは

もし明日風が強ければ…

など、可能性が五分五分の内容に対して用いる表現法のこと。(「直接法」という言葉からは、ちょっと意味が捉えにくいですが…)

If they have time, they will help us.
(彼らに時間があるかどうかはわからないが)もし時間があれば手伝ってくれるだろう

は直説法の例文。手伝ってくれる可能性は五分五分ということですね。中学校や高校において学習するほとんどの英文法は直説法です。

一方、

もし私が鳥だったら…

のような事実に反する可能性が実質0%の表現を「仮定法」と言います。

If they had time, they would help us.
(彼らには時間がなくて無理なのだが)もし彼らに時間があれば手伝ってくれるだろうに

上記は「実際は時間がなく彼らが手伝ってくれる可能性は0%」という仮定法の例文です。

直接法と仮定法の違い

直接法→それが起きる可能性は五分五分

仮定法→それが起きる可能性は0%

直接法と仮定法の違いを比べてみても、仮定法は他の英文法項目とは、全く別物の特徴を持っていると考えることができるでしょう。

さて、直接法と仮定法の違いについて理解できたところで、仮定法過去完了の概要とその例文をご紹介していきます。

仮定法過去完了の概要

仮定法過去完了は

If+主語+had+動詞の過去分詞形, 主語+would’ve/could’ve/might’ve+動詞の過去分詞形

で表現されます。

仮定法過去完了で表されるのは「もしあのとき時間があれば、ケーキ店を見て回ったのに」(If I had time, I would have hopped around the cake shops)など、現実とは異なる(実際は時間がなかった)という現実です。

ポイントは「助動詞+have+過去分詞形」という独特の形。助動詞は「would/could/might」のように過去形になっていますが、過去形というニュアンスよりも「事実とは異なるニュアンス」を表しています。

りこ
りこ

仮定法過去完了は仮定法の用法の一つ。仮定法にはもう一つ「仮定法過去」という用法があります。仮定法過去については下記の2つの記事で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

英語の仮定法過去とは?例文&間違えやすいポイントも
仮定法過去は英文法の中でも難易度が高い分野。「過去」という言葉が入っていますが、文章自体に過去形の要素はありません。今回は元英会話講師の私が、英語の仮定法過去についてまとめました。例文や間違えやすいポイントについても解説していきますので、ぜひご覧ください!
英語の仮定法とは?例文&間違えやすいポイントも
「もしお金があったら海外旅行保険に行くのにな〜」なんて英会話で言いたい時ありますよね。今回ご紹介するのは英語の仮定法。仮定法は形が難しいですが、覚えてしまえば非常に重宝する英語表現です。仮定法を理解して、テスト対策や英会話対策をしていきましょう!

仮定法過去完了の例文

ここでは仮定法過去完了の例文を7つご紹介します。ぜひ目で追うだけでなく声に出して読んでみてくださいね。

If you had got up early, you wouldn’t have been late.
(もしもっと早くに起きていたら、あなたは遅れずに済んだだろうに)

He would have gone there if he had been asked.
(もし彼に尋ねられていれば、そこに行っていただろうに)

Had he come earlier, it would have been more fun.
(もし彼がもっと早くに来ていたら、もっと楽しかっただろうに)

I would’ve kept that day open if Mary had told me.
(もしメアリーがわたしに言っていたならば、わたしはその日を空けていただろうに)

If it had not been for raining, Tom could have gone there.
(もし雨が降っていなければ、トムは家まで歩けたのに)

But for her help, I could not have put up with the situation.
(彼の助けがなければ、わたしはその状況に我慢できなかっただろうに)

I wish I could have flown in the sky.
(空を飛ぶことができたらなあ)

仮定法過去完了の勉強法3つ

今回ご紹介する仮定法過去完了の勉強法は3つ。

仮定法過去完了の勉強法

・仮定法過去完了の基本形を理解して覚える
・仮定法特有の表現を覚える
・問題を多く解く

仮定法過去完了の基本形を理解して覚える

仮定法過去完了をマスターするには、まずは基本形を理解して覚えましょう。

仮定法過去完了過去は

If+主語+had+動詞の過去分詞形, 主語+would’ve/could’ve/might’ve+動詞の過去分詞形

です。

りこ
りこ

たとえば、If I had been asked, I would have gone there.(もし頼まれたら、そこに行ったのに)などがありますね。

仮定法過去完了の形に慣れるには、下記の例文を参考書やネットから引っ張り出してまとめてみましょう。

  • wouldを使った仮定法過去完了
  • couldを使った仮定法過去完了
  • mightを使った仮定法過去完了

また、おすすめなのがGoogle翻訳を使う方法。「〜なら…なのに」という日本語を入力し、Googleに翻訳してもらいましょう。

このように、さまざまな方法で仮定法過去完了の例文を集めて、まずは基本形に慣れていくことが大切です。

仮定法特有の表現を覚える

仮定法過去完了の基本形が身についたら、次は仮定法特有の表現を覚えましょう。

仮定法過去完了には特有の表現が数多く存在します。たとえば、

  • I wish〜(~ならばよかったのに)
  • as if 〜(まるで~であったかのように)
  • if only 〜!(~ならばよかったのに)

