初心者の英語勉強法!おすすめテキストやサイトも紹介

英語の勉強方法
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

英語を習得するって大変ですよね。特に初心者の方は苦手意識があり、どこから手をつけたら良いのか分からないのではないでしょうか。

英語を勉強したいと考えている初心者の方は、下記のような悩みをお持ちかも知れません。

仕事があるので、なるべく効率的に英語学習をしたいのです。初心者が英語学習を行う際のポイントを教えてください。

教材って種類が多くてどれを選んだら良いのか分かりません。以前レベルに合わない教材を選んでしまい、時間とお金が無駄になってしまいました…

実はこのような悩みを持つのは勉強の手順や流れを理解できていないことが原因です。

結論から申し上げると初心者の方でも効率よく勉強を進めることのできる方法が存在します。

そこで今回は元英会話講師の私が、英語を勉強したいと考えている初心者の方に向けて勉強方法をご紹介します。

初心者の方におすすめの教材や効率的な暗記方法についてもご紹介していきますので、ぜひ本記事を参考に学習生産性を上げていきましょう。

本記事で分かること

・【スキル別】初心者の英語勉強法
・【コンテンツ別】初心者の英語学習おすすめ教材
・初心者におすすめの単語暗記法

【スキル別】初心者の英語勉強法

初心者が効率的に学習するには以下の3つのポイントに気をつけましょう。

  • 基礎から固めることが大切!
  • 英語4技能を理解する
  • 上級者の勉強法を真似しない

また、効率的に成果を出していくにはスキル別の効率的な学習法を知っておくことが大切です。ここでは、初心者の英語勉強法をスキル別にご紹介します。

初心者のスピーキング勉強法

スピーキング力の養成には、シャドーイングやディクテーションが挙げられますが、時間がかかったり、挫折をしてしまう恐れもあるため、初心者には必ずしもおすすめではありません。

シャドーイング : 英語音声を聞いてすぐ後に続いてリピートする練習法

ディクテーション : 英語音声を聞いて英文を書き取る練習法

まずは使える表現を覚えること、具体的にはスピーキングをする際によく使う表現を暗記してしまうことをおすすめします。

勉強ではインプットとアウトプットの両面が必要。基本的な表現を覚え使うことで、さらに自信がつき、インプットを進めるモチベーションにもなりますよね。

基本例文を集めたようなテキストもありますので、集中して短期間で覚えていきましょう。

スピーキング力を鍛えるためのおすすめ教材は下記の記事でまとめています。

英語のスピーキング力が伸ばせる本7選!レベル別に紹介!
英語のスピーキング本をお探しですか?本記事では元英会話講師の私が、スピーキング力が効率的に鍛えられるおすすめスピーキング本をご紹介しています。スピーキング本を選ぶポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

レベルアップのために、定期的にスピーキングテストを受けてみるのも良いでしょう。

無料で受けられる英語のスピーキングテスト7選!得られる効果も!
英語のテストを定期的に受けることは、現在の実力を測るという意味で非常に大切です。実はWeb上で無料で受けられるスピーキングテストがあるのをご存知ですか?本記事では無料で受けられるスピーキングテストを7つご紹介します。

初心者のリスニング勉強法

初心者の方は単語力をつけることでリスニング力を上げていきましょう。単語力とリスニング力は比例します。人間は意味が分かるものしか聞き取れないからです。

また、リスニング問題を解く時のコツとしては、まずは文頭の1語を聞き取ることを目標としてください。

例えば5W1Hという「誰」や「どこ」といった、答えるうえで必要な情報は基本的には文頭に来ます。

5W1H

  • Who(だれが)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • What(なにを)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)
りこ
りこ

Who did you go with?(誰と行ったのですか?)

Why do you think so?(なぜそう思うのですか?)

など、基本的に5W1Hは必ず文章の最初に置かれますよ!

