旅行英会話!タクシーで使える英語フレーズ60選!

旅行英会話
この記事を書いた人
原田照彦

英語力0でオーストラリアに渡航。4ヶ月の猛勉強でIELTS overall6.5を獲得。
オーストラリアに3年半の在住。現地のデザイン事務所にて1年半デザイナーとして勤務。

現在フリーのWebライターとして英語学習や勉強法についての記事も執筆。

原田照彦をフォローする

タクシーは国内でも海外でもとても便利な移動手段です。最近ではUberの事業拡大もあり、日本やアジア圏でもより便利により安く利用できるサービスとして浸透して来ました。

今回はそんなタクシーでの様々な状況下で使われる英語フレーズを紹介していきます。

基本編:タクシーを利用する際に出てくる単語

まずは単語から紹介して行きます。英語圏の海外でタクシーを利用する上で最低限知っておきたい語群ですので是非覚えましょう。

1. taxi

【日本語訳】
タクシー

最近ではアメリカのタクシー会社Uberの台頭でTaxiではなくUberと呼ぶこともあります。日本では他の公共交通機関と比べて割高ですが、アジア諸国では最も価格の安い移動手段だったりもします。

【会話例】
A: It’s raining, so why don’t we take a taxi?
雨が降っているから、タクシーで行かない?
B: That’s a good idea.
そうしよう。

2. cab

【日本語訳】
タクシー

タクシーの別の言い方です。イギリスやヨーロッパ圏ではこちらを好んで使ったりします。

【会話例】
A: I think you should go back to the station to get a cab.
駅まで戻って次のタクシーを拾ったほうがいいと思いますよ。
B: Okay, I got it. Thanks for your kindness.
なるほど、わかりました。親切にありがとうございます。

3. driver

【日本語訳】
運転手

タクシーの運転手なら「taxi driver」、または「cab driver」と呼びます。

【会話例】
A: I wish that taxi driver were a bit less talkative.
あのタクシーの運転手が、もう少しおしゃべりでなければ良いのに。
B: Haha, actually, he was so talkative.
はは、確かにお喋りだったね。

4. get in

【日本語訳】
乗る

車やタクシーなどかがんで乗り込む乗り物にはinを使い、立って乗ることのできる乗り物にはonを使います。またたくさんの人が乗ることの出来る乗り物はonを使う傾向があります。

【会話例】
A: I have to harry to get in a taxi. It’s already been late 30minutes.
早くタクシーにのらないと行けないんだ。すでに30分の遅刻なんです!
B: I understood, but I can’t let you go here. Bucause you violated the law of terrific.
わかります、しかし君を行かせることはできません。なぜなら君は立派な交通違反をしたからね。

5. get out of

【日本語訳】
降りる

get in の逆の意味で降りるはoutになります。outは抜け出す。空間から出て行くという意味もあり、そのイメージがそのまま先行した形になります。

【会話例】
A: Get out the taxi! I don’t forgive you until I will smash you.
車から降りろよ!お前を吹き飛ばすまで許さないぞ!
B: you just do it whatever you can.
やれるものなら、やってみなさい。

6. take a taxi

【日本語訳】
タクシーに乗る

get inとは別の言い方です。こちらは乗り物全般に使えるため、takeの後に乗る乗り物を繋げれば多よよその乗り物に乗るという意味合いで使えます。

【会話例】
A: I take a taxi to go the office everyday.
僕は毎日タクシーに乗って職場に行くんだ。
B: You are so rich man.
金持ちですねぇ。

7. go / come by taxi

【日本語訳】
タクシーで向かう / 来る

byには使う交通手段を入れます。車、電車、自転車などなんでも応用できます。また歩いて行くなら by feetと言います。

【会話例】
A: How do you come to the office by?
どうやって職場まで来ますか?
B: I go to school by taxi.
タクシーで行きます。

8. get a taxi

【日本語訳】
タクシーを拾う

道を走ってるタクシーを呼び止める際にはこの言い方をします。事前に予約してたり、電話で呼んだ際はまた別の言い方になります。

【会話例】
A: Where can I get a taxi?
タクシーはどこで拾えますか?
B: I think you should be back to the mall to look for a taxi.
一度モールに戻って探したほうがいいと思います

