3分英会話が生まれたきっかけ(2/3):忙しくても英語力を向上させるには?

 

この記事を書いた人
片山実
片山 実

フォロワー10万人を超える「3分英会話」の代表。早稲田大学理工学部を卒業後、NECでSEとして勤務。独立後、Web開発・運営を行い、2019年7月に3分英会話を立上。

3分英会話代表の片山です。前回に引き続き、3分英会話がどうやって生まれたのかについてお話していきますね!

前回のあらすじ:私の奥さんは「英語の勉強時間が不足していて1つ1つの勉強法をきちんと習得できていない」ため英会話力が向上しない。
※クリックすると前回の記事が読めます。

忙しくても英会話力をつけるためには?

私の奥さんの問題点は大きく分けると以下の2つです。

問題点

①英語勉強に使える時間が少ない
②1つ1つの問題集や書籍を完全にマスターできていない

これらの問題点を解消して、英会話力を向上させるためにはどうしたらよいでしょうか?

①勉強に使える時間が少ない

私の奥さんはある企業の経理担当で、上場準備という非常に忙しい業務をこなしています。毎日帰りは22:00~24:00くらいで、勉強をする時間を確保するのが難しいです。

さらに、経理という業務上、税務知識の習得が必須で会社法やIFRSなど専門知識の勉強をしなければなりません。

もちろん、優秀な方は「時間は作るもの」「業務を効率的にやれば時間は出来る」といった意見を言うかもしれませんね。

でも、それは正論でも現実問題として実施できる人ってなかなかいませんよね?

私や私の奥さんのような普通の人は業務が忙しいと疲れてしまい、家に帰ればご飯を食べて寝るだけ、休みの日は平日の疲れから勉強をする気が起きないというのが普通だと思います。

では、どうすればいいかというと「隙間時間を効率よく活用すること」が解決方法になると考えました。

3分英会話が朝8:00投稿なのは「通勤電車での隙間時間で勉強してほしい」という思いが込められているからなんです。

②1つ1つの問題集や書籍を完全にマスターできていない

2つ目の問題点は、一つ一つの問題集や書籍をきちんとマスターできていないということです。

一つの書籍を解き終えると、どうしても新しいものに走りたくなってしまいます。

でも、この勉強方法って少し効率が悪いんですよね。

学生時代を思い出してほしいのですが、数多くの参考書や問題集を持ち歩いて勉強している友達って、思ったより成績がよくない、っていうことがありませんでしたか?

実は私自身のことなんですけどね(笑)

私は理系だったので、特に数学の問題集を数多く買っては解いていたのですが・・・成績は341人中229位・・・

そんな時に、友達にアドバイスされたのが「問題集たくさんやるよりも一つの問題集を繰り返しやったほうがいいよ」ってことでした。

私はすぐに友達がやっていた問題集の「マセマ式」というものを買って、3周、4周と繰り返し勉強するようになってから、341人中16位まで順位を上げることができるようになったんですよね。

そのおかげで、希望であった早稲田大学理工学部に入学することができました。

このように同一問題集を繰り返し勉強すること成績が飛躍した経験から、3分英会話でもなんとか「繰り返し勉強できるような仕組みを作りたい」と考えた結果、普段の投稿の「穴埋めクイズ機能」や「投稿に登場した単語で出来た単語帳」というものを用意することにしました。

Instagramでは提供できないので、ぜひWebアプリで繰り返し学習に使ってほしいと思っています。

次回:3分英会話が生まれたきっかけ(3/3):Webアプリで出来ること