英語のスピーキング力を伸ばすコツは英単語にあった?効率的な暗記方法も紹介

スピーキング
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

スピーキング力を伸ばしたいのですが、単語力も大事ですよね?
効率的な英単語の学習方法が知りたいです!

本記事は、このような悩みをお持ちの方に向けてに書いていきます。

英語のスピーキング力を高めるためには、実際に英会話のトレーニングを行うことが必要。しかし、スピーキングの前提にはリスニングがあります。相手の言うことを聞き取れなければ、それに応答することはできませんよね。

さらに、リスニングの大前提として、単語の意味を知っていることは必要不可欠。つまり、スピーキング力の大前提は十分な単語力ということになります。

そこで今回元英会話講師の私が、スピーキング力を伸ばすための英単語勉強法をご紹介。英単語を効率的に覚えるためのヒントについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事で分かること

・スピーキング力を伸ばすための英単語勉強法
・英単語を効率的に覚えるヒント
・スピーキング力と英単語に関する疑問の答え

スピーキング力を伸ばすための英単語勉強法

英単語を覚えるといっても、様々な勉強法があり、向き不向きが存在します。どれが自分に合うのか、それは実際に取り組んでみなければわかりませんよね。

ここでは英単語の勉強法

  • 赤シート勉強法
  • 五感フル活用勉強法
  • 長文の中で覚える

という3つの勉強法についてみていきましょう。

赤シート勉強法

よくある単語帳は見開きで、英単語に対して日本語の意味が書かれていて、日本語の意味が赤シートで隠れるよう赤字になっているものが多いです。

もちろん、日本語から英語、英語から日本語という形での両面からで覚えていくことが理想。しかし、はじめから完璧を求めると挫折しやすくなることも事実です。

冒頭でも書いたように、コミュニケーションをとるためにはまずは聞き取れなくてはなりません。つまり英語を聞き、日本語に変換できるようにすることが第一歩です。また、単語帳によっては、英語に対応する日本語の意味が複数記載されているものもあるでしょう。

これについてもはじめからすべてを覚えようとはせずに、まずは1単語につき1つの意味を覚えるという形で進めてみてください。単語帳は1周するだけでは決して身に付きません。

単語帳を何周もする中で、なかなか覚えられないものが覚えられるようになったり、複数の意味を覚えられるようになります。まずは視覚的に覚えていきましょう。

五感フル活用勉強法

単語帳を用いて暗記する場合、ただ単に目で見るだけではなかなか覚えられないはず。目で見るだけでなく、耳で聴く、書いてみるなど五感をフルに活用し覚えていくことが大切です。

単語帳であれば、CDやアプリで音声がついていると思います。これらを活用して耳からも覚えていきましょう。

英語に対応する日本語を覚えるという段階でやりがちなのは、英単語の読み方を意識せず、まるで記号のように見て覚えてしまうことです。これを続けていくと、いざ聴くという段階で、聴き取れませんよね。

発音記号をしっかりと勉強し、正確な発音を覚えることは必要ですが、これも時間がかかります。そこで、CDやアプリで実際に音声を聞くことで、日本語のカタカナで書ける程度には聞き取れると思います。

後々の英語でのコミュニケーションを見据えても聞いて覚えることは重要です。また、実際に英単語を書いて覚えることも有効。これは日本語から英語のいう暗記の作業となりますが、英語⇔日本語の双方向から覚えることで定着度も増します。

先述の通り、はじめは英語→日本語でよいですが、一定程度の暗記が済んだ段階で日本語→英語の作業に取り掛かり、見て覚えるだけでなく、実際に書いて覚えていきましょう。

長文中で覚える

英単語を日本語と英語の1対1対応で覚えるのではなく、長文の中で覚えていくという方法もあります。この覚え方の最大のメリットは、各々の英単語が文章の中でどのように使われるかを知ることができるという点です。