文頭さえ聞き取ることができれば、答えをある種推測することもできますよね。

実際の会話は、短い分野表現の集合体です。初心者の方は、まずは1問1答形式のものをしっかりと解けるようトレーニングをしていきましょう。

リスニングに苦手意識のある方は下記の記事を参考にしてください。

英語の聞き取りが苦手な原因は?英語耳を作るための3つのステップも
英語の聞き取りに苦手意識をお持ちですか?本記事では元英会話講師の私が、英語の聞き取りが苦手な原因について考えてみたいと思います。効果的な聞き取りの勉強法についても解説していきますので、英語の聞き取りに苦手意識がある方はぜひ参考にしてくださいね。

リスニングのおすすめ教材については下記の記事でまとめています。

英語学習におすすめのリスニング教材を徹底解説します!
リスニング教材は種類が多くて迷ってしまいますよね。そこで今回は元英会話講師の私が、効率的に英語力を上げることができるおすすめリスニング教材をご紹介します。リスニング教材をお探しの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

初心者のライティング勉強法

ライティングの勉強法はスピーキングの勉強法と似ていますが、基本例文を、手を動かして書きながら覚えるという作業をしましょう。

りこ
りこ

ライティング力とスピーキング力の関係について知りたい方は下記の記事を参考にしてくださいね。

ライティング力が上がる効果的な勉強法とは?スピーキング力も上がる!?
ライティングの勉強法でお悩みですか?実はライティング力は、勉強法を工夫するだけで効率的に力をつけていくことが可能。本記事では、おすすめのライティング勉強法について解説します。ライティング力で伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

コツを押さえてライティングを行うことで、文章の質を上げることも可能です。

英語ライティングの質を上げる8つのコツ!知っておきたい3つのルールも
英語のライティング力でお悩みですか?実はライティング力は、勉強法を工夫するだけで効率的に力をつけていくことが可能。本記事では、ライティング力を上げるための8つのコツについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

黙読をして暗記をするという方法もありますが、仮に覚えることができたとしても、実際に書く際にスペリングがわからなかったり、覚えたはずのものを正確に書けなかったりということが起こり得ます。

ゴールが自分が書きたいことを文法的にも正しい英文で書くということですので、スペリングなどを間違えることのないように、暗記の段階でも手を動かして覚えていきましょう。

また、ライティング講座が受けられるオンライン英会話を利用することもおすすめです。

ライティング講座が受けられるオンライン英会話!効率的な活用法は?
ライティングの効果的な学習法は、英会話講師に添削をしてもらうことです。そこで本記事では、ライティング添削が受けられるサービスを5つご紹介していきます。効果的にライティング力を伸ばしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

初心者のリーディング勉強法

リーディング力養成には、精読、速読、多読というトレーニング方法がおすすめです。

精読 英文を文構造まで理解しながら丁寧に訳して理解する練習法

速読 英文を読むスピードを上げるための練習法

多読 さまざまな種類の英文をたくさん読む練習法

「精読、速読、多読」など、リーディング力を鍛えるためのトレーニングはさまざまありますが、前提として日本語と英語とで語順が異なることに注意が必要です。

簡単に申し上げると、日本語は主語がはじめに来て述語(動詞)が最後に来るのに対し、英語では主語と動詞はじめに来て、そのあとにさまざまな情報が付け加えられていく構造です。

そのため、日本語と英語の語順の違いを理解するために、

  • 英文1つ1つをまずは正確な日本語に訳せるようになること
  • 精読・英文解析をすること

が必要。

りこ
りこ

「英文解析」とは、それぞれの英文がどのような構造になっているのかなどを理解することです。

これをする際には、文法知識が要求されますので、少なくとも中学英語レベルの文法知識を身につけるようにしてください。

速読については下記の記事でも解説しています。

英語のリーディング力を上げるには?速読のコツについても解説します
英語のリーディング力を上げたいとお考えですか?リーディング力はちょっと工夫をすることで効率的に上げることが可能です。本記事では元英会話講師の私が、リーディング力を上げる勉強法について解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

リーディング対策ができるおすすめ無料アプリは下記の記事でまとめました。

リーディング対策おすすめアプリ10選!無料なのに効果大!
リーディング力を上げる教材は本だけではありません。そこで今回は元英会話講師の私が、リーディング対策ができるアプリをご紹介します。無料で使えるものを集めましたので、スキマ時間を使ってリーディング対策をしたい方はぜひ参考にしてください。

 

【コンテンツ別】初心者の英語学習おすすめ教材

効率的な英語学習には、教材選びが非常に大切です。ここでは、初心者の英語学習おすすめ教材をコンテンツ別にみていきましょう。

初心者におすすめの英語勉強本『中学3年間の英語を10時間で復習する本』

Point

・文法の総復習ができる
・構文理解できる
・オールカラー印刷なのでデザインが綺麗!