などです。

これらの表現は仮定法過去完了だけでなく、仮定法過去にも登場します。資格試験などでもその知識を問う問題が出されますので、しっかり覚えておきましょう。

問題を多く解く

基本的な知識を頭に入れ、仮定法過去完了特有の表現を覚えたら、あとは問題をたくさん解きましょう。

受験を控えている方は受験英語用の問題集でもOKですし、社会人の方はネットから仮定法過去完了用の問題データを入手してもOK。

注意点としては、穴埋め問題から英作文問題まで幅広いタイプの問題に挑戦するようにしましょう。

穴埋め問題をひたすら解いていても、その場では点数が取れるかも知れませんが、英会話で使うことができません。

また、問題を解いたら問題集の中にある仮定法過去完了の英文を声に出して読みましょう。問題は解けたが発音が分からない単語があった…などさらなるステップアップのポイントを見つけることができます。

 

仮定法過去完了の間違いやすいポイント

仮定法過去完了過去完了の基本形は、

If+主語+had+動詞の過去分詞形, 主語+would’ve/could’ve/might’ve+動詞の過去分詞形

ですので、過去分詞形を覚えておく必要があります。

過去分詞形は規則的な変化だけでなく

draw-drew-drawn
set-set-set

のように不規則に変化するものも存在しますので、しっかりと覚えていきましょう。

 

仮定法過去完了に関するQ&A!

ここでは仮定法過去完了に関するよくある質問に答えていきます。

質問 仮定法過去と仮定法過去完了の併用形があると聞きました…

はい。実は仮定法過去と仮定法過去完了が併用されている文章も存在します。

りこ
りこ

仮定法過去は、If 主語 動詞の過去形 , 主語 助動詞の過去形+動詞の原形で、仮定法過去完了は、If 主語 過去完了形 , 主語 助動詞の過去形+have+過去分詞形でしたね。

これが併用されると

If 主語 過去完了形 , 主語 助動詞の過去形+動詞の原形

となります。訳は「もしあのとき~だったら、いま~だろうに」です。

たとえば、

If he had told my advice then, he could do that now.
もしあの時彼がわたしのアドバイスを聞いていたならば、いまそれができるだろうに

は、仮定法過去と仮定法過去完了が併用された形ですね。

仮定法過去と仮定法過去完了が併用された文章の場合、If節に過去の時点を表す

  • then(あの時)
  • yesterday(昨日)
  • last year(昨年)

など、主節に現在の時点を表すnow(いま)が置かれますので、注意をしてください。

質問 if節のない仮定法もあるのですか?

「仮定法」と聞くと「if〜」の形のイメージが強いかもしれませんが、if節のない仮定法もあります。

たとえば、

A sensible man would not have said so.
(もし)分別のある人だったならばそんなことは言わなかっただろうに

の場合、主語である「A sensible man」に「もし〜」のニュアンスが含まれています。この英文には「if」が含まれていませんが、こちらも立派な仮定法の文章です。

質問 I wish〜を使った仮定法過去完了の表現について教えてください

「I wish〜」の後ろに仮定法過去完了をつけると「〜だったら良かったのに」という過去のことを回想して述べる願望を表す文章になります。例えば

I wish I had gone there with her.
(彼女と一緒にそこへ行っていれば良かったのに)

I wish you had picked the other one.
(他のものを選べば良かったのに)

などがあります。ポイントは「現実はその願望とは違っている」ということ。

りこ
りこ

仮定法の表現は直接法とは異なり、可能性が0%の事象を表す用法でしたね。

また、I wish〜は仮定法過去完了だけでなく、仮定法過去でも使うことができます。仮定法過去の場合、視点は過去ではありませんので

I wish I were easygoing.
(自分がもっと呑気なタイプだったらな)

というように、現在に視点を当てた表現になります。

仮定法過去完了をしっかり習得しよう!

今回は英語の仮定法過去完了について解説しました。仮定法過去完了を勉強する際には、直説法との違いについて理解し、構文に慣れることが大切です。

仮定法過去完了は構文が複雑なため、テスト問題にもよく出題されます。問題が解けるだけでなく英会話で仮定法過去完了を使いこなせるようになれば、立派な上級者だと言えるでしょう。

ぜひ本記事を参考に、仮定法過去完了について理解を深めてくださいね。