英語リスニングの勉強法!高校受験対策にもなる方法とは?

リスニング
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

高校受験を控えている中学生のみなさん。突然ですが英語学習において一番苦手なスキルはなんですか?恐らく多くの方が「リスニング」と答えるのではないでしょうか。

そこで今回は高校受験対策のためのリスニング勉強法をご紹介します。おすすめの教材も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

高校受験対策のためのリスニング勉強法

高校受験対策のためのリスニング勉強法は以下の3つ。

  • 習った英単語を徹底的に覚える
  • 問題を繰り返し解いて出題パターンを把握
  • シャドーイングをして耳を慣らす

ここでは中学生のためのリスニング勉強法について解説していきます。

習った英単語を徹底的に覚える

リスニング力を鍛えるためには、中学校で習った単語を徹底的に覚えるようにしましょう。高校受験で出題されるのは学校英語で習った英単語です。

言い換えれば学校英語で習った英単語をきちんと覚えていれば、高校受験で少なくとも意味の分からない単語に出会うことはないということです。また、単語力をつけることは、定期テストなどで点数を取ることにもつながります。

定期テストごとにきちんと単語を覚えておけば、高校受験でも大きく役に立つでしょう。

英語のスピーキング力を伸ばすコツは英単語にあった?効率的な暗記方法も紹介
英単語力は英語力を左右すると言っても過言ではありません。では、効率的に英単語を覚えるにはどのような勉強法が最適なのでしょうか。本記事では、元英会話講師の私がスピーキング力の向上にも繋がる英単語学習法について解説していきます。

問題を繰り返し解いて出題パターンを把握

リスニング力を鍛えるためには、問題を繰り返し解いて出題パターンを把握しましょう。問題の出題形式を把握することで、解法のテクニックを身につけることができるからです。

例えば高校受験のリスニング問題は、単語の意味を問うもの、大事な部分(数字や時間など)が聞き取れているかを問うものなど、ある程度パターン化されています。

これらのパターンを問題を解くことで攻略しておけば、ほとんどの問題に対応できるということですね。

シャドーイングをして耳を慣らす

リスニング力を鍛えるためには、シャドーイングをして耳を英語に慣らしましょう。シャドーイングとは英語の音声を聞き、ワンテンポ遅れて聞こえてきた英語を繰り返すトレーニング法です。

シャドーイングは何も見ずに行っても構いませんし、英語のスクリプトを見ながら行っても構いません。シャドーイングをこなすには、すべての単語の発音が分かり、音声の英語のスピードについていく必要があります。

かなり負荷のかかるトレーニング。しかし、何回も繰り返すと耳を英語に慣らすことができるだけでなく、スクリプトを見ながら行えば速読力をつけることもできます。

シャドーイングの正しいやり方!スピーキング力を伸ばす&他にも嬉しい意外な効果とは?
シャドーイングの正しいやり方を知っていますか?本記事では元英会話講師の私が、シャドーイングの方法やシャドーイングにより得られる効果についてご紹介します。シャドーイングを行ってはいけない学習段階についても解説しますので参考にしてください。

 

高校受験対策におすすめのリスニング教材

高校受験対策におすすめのリスニング教材は以下の5つです。

  • CDBフォニックス
  • Z会 リスニング徹底演習 基礎編
  • Z会 リスニング徹底演習 応用編
  • ゼロからスタートリスニング
  • ゼロからスタートリスニング

それではそれぞれの教材の詳細をみていきましょう。

CDBフォニックス

CDBフォニックス」は、英語の綴りと音を一致させるトレーニングである「フォニックス」を学ぶことができる一冊です。大人向けの本ですが、楽しく学べるように作られていますので中学生でも活用することができます。

フォニックスのルールを学ぶことで英単語の綴りと音をうまくリンクさせることができますので、リスニング対策にも最適。「リスニング対策をしたいけれど何から始めたら良いのか分からない」という方にもおすすめです。