9. call a taxi

【日本語訳】
タクシーを呼ぶ

電話でタクシーを呼ぶという意味です。道端で声かけた場合は上記の表現が適切です。

【会話例】
A: Can you call a taxi for me?
タクシーを呼んでください。
B: Sure, Please wait for a moment.
かしこまりました。少々お待ちください。

10. reserve a taxi

【日本語訳】
タクシーを予約する。

Reserveという言い方以外にもbookという言い方もできます。意味は変わらないので言いやすい方を使いましょう。

【会話例】
A: I’ve already reserved a taxi for you.
帰りのタクシーはすでに予約してます。
B: Thanks a lot, and I’m glad to see you again this time.
今日はありがとう、また君と会えて嬉しかったよ。

11. fare

【日本語訳】
運賃

交通機関の運賃はfare.高速道路などの通行料はtoll. そしてレストランなどのサービスに課す料金はcharge. と呼びます。日本語だと全て同じ表現ですが英語では目的により違うので気をつけましょう。

【会話例】
A: You can put gratuities on your card when you pay a taxi fare.
タクシーの料金を払う時には、チップも一緒にカード払いにできます。
B: It’s so useful, isn’t it?
便利なもんだね。

12. flat rate

【日本語訳】
一律料金

長い距離を移動する時や何かのイベントでタクシーを使う際、または決められた区間だけ走るタクシーなどはこの料金体系である場合があります。

【会話例】
A: How much is the fare of this travel?
料金はいくらですか?
B: That’s just 5 dollars as a flat fare.
一律料金で5ドルです。

13. starting fare

【日本語訳】
初乗り料金

最初に設定されている最低運賃です。国によってはこの最初の設定額を高額に設定してお金をぼったくろうとして来る悪質な運転手もいるので、事前にその国の平均的な初乗り料金はタクシーを利用する前に調べておきましょう。

【会話例】
A: It’s about 6 dollars set as starting fare in this area.
この近辺では6ドルくらいが初乗り料金の相場です。
B: Okay, Thanks for giving a good information.
わかりました、情報ありがとうございます。

14. traffic jam

【日本語訳】
渋滞

jamは突っ掛かる、動かなくなる、という意味です。trafficは交通を意味するので合わせると交通渋滞となります。

【会話例】
A: There is a traffic jam. Let’s take an alternative route.
渋滞しています。代わりの道を行きましょう。B: Sure, which route should I go through?
はい、どの道から行くべきでしょうか?

タクシー会社とのやりとり:電話でタクシーを呼ぶ

Uberがにアプリ内で簡単にタクシーを呼べるサービスを導入した影響もあり、海外では減りましたが、それでもまだまだ電話でタクシーを呼ぶことが主流です。ここで紹介するフレーズをそのまま使えば予約できますのでぜひ実践してみましょう。

15. Could I book a taxi?

【日本語訳】
タクシーを予約できますか?

まず電話をかけたら最初にこのフレーズを使いましょう。同じ意味のフレーズを2パターン紹介しますので、使いやすいフレーズを使ってください。

【会話例】
A: Could I book a taxi?
タクシーを予約できますか?
B: Sure, where are you now?
はい、今どこにいますか?

16. I’d like to have a reservation of taking a taxi.

【日本語訳】
タクシーの予約がしたいです。

上記のフレーズの別パターンです、意味は同じなので使いやすいのを選んで使いましょう。

【会話例】
A: I’d like to have a reservation of taking a taxi.
タクシーの予約がしたいです。
B: Okay, Please tell me where we need to come down to?
はい、どこへ向かえばいいのか教えてください。

17. The address I want you come to is…

【日本語訳】
私が来て欲しい場所の住所は…

タクシー会社側はあなたの現在地を聞いて来ますので、それを聞かれたらこのフレーズで応答しましょう。電話をかける前に自分の現在地は調べて何かに書いておきましょう。

【会話例】
A: Could you please tell me your place’s address?
現在地を教えてください。
B: The address I want you come to is that 66 Ann street St Kilda.
住所はセントキルダ、アンストリートの66番地です。

18. Could you have a taxi at my place?

【日本語訳】
私がいる場所まで来れますか?

自分のいる場所を伝えたらセットでこのフレーズを言いましょう。

【会話例】
A: Could you have a taxi at my place?
私がいる場所まで来れますか?
B: No problem, it takes about 10minute to get there.
問題ありません、10分くらいで到着します。

19. Could you pick me up at 9 pm?

【日本語訳】
9時に来れますか?