「中学3年間の英語を10時間で復習する本」は、忘れていた中学英語をすんなり思い出させてくれる一冊です。

英語に苦手意識がある場合、テキストを読むことすらも、はばかられるという方がいるかもしれません。

その点本書はオールカラー印刷でかつ10時間という時間設定もされていますので、挫折しにくいと思います。

文法理解が基本ですが、文法理解の先に英会話力や英作文力の向上がありますので、まずは10時間で一通り文法を仕上げてしまうという意識で取り組みましょう。

中学3年間の英語を10時間で復習する本

リーディング力を効率的に上げたい!迷ったら選んでおくべき本10選!
リーディング教材って数が多くて、どれを選んだら良いか迷いますよね。本記事では、元英会話講師の私がおすすめのリーディング教材を10選ご紹介します。教材の選び方についてもご紹介しますので、リーディング力を伸ばしたい方はぜひ参考にしてください。

初心者におすすめの英語勉強ができる映画 ホーム・アローン

Point

・子供が主人公なので英語が分かりやすい
・シンプルなフレーズが多用されている
・ストーリー性があり楽しめる

「ホーム・アローン」は1人の男の子が留守番をしている間に起こる様々な出来事を描いた映画です。

英語の勉強という点でも、シンプルな表現やよく使う会話表現が数多く使われているため、教材としてとても有用な映画となっています。人気映画ですのでストーリー性もあり初心者の方でも取り組みやすいです。

「ホーム・アローン」は飽きずに、楽しく取り組みたいという方におすすめの教材だと言えるでしょう。

英会話学習におすすめの映画は?初級者向けから上級者向け勉強法も
英語を楽しく勉強できたら良いですよね。今回は英語学習に最適な映画をレベル別にご紹介します。映画を使った勉強法についてもご紹介しますので、どの映画を観たら良いのか分からない方はぜひ最後までご覧ください。

初心者におすすめの英語勉強ができるYouTubeチャンネル「コペル英会話」

ネイティブの早い英語を聞き取るための練習ー英語英会話一日一言Q178ーネイティブの早い英語を聞き取れるようになろう!

Point

・リスニング力向上に最適
・継続しやすい構成となっている
・文法や単語の解説も充実

「コペル英会話」はコペル英会話教室の校長が発信をするチャンネルです。英会話教室ということで、英会話を中心とした知識が解説されています。

先述の通り、英会話力の基礎となっているのは語彙力や文法力。そうした点についても「コペル英会話」には、幅広く勉強をすることのできるコンテンツという点に最大の特徴があります。

構成も単発の形式ではなく、継続して段階的に力をつけていけるような構成となっているため、自分のペースで着実に勉強を進めたいという方におすすめです。

コペル英会話

英語のリスニングにおすすめのYouTube動画は?どんな勉強法がおすすめ?
YouTube上のコンテンツを使ってリスニング力を鍛えることができたら良いと思いませんか?本記事では、リスニング力を鍛えることのできるYouTubeチャンネルについて紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

初心者におすすめの英語勉強ができるポッドキャストチャンネル「台本なし 英会話レッスン」

Point

・発音学習に最適
・日本人とアメリカ人の2人で構成
・文法や単語の勉強も可能

「台本なし 英会話レッスン」は、日本人とアメリカ人の2人で、視聴者からの質問に答えるという形で構成されるチャンネル。

台本がないということが特徴で、英語初学者の方の悩みに答えていくという構成になっているため、リアリティをもって学習をすることができるでしょう。

発音や単語、文法に至るまで、幅広い角度から英語を勉強することができる点でおすすめです。

ポッドキャスト 台本なし英会話レッスン

初心者におすすめの英語勉強ができるWebサイト VOALearning English

Point

・3つのレベル構成になっている
・日本語訳あり
・ニュースサイトなので読み物としても◎

「VOALearning English」は、アメリカのニュースを読むことができるサイト。

単にニュースが羅列されているのではなく、日本語訳はじめ、英語学習用にカスタマイズされているので、勉強用として有用です。

ニュースを読むとなると少し難しいと感じる方もいるかもしれませんが、初級・中級・上級とレベル別となっているので、自分の実力に合ったものを選択して取り組むことができます。

りこ
りこ

徐々にレベルを上げていき、達成感を得ながら進めていきましょう!