Z会 リスニング徹底演習 基礎編

リスニング徹底演習 基礎編」は、通信教育事業を行うZ会が出版しているリスニング演習のための教材です。こちらの基礎編はイラストが多く盛り込まれており、視覚的にリスニング対策ができる内容となっています。

初心者の方でも段階的にリスニング力を鍛えることのできるように工夫されていますので、英語の苦手な中学1年生や中学2年生におすすめです。

Z会 リスニング徹底演習 応用編

リスニング徹底演習 応用編」は「リスニング徹底演習 基礎編」に続くZ会によるリスニング教材。応用編では英文の長さが基礎編よりも長くなっており、高校受験前の追い込みにも最適です。

1日1題取り組むと22日で終わるように作られていますので、数回繰り返して問題を解くとさらに効果的でしょう。

ゼロからスタートリスニング

ゼロからスタートリスニング」は、初心者のためのリスニング教材。11の段階を踏んで英語の音を聞き取れるようにするトレーニングが収録されており、ゼロからリスニング力をつけたい方にもおすすめです。

ポイントを絞って解説されており、イラストも豊富なので気軽に取り組むことができるでしょう。

くもんの中学英語リスニング―中学1~3年 スーパーステップ

くもんの中学英語リスニング」は、くもん出版によるリスニングの問題集です。基礎から応用まで58ステップで学ぶことができますので、リスニングの総まとめとして活用するのも良いでしょう。

問題の形式がテストと同じ形式になっていますので、テスト前の実践練習としても使うことができます。英語の発音もクリアで綺麗ですので、中学1年生からでも取り組めますよ。

 

高校受験なのに!中学生はどうしてリスニングが苦手?

中学生がリスニングに苦手意識を持ってしまう理由は以下の3つ。

  • 発音学習が重視されていない
  • 単語力が不足している
  • 英語の音を認識できていない

ここでは「中学生はどうしてリスニングに苦手意識を持ってしまうのか」というテーマで解説してきます。

発音学習が重視されていない

リスニングに苦手意識を感じてしまう1つ目の理由は、中学英語において発音学習が重視されていないことです。中学英語は読み書きが中心で、テストに関しても知識を覚えているかどうかを問う問題が多いため、発音学習が疎かになりがち。

発音が分からなければ英語を耳で理解することはできません。聞き取ることができないとリスニングがつまらなくなり勉強しない、という悪循環に陥ってしまうのです。

単語力が不足している

リスニングに苦手意識を感じてしまう2つ目の理由は、単語力が不足していることです。単語力が不足していると聞こえてきた英語を理解することができません。

例えば「apple」と聞いて「アップル」と言っていると聞き取ったとしても、アップルが何のことだか分からなければ、音声を理解することはできませんよね。単語力とリスニング力は一見関係がないように思えますが、実は深い関係があるのです。

英語の音を認識できていない

リスニングに苦手意識を感じてしまう3つ目の理由は、英語の音を認識できていないということです。例えば英語が聞こえてきたとしてもそれを雑音としか捉えられなければ、意味を理解することができません。

人間はまず音声として英語を聞き取り、次に脳の中でその音と意味を結びつけます。言い換えれば英語の意味が分かっていたとしても音として聞き取ることができなければ、英語を理解することができないのです。

英語の音を認識することは、リスニングで点を取るために必須。シャドーイングや音読などの練習を行い、英語の音を認識できるようにする必要があります。

英語のリスニングにおすすめのYouTube動画は?どんな勉強法がおすすめ?
YouTube上のコンテンツを使ってリスニング力を鍛えることができたら良いと思いませんか?本記事では、リスニング力を鍛えることのできるYouTubeチャンネルについて紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

 

高校受験のリスニングはしっかり対策すれば怖くない!

今回は高校受験対策のためのリスニング勉強法などについてご紹介しました。

高校受験で点数を取るためには、まずは単語の知識をつける、それから耳を英語に慣らすことが大切です。ぜひ本記事を参考に効率的にリスニング力を鍛えてみてくださいね。