時間を指定する際はこのフレーズです。使う場面としてはあらかじめタクシーを使う時間を把握している時に事前に予約をする場合ですね。

【会話例】
A: Could you pick me up at 9 pm tomorrow?
明日の9時に来れますか?
B: Certainly.
はい、承知しました。

20. What time can you come down to the place?

【日本語訳】
何時頃に来れますか?

こちらは突発的にタクシーを呼ぶ必要が出て来た際に使うフレーズです。

【会話例】
A: What time can you come down to the place?
何時頃に来れますか?
B: I’ll arrive at there 9 pm.
9時に到着すると思います。

運転手とのやりとり:乗車時と目的地を伝える際に使うフレーズ

ここからは実際にタクシーに乗り込んでから想定される会話の中でのフレーズを紹介していきます。
まずは乗り込んでからタクシーが動き出す前までのフレーズです。

21. Hi, there / Hello.

【日本語訳】
こんにちは

止まったタクシーに無言で乗り込むのはあまり印象はよくないので軽い挨拶はしましょう。
挨拶すると向こうから行き先について質問されるのでそのやりとりもスムーズになるはずです。

【会話例】
A: Hello.
こんちは、
B: Hi, how’s it going? So where do you want to go?
やあ、調子はどうだい?どこにいきたいんだ?

22. I’m going to the central park.

【日本語訳】
中央公園にいきます。

行き先を告げるフレーズです。3パターン紹介するので使いやすい物を実戦で使ってみましょう。

【会話例】
A: Where do you want to go?
どこにいきたいんだ?
B: I’m going to the central park.
中央公園にいきます。

23. Could you take me to the central park?

【日本語訳】
中央公園までお願いします。

別の言い方です。先ほどより丁寧な印象を与えられるフレーズになります。

【会話例】
A: Where do you want to go?
どこにいきたいですか?
B: Could you take me to the central park?
中央公園までお願いします。

24. I’d like to go to the central park.

【日本語訳】
中央公園にいきたいです。

would like to は表現として少しかしこまってるので丁寧に言いたい時に便利です。ただ、あなたが海外旅行や英語を使うことに慣れていないのであれば、細かいニュアンスよりも伝われば良しとすればいいと思います。なので実際に発音してみて最も口に馴染むフレーズを使うのがいいでしょう。

【会話例】
A: I’d like to go to the central park.
中央公園にいきたいです。
B: I got it.
わかりました。

25. Can you go to at the corner of Ann street and Hone Avenue?

【日本語訳】
アンストリートとホーンアベニューの角までお願いします。

目的地が建物などではない場合はこのフレーズを使いましょう。はじめて行く場所であるならば事前に目的地はしっかり確認してから発言しましょう。

【会話例】
A: Can you go to at the corner of Ann street and Hone Avenue?
アンストリートとホーンアベニューの角までお願いします。
B: Okay, I’ll let you know we’ll be almost there.
わかりました、近くまで来たら知らせますね。

26. Could you put my luggages in the trunk?トランクに荷物を入れてもらえますか?

【日本語訳】
トランクに荷物を入れてもらえますか?

おそらく聞かなくてもあなたが大きな荷物をもっていたら運転手の方から尋ねてくると思いますが、聞かれなかったら言いましょう。

【会話例】
A: Could you put my luggages in the trunk?
トランクに荷物を入れてもらえますか?
B: Yes, please put on your luggage here.
はい、ここにあなたの荷物を置いててください。

27. How long does it take to get there?

【日本語訳】
目的地までどのくらい時間がかかりますか?

到着時間の目安を知りたい際は聞きましょう。ただ電車などと違い交通状況などにより、大きく到着時間が前後することもありますし、運転手も読めない場合もありますので、あまりアテにはしないほうがいいかもしれません。

【会話例】
A: How long does it take to get there?
目的地までどのくらい時間がかかりますか?
B: maybe around 10 to 15minute I guess.
おそらく10分から15分だと思います。

運転手とのやりとり: 運転中の細かい指示を伝えるフレーズ

タクシーが動き出し、走行中に道の指示や降りる場所などを細かく伝えたい時に使えるフレーズを紹介していきます。

28. Can you make a turn right / left at that corner?

【日本語訳】
その角を右 / 左に曲がってもらえますか?