各々の単語の使われ方は、実際の文章の中でないと知ることができませんよね。もちろん、長文の中で覚える場合には、まず与えられた長文をしっかりと解釈し内容を理解しておく必要があります。

この部分をしっかりとやらなければ、単に字面だけを追い、英単語や英文を記号のように覚えてしまうことにもなりかねません。長文の長さによっては、その下ごしらえに時間がかかります。

しかし、このやり方は英単語が覚えられるだけでなく、長文読解力の向上につながり、さらにトータルの英語力向上にもつながります。妥協なく取り組みましょう。そして、長文の内容を十分に理解した後は、英文をすべて覚えてしまう程度にまで、何度も何度も読むことが大切です。

この方法は、音読をすることで耳からも情報が入ってきますので、頭に入りやすいというメリットもあります。

 

英単語を効率的に覚えるヒント

効率的に覚えるためにはどうしたらよいでしょうか。効率的に英単語を覚えるためには以下の3つのポイントに気をつけましょう。

  • 完璧を目指さない
  • 薄いテキストから始める
  • 派生語のグルーピングをする

これらのポイントに少し気をつけるだけで、効率が全然違います。さっそく詳しくみていきましょう。

完璧を目指さない

英単語の暗記はとかく挫折しがち。最初から完璧を目指してしまうと挫折してしまうこともあります。

単語帳1つとってみても、単語数は少なくとも1500語くらいはあり、数日間ですべてを覚えることはほぼ不可能。もっとも、はじめはやる気があるので、頑張って進めようとします。しかし、いわゆる3日坊主ではありませんが、途中で投げ出したくなることも多いですよね。

理由はさまざまですが、暗記は単純作業で面白みを見出しにくいこと、1冊の本である以上段々と難しくなっていくことなどが挙げられます。はじめから完璧を目指すことは、1冊すべてを暗記するというゴールを見据えた場合、逆に非効率となりかねません。

1周目はだいたい30%くらい覚えられればよい、2周目は50%で3周目で80%などと、だんだんと完成度を上げていくイメージで取り組みましょう。

薄いテキストから始める

英単語を覚える際は薄めのテキストから始めてみましょう。

やる気がある状態で始めるととかくありがちなのが、多くの単語を網羅しているような分厚い単語帳ないし、多くの長文が掲載されている長文問題集を選んでしまうことです。

同じお金を払うのであればコストパフォーマンスが良い!

と考えがちですが、これも長続きせず、逆に非効率となってしまう面を持っています。

多くの単語帳では内容はレベル別になっています。自分の現状を正確に把握することは難しいかもしれませんが、レビュー記事などはネットに多く掲載されていますので、それらを参考に自分に合ったものを選びましょう。

具体的には、レビューを見て実際に書店で手に取って、70%くらいわかるものをはじめの1冊として選ぶことをおすすめします。

もしかしたら、70%もわかるのであれば選ぶ価値がないと思う人もいるかもしれません。しかし、大切なのは継続していくこと、覚えられた・できたという感覚を持ち次につなげていくことです。

着実に力がついているという感覚があれば、さらなるやる気にもつながり、良い循環が生まれます。続ける仕組みを作る第一歩として、できるだけ薄い、しっかりと1冊を終えることができると見込まれるものを選び取り組みましょう。

派生語のグルーピングをする

少し専門的な話になりますが、1つの単語に対してその派生語も含めて覚えていくことで関連性が生まれ、頭に残りやすくなります。

具体例を1つ挙げるとすると、

recognize (動詞:認識する)
recognition(名詞:認識)
recognizable(形容詞:認識できる)

といった具合です。動詞を中心にして、語尾を変えていくことで名詞や形容詞になっていることがわかりますね。

このように、1つの英単語に対して、他の品詞が派生語という形で広がっていくものが多々あります。単語帳ではこの派生語についても、1つの単語の周辺に記載されていることが多いです。

もちろんはじめから派生語も含めてすべて覚えていきましょうということではありません。同じテキストを何回も繰り返していく中で徐々に覚えていけばよいです。

しかし、この派生語という観点を持っていることで、例えばある単語(動詞)を覚えた段階で、

他の品詞だとどのようになるのだろう?