VOALearning English

英会話の初心者3ヶ月で英語が話せるようになる?おすすめ勉強法を紹介
英会話をどのように勉強したら良いか迷っていませんか?本記事では初心者の方に向けたおすすめの英会話勉強法をご紹介します。元英会話講師の実体験も交えてまとめましたので、ぜひ効率的に英会話を身につけたい初心者の方は、最後までご覧ください。

 

初心者におすすめの単語暗記法

英語は外国語。そのため日本語に対応する英単語を知らなければ、その先の英語の勉強を効率よく進めることができません。

英単語の暗記となると「継続しにくい」「飽きやすい」ということがあり、単語帳を買って取り組み始めても途中で挫折をしてしまう方も多いですよね。

そこで初心者の方におすすめの単語暗記法として、フレーズで暗記することををおすすめします。

短い英文や、短い表現をまとめて覚えてしまうことにより、特にスピーキングやライティングをする際に力を発揮するからです。

スピーキング力と英単語の関係については下記の記事を参考にしてください。

英語のスピーキング力を伸ばすコツは英単語にあった?効率的な暗記方法も紹介
英単語力は英語力を左右すると言っても過言ではありません。では、効率的に英単語を覚えるにはどのような勉強法が最適なのでしょうか。本記事では、元英会話講師の私がスピーキング力の向上にも繋がる英単語学習法について解説していきます。

通常の単語の暗記となりますと、単語帳の見開きページで左側に英単語が、右側に日本語訳が書かれているものが多いと思います。

無味乾燥で何の関連性もないものを単に暗記していると感じてしまいがち。

それに対して、フレーズや短めの文単位で覚えることで、より実戦的に、使う・使える表現として単語も同時に覚えることができます。

目的・目標は、英語力4技能の総合的な教科であり、単語力養成は基礎に過ぎません。

そのため単語を単語として暗記をするという考えではなく、

  • より使える形として覚えていく
  • 自分のものにしていく

という意識で暗記をしていきましょう。

英単語の暗記方法については下記の記事でも詳しく解説しています。

英語のスピーキング力を伸ばすコツは英単語にあった?効率的な暗記方法も紹介
英単語力は英語力を左右すると言っても過言ではありません。では、効率的に英単語を覚えるにはどのような勉強法が最適なのでしょうか。本記事では、元英会話講師の私がスピーキング力の向上にも繋がる英単語学習法について解説していきます。

 

初心者は何時間くらい勉強したら結果が出るの?

初心者の方が英語を勉強するときに気になるのが「どれくらい勉強したら効果が出るのか」という点ですよね。

さっそく英語から申し上げると、一定の効果を感じるためには1日1時間3ヶ月は学習を続けましょう。

例えば、多くの英語コーチングスクールの期間も多くが3ヶ月となっています。

りこ
りこ

「英語コーチングスクール」とは、専属のコーチがついて短期間で最大限に英語力を上げることができるスクール。サッカーの本田圭佑選手が受講している「プログリット」も英語コーチングスクールの一つです。

【上達しない?】PROGRIT(プログリット)の口コミや特徴を調べてみた!
英会話初心者から中級者の方必見!3分英会話では、入会金・授業料・開校時間・口コミ評判などから各英会話教室の実態を徹底的に掘り下げていきます。本稿では「プログリット」について他社英会話教室とも徹底比較し、スクールの持つメリット、デメリットを分析して、どのような方に向いている英会話スクールなのかを解説していきます。

また、話す・書く・読む・話すのスキルの中で一番効果を感じやすいのはリスニング力だと言われています。リスニングは学校英語でカバーされていない場合が多い一方で、単語力や慣れで力をつけることができるからです。

3ヶ月続ければ、リスニング力を筆頭に英語力アップを実感することができるでしょう。

 

初心者は基本例文を覚えるところから始めよう!

今回は初心者の方の英語勉強法についてご紹介しました。

初心者の方は、基本例文やフレーズをベースに、まずは英語の基本的な表現に慣れていくという勉強方法を取りましょう。

単語や文法の勉強はもちろん大切ですが、それはあくまでもその後の英語力をより向上させていくための材料に過ぎません。

単語や文法の勉強でつまづいてしまっては元も子もありませんので、より実戦的な形で勉強をしていくことが大切です。先を見た勉強が可能となりますので、フレーズや例文ベースでの勉強を意識していきましょう。