分岐点での進む方法を指示するフレーズです。経路に不安があったり、細かく指示したい時は運転手に確認していきましょう。

【会話例】
A: Can you make a turn left at that corner?
その角を左に曲がってもらえますか?
B: Okay, I’ll turn a left at this corner, right?
はい、この角を左ですね?

29. Please keep on going straight.まっすく進んでください

【日本語訳】
まっすく進んでください

分岐点での進む方法を指示するフレーズです。経路に不安があったり、細かく指示したい時は運転手に確認していきましょう。

【会話例】
A: Which directions do we need to go?
どの方向に進めばいいですか?
B: Please keep on going straight.
まっすく進んでください。

30. Could you stop in front of the building, please?

【日本語訳】
あの建物の前で止めてください。

降ろしてほしい場所をしてするフレーズです。

【会話例】
A: Could you stop in front of the building, please?
あの建物の前で止めてください。
B: Okay.
わかりました。

31. Can you take this route to the central park?

【日本語訳】
この経路で中央公園にいってもらえますか?

経路を指定したい時はこのフレーズを使いましょう。スマートフォンで調べた経路通りに行ってほしい際は運転手もスマートフォンはもっていることがほとんどなので、同じアプリで経路を検索してもらうのが確実でしょう。

【会話例】
A: Can you take this route to the central park?
この経路で中央公園にいってもらえますか?
B: Okay, let me check the direction?
わかりました、経路を確認させてくださいね。

32. Can you take 7th Avenue instead of Elizabeth Street?

【日本語訳】
エリザベスストリートではなく7番街を通ってもらえますか?

上記の応用フレーズです、複数の経路がある際に通ってほしい道を指示するフレーズになります。

【会話例】
A: Can you take 7th Avenue instead of Elizabeth Street?
エリザベスストリートではなく7番街を通ってもらえますか?
B: But if we go through this route, it takes about 10 minutes slower than going trough Elizabeth Street.
ですが、もしこの経路を使うとエリザベスストリートを通る経路より10分くらい遅くなりますよ。

33. Are we almost there?

【日本語訳】
そろそろ着きますか?

目的地を確認するフレーズです。不安なら仕方ないですが、あまり使う必要はないフレーズかもしれませんね。

【会話例】
A: Are we almost there?
そろそろ着きますか?
B: Yes, we almost arriving at the place.
はい、もうそろそろ到着します。

34. Please drop me off here.

【日本語訳】
ここで下ろしてください。

目的地に近づいたらこのフレーズを使いましょう。止めてほしい場所がハッキリとしているなら事前に伝えておいてもいいでしょう。

【会話例】
A: we are almost there, where do you want to get out?
もう目的地近辺です、どこでおりたいですか?
B: Please drop me off here.
ここで下ろしてください。

35. Can you hurry up?

【日本語訳】
急いでもらえますか?

時間がなくて早く目的地に着きたい時は使うのもあり。なフレーズです。しかし、急いでくれというのは事故を引き起こしかねないですし、運転手のペースもあるのであまり言わない方がいいかもしれません。

【会話例】
A: Can you hurry up? I got to be there by 9pm.
急いでもらえますか?9時までには着きたいので。
B: I’ll try it, but keep a safe.
わかりました、でも安全にいきます。

36. Could you stop by ANZ bank before you go to the central park?

【日本語訳】
中央公園に行く前に銀行に寄ってもらえますか?

目的地の途中に用事がある際に使えるフレーズです。ですが、旅行先でタクシーを使う際はこのような状況はあまりないかもしれませんね。

【会話例】
A: Could you stop by ANZ bank before you go to the central park?
中央公園に行く前に銀行に寄ってもらえますか?
B: Okay, I’ll drop you off when I find ANZ bank on the route.
わかりました。道の途中で銀行を見つけたら降ろしますね。

37. Please wait for me here for a second?

【日本語訳】
少しだけここで待っててもらえますか?

上記の質問の続きで使うフレーズです。あまりない状況ですが一応覚えておきましょう。

【会話例】
A: Arrived at there. Here is ANZ bank.
着きました、銀行です。
B: Thanks, please wait for me here for a second?
ありがとう、少しだけここで待っててもらえますか?