と疑問を持ち、調べたり覚えたりという姿勢につながることができれば、別々に覚えるよりも間違いなく効率的になりますよね。

派生語という観点からいえば、動詞・名詞・形容詞・副詞の4つしかありませんので、グルーピングすることで定着度の増すという観点から派生語についてもアンテナを張って覚えていきましょう。

 

スピーキング力と英単語に関する質問と答え!

ここでは、スピーキング力と英単語力に関する代表的な質問とその答えについてまとめました。

ライティングは英単語を覚えるのに役立ちますか?

役立ちます。ただし、何度も書くようにしましょう。

五感をフルに使うという観点で説明をしましたが、実際に手を動かして書いてみることで英単語の暗記が進むことは間違いありません。しかし、書いているだけで覚えるかというと、それは違います。

最近は英語の4技能化(読む・書く・話す・聴く)が叫ばれていますが、ここでいう「書く」とは少なくとも短い文を英作文という形で書くことが想定されています。

トータルの英語力を高めることで結果として英単語の力もつくということも否定はできませんが、英作文を書くというライティングと英単語力の関係性は薄いと言えるでしょう。

あくまでも英単語覚えるという観点で、英単語を何度も書き、暗記をしていくことをおすすめします。

ライティング力を効率的に上げたい人が使うべき本10選!これを選べば間違いなし!
ライティング対策ができる教材をお探しですか?本記事では元英会話講師の私が、おすすめのライティング教材とライティング対策のコツについて解説していきます。ライティングの教材選びでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スピーキング力と英単語力を伸ばせるサイトはありますか?

最近ではアプリやネット上で、スピーキング力を試すことができるものが多く存在します。Weblioでは「英会話力」を「英語で会話がスムーズにできる力」と定義し、スピーキングテストがオンライン上で受けられます。

EF Standard English Testも、完全無料オンライン標準英語テストで、15・50・120分の中から試験時間の選択が可能です。ネイティブキャンプスピーキングテストは、伝える力、発音、文章構成、文法、理解する力、流暢さの6つの角度から自分の力を評価してくれますよ。

独り言を英語で言うのは効果的ですか?

効果的です。ただし正しい方法で行うようにしましょう。

例えば、道を歩いていて何かを見たり、何か思うことがある場合にそれを英語で表現できないかなと考えることは、効果的です。英語は語学ですので、どれだけ英語に触れたか、英語のことを考えていたかという絶対的な時間量が力の伸び具合や最終的なレベルに大きく影響します。

英語で独り言が出てくるようになれば、相当英語にコミットしていると言えますね。独り言は何でもOK。日々の生活の中で、誰かに対してではなくとも、英語で何かを発信するという機会を増やすよう意識していきましょう。

 

英単語力なくしてスピーキング力は伸ばせない!

今回はスピーキング力を伸ばすための効率的な英単語勉強法についてご紹介しました。スピーキング力の基礎は英単語力であることがわかっていただけたと思います。

繰り返しになりますが、英単語力の強化は一朝一夕にはならず、継続が必要。人の意志は弱く、挫折しそうになるからこそ、継続できる仕組みを作ることが大切です。

スピーキング力をつけた先にやりたいことが、それぞれの人にありますよね。ぜひ本記事を参考に、少しずつ地道に力をつけていきましょう。

英語のスピーキングテストを徹底比較!勉強法も一緒に解説
英語のスピーキングテストにはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では元英会話講師の私が、英語のスピーキングテストを6種類ご紹介していきます。それぞれ特徴が異なりますので、しっかり確認して目的に合ったテストを受けるようにしましょう。