日常会話習得のための英会話の勉強法!〇〇時間はかかる!

英会話
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

日常英会話の効率的な勉強法が知りたいです。実際に英会話を勉強した人の意見も聞きたいのですが・・・

本記事では、このような疑問を持っている方に向けて書いていきます。

英会話の勉強法は本屋にもネット上にも溢れていますが、一体どの勉強法が良いのでしょうか?日常会話を習得するのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

そこで今回は実際に英会話の独学を経験し、英会話講師として働いたことのある筆者が、英会話の勉強法についてご紹介します。

この記事で分かること

・日常英会話の勉強法
・初心者がやってはいけない勉強法
・モチベーションの保ち方

 

日常英会話の勉強法

ここでは

  • リスニングの勉強法
  • スピーキングの勉強法
  • ボキャブラリーの勉強法

についてご紹介します。

リスニングの勉強法

英語のライティングはできても、リスニングが苦手という方も多いのではないでしょうか?

リスニングを勉強する際は、まず自分が聴き取ることが困難な部分を明確化し、英単語や文法を確認しましょう。

リスニングの力を養うには英単語とその意味を理解しておくことが大切です。

また、正しい発音によって意味をイメージすることで英語があなたの頭の中に映像で現れるようになると、日本語に訳すことなく英語を英語で理解できるようになります。

例えば

I ate pasta yesterday with my family.
(私は昨日家族とパスタを食べた)

という英文を音声で聞いた時に「私は昨日家族とパスタを食べた」と理解するのではなく「私は」「食べた」「パスタを」「昨日」「家族と」と理解できるのが理想です。

リスニングを頭の中で整理し、理解できるようになったら、多くの問題をこなしていきましょう。

これができるようになると、日本語に訳す時間が無くなりますので確実に英語を理解できるだけでなく、理解のススピードも速くなります。

大学受験対策に!英語リスニングの勉強法を解説します
大学受験対策でリスニング力を鍛えるには、どのような勉強法を実践したら良いのでしょうか。本記事では大学受験対策のためのリスニング勉強法をご紹介します。大学受験後の英語力を見据えた勉強のコツについても解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

スピーキングの勉強法

スピーキングの基本は、正しい発音。いくら英文が正しくても発音が正しくなければ英語は通じないからです。

また使えるフレーズを覚えるだけではなく、自分の力で文章を作ってみる練習を重ねてみるのもおすすめ。

フレーズを増やす方法はさまざまですが、特におすすめなのが洋画を日本語字幕で観ることです。日常会話で実際に使われているフレーズに触れることができるため、表現力を養いたい人にも最適。

フレーズを覚えるときのポイントは、文章の構造を理解しながら覚えていくことです。そうすることで、ただ丸暗記するのではなく、単語を入れ替えて柔軟に使いこなすことができます。

一定数フレーズや単語の知識をインプットしたら(目安としては単語3000語、基本的なことを英語で言えるレベル)アウトプットの練習も行いましょう。

アウトプットの場では必ず「〜と言いたかったけれど、言えなかった」と思う場面が出てきますので、常にインプット→アウトプット→インプット→アウトプットを繰り返すことでスピーキング力をつけることができます。

シャドーイングの正しいやり方!スピーキング力を伸ばす&他にも嬉しい意外な効果とは?
シャドーイングの正しいやり方を知っていますか?本記事では元英会話講師の私が、シャドーイングの方法やシャドーイングにより得られる効果についてご紹介します。シャドーイングを行ってはいけない学習段階についても解説しますので参考にしてください。

単語の勉強法

英単語がなかなか覚えられないと感じる方は多いのではないでしょうか?

結論から申し上げると、脳科学的に最も効率が良いのは「6〜7回繰り返し勉強を行うこと」です。

人間の脳は、一度覚えたことの7割を次の日には忘れてしまいます。6回〜7回繰り返すことで、忘れていく単語の割合を少なくするというイメージですね。

勉強法はシンプルで、音声CD付きになった単語帳を準備し、まずはCD音声を聞いてみ流だけでOK。CDから流れる英単語の発音を聞き、実際に声に出して発音してみましょう。

ポイントは、自分の発する声の発音とCDから聞いた発音が同じになるよう何度もトレーニングを繰り返すこと。このトレーニング6〜7回間繰り返すことで記憶の質が高まり、ボキャブラリーが定着していくことになります。

英語のスピーキング力を伸ばすコツは英単語にあった?効率的な暗記方法も紹介
英単語力は英語力を左右すると言っても過言ではありません。では、効率的に英単語を覚えるにはどのような勉強法が最適なのでしょうか。本記事では、元英会話講師の私がスピーキング力の向上にも繋がる英単語学習法について解説していきます。

 

初心者がやってはいけない日常会話勉強法

日常英会話を勉強するとき、下記の勉強法は行なってはいけません。

  • 突然英会話スクールに行く
  • 突然海外留学をする
  • 意味の分からない英語を聞き流す

ここでは初心者がやってはいけない日常会話勉強法をご紹介します。

突然英会話スクールに行く

英語を習得したいと思っている初心者の方がやりがちな勉強法のひとつに、突然英会話スクールへ行くということが挙げられます。

しかし、初心者の方が突然英会話スクールに通うのはあまりおすすめできません。知識がない状態でアウトプットをしようとしても、効率的に英会話力を伸ばすことはできないからです。

例えば、日本語のボキャブラリーが少ない5歳児が国際問題について語ることはできないですよね。

英語がまだ初心者という方は、まずは最低限の知識をインプットしましょう。目安としては3000語の単語と、基本的なことが言える英会話力が必要です。

知識がない状態で英会話スクールに通ってしまうと、時間とお金が無駄になってしまう可能性もありますので、十分注意しましょう。

突然海外留学する

初心者の方が突然海外留学をするのもおすすめできません。確かに、日本語が通じない英語圏の生活環境下にいた場合、すぐに英語が話せるようになるイメージがありますが、物が入っていない引き出しから、物を出すことはできないからです。

知識がない状態で海外留学をしてしまうと、海外旅行を楽しんだというだけで日本に帰国することにもなりかねません。

海外留学は基礎的な英語学力があるからこそ身になるものであり、そうでない場合は時間もお金も無駄にしてしまう勉強法のひとつとなってしまうため注意してください。

意味の分からない意味の英語を聞き流す

英語力を高め、実践的に活かしたいと感じる初心者の方が行う勉強法に、英語を聞き流すだけの勉強法があります。

しかし、意味の分からない英文を聞き流しても効率的に英語力を上げることができません。例えばアフリカの少数民族の言葉をいくら聞いても、その言語を話すことはできないですよね。

英単語の意味や文法の知識がないまま英語を聞いたとしても、初心者にとっては単なる雑音として捉えられてしまいます。

初心者の方はまずは英語を聞き流すのではなく、英語を理解するための知識をつけましょう。

一方で、ある程度の知識がある中上級者の方は、一定量の英語を聞き流すことで英語を耳で理解する力を養うことができます。

 

日常英会話習得にかかる時間は〇〇時間

では、日常英会話を取得するには何時間ほど勉強したら良いのでしょうか?

結論から申し上げると、日本人が日常英会話を習得するには2000時間だと言われています。

それでは詳しくみていきましょう。

日常英会話の習得には2000時間かかる

日本人英語学習者が英会話を習得するためには2000時間かかると言われています。

今は小学校の授業で英語学習がスタートしています。小・中・高でだいたい1000時間〜1200時間英語を学習しますので、残り800時間〜1000時間学習することで理論上は英会話が習得できるということになりますね。

しかし、学校英語が全て完璧に身についている人は一般的におらず、1000時間以上の学習が必要な場合もあるでしょう。

ちなみに、通訳レベルになるには10000時間の勉強時間が必要だと言われています。

効率的な順番はインプット→アウトプット

では、英語の学習時間を少しでも少なくするにはどうしたら良いのでしょうか。

日常英会話をよりスムーズに習得するためには、英語の知識をたくさんインプットすることから始めてみましょう。

実際、英語の初心者の方は、英会話をこなすのに十分な語彙的知識や文法知識がありません。初心者の方は、まずは英語の基本学習を固めることから始めてみましょう。

しっかりとインプットすることができたら、次は英語の意味や知識をアウトプットする練習を行います。

アウトプットは会話形式で行うため、できるだけはっきりと自分の声で英語を発音し、感情を込めて行うとより効果を発揮。

インプット量とアウトプット量の割合としては、インプット6割、アウトプット4割。言い換えればインプットしたけれど英会話で使えない語彙が2割ほどあってもOK、逆に言えば2割以上は必ず英会話で使えるようになりましょう。

 

日常英会話学習のモチベーションはどうやって保つ?

日常英会話を行う際、モチベーションを保つ方法は3つ。

  • 短時間で目標を設定する
  • 試験を定期的に受ける
  • 目標とする人を決める

ここでは、モチベーションの保ち方についてみていきましょう。

短期間で目標を設定する

日常英会話学習を継続させ、モチベーションを保つ方法ためには、短期間で目標設定を行いましょう。これは、何も高い目標を持たなければならないということではありません。

英語に関する小さな目標を立て、確実にクリアしながらあなたが設定した高い目標へと近付けることが目的。そのため、自分がいったいどの場所まで辿り着きたいかそのゴールをイメージすることが大切です。

1日30分シャドーイングをする!

というような小さな目標であっても、10日続ければ300分、6時間もの積み重ねになります。

目標をイメージすることで自分がどのくらいの努力を行わなければならないか、また、今あなた自身に不足しているものを把握し、それについての努力を短期間で行うことがおすすめ。

大切なのは目標の大きさではなく、小さな目標をどれだけ積み重ねることができるか、ということです。

試験を定期的に受ける

日常英会話学習のモチベーションを保つため、常にモチベーションを良い状態に保つためにも、定期的に資格試験に挑戦してみましょう。

例えば「TOEIC L&R」を受けるのも良いですし「IELTSや」「TOEFL」も英語力をキープするのに大きく役立ちます。1級から5級まで合否の評価試験となる「実用英語技能検定」を受けるのも良いでしょう。

目標とする人を決める

日常英会話学習のモチベーションを維持していくためには、目標とする人を定めると良いでしょう。

例えば、それが外国人の友人だとすれば、その友人とスムーズな英会話をしてみたいと思うはずです。そのためにも、あなた自身が今、一番英語を楽しむ方法を考えてみてください。

目標とする人が見つからない!

という方は、実際に外国人と密に英会話を楽しめる場所となる英会話カフェやバー、ゲストハウスを訪れてみましょう。

目標とする人が決まったら、よく観察してどうしたら少しでも近づけるのか、常に分析するようにすると効果的です。

 

日常英会話はコツコツ勉強して習得しよう!

今回は日常英会話の勉強法についてご紹介しました。

ぜひ本記事でご紹介した英会話の勉強法を参考に、自身の英語の勉強に対するモチベーションを高く保ち、英会話力をしっかりと磨き上げてみてくださいね。