38. I’m afraid we’re going the wrong way.

【日本語訳】
すみませんが道を間違っています。

I’m afraidは失礼ですが、という前振りをつけるフレーズです。目的地や経路を間違っていた際はちゃんと運転手に告げましょう。

【会話例】
A: I’m afraid we’re going the wrong way.
すみませんが道を間違っています。
B: Really!? Sorry for that.
本当ですか?それは申し訳ありません。

運転手とのやりとり: 支払いと下車時に使うフレーズ

目的地に無事到着した後にする会話のやりとりを紹介します、主に支払い方法に関しての質問になります。

39. Do you accept credit card?

【日本語訳】
カードは使えますか?

タクシーの運転席付近にカードリーダーなどの有無は確認できると思うのでわざわざ聞く必要はないかもしれませんが、そういった機器が見当たらない際は確認してみましょう。

【会話例】
A: Do you accept credit card?
カードは使えますか?
B: Sure, May I have your credit card please?
もちろんです、カードを預からせていただけますか?

40. Can I use credit card?

【日本語訳】
カードは使えますか?

上記で紹介した質問の別の聞き方です。会話の流れで運転手から運賃お請求をされた際の返しとしてこのフレーズを言うことでスムーズにカードでの支払いができるので、カードが使えることが分かっていても確認として聞くのもいいでしょう。

【会話例】
A: The fare is 40 dollars.
運賃は40ドルです。
B: Can I use credit card?
カードは使えますか?

41 Can I pay by cash?

【日本語訳】
現金で払っていいですか?

cashの部分をcredit card にすればカードで払っていいですか?という意味にもできます。

【会話例】
A: Can I pay by cash?
現金で払っていいですか?
B: Of course you can.
もちろんです。

42. May I get a receipt?

【日本語訳】
領収書をもらえますか?

何も言わないともらえない事もあるので、必であるならばきちんと聞きましょう。

【会話例】
A: May I get a receipt?
領収書をもらえますか?
B: Yes, here you are.
はい、こちらになります。

43. Please keep the change.

【日本語訳】
お釣りは取っておいてください。

旅行先の国がチップ制度がある国である場合は運賃に加えてサービスへの気持ち分のチップが必要です。その際に言われた額より多めに出してこのフレーズをいう事でそのお釣りはチップです。という解釈ができます。お釣りが少なすぎると逆に失礼なので、チップの相場は調べておきましょう。

【会話例】
A: Please keep the change.
お釣りは取っておいてください。
B: Thank you so much.
ありがとうございます。

44. Thank you.

【日本語訳】
ありがとうございます。

料金を支払ったら最後に俺を言いましょう。海外ではバスやタクシーでの下車時には俺をいうのが文化のような側面があります。くれぐれも無言で出ていかないようにしましょう。

【会話例】
A: Thank you so much.
ありがとうございます。
B: Cheers, have a nice one.
こちらこそです、良い日を。

45. have a nice day.

【日本語訳】
良い1日を

別れ際にいうセリフの一つです、たとえタクシーの運転手でもフランクにお礼を言い合うのが英語圏のしきたりです。言われたら返すのもいいですが、自分からいうのも気持ちいいものです。

【会話例】
A: Have a nice day.
良い1日を
B: You too, thanks for your ride.
あなたもね、ご利用頂きありがとうございました。

運転手とのやりとり: 運転手が聞いて来るフレーズ

最後に運転手からの質問フレーズを紹介します。運転手が聞いてくるフレーズはおおよそ決まっているのでその返しを事前に用意しておくとスムーズです。

46. Please get in.

【日本語訳】
乗ってください。

日本と同様、海外でもタクシーのドアは自動で開くものが多いですが、手動で開ける必要がある場合もあります。その時は運転手からこう言われたら自分でドアを開けて乗り込みましょう。

【会話例】
A: Please get in.
乗ってください。
B: Hi, thanks for stopping on.
やぁ、止まってくれてありがとう。

47. Let me close the door.

【日本語訳】
ドアを閉めます。

ドアの開閉が自動の場合は運転手はドアを締める前に一声かけてくれる時はこのフレーズを言われます。

【会話例】
A: Let me close the door.
ドアを閉めます。
B: Sure.
どうぞ。

48. Watch your legs.

【日本語訳】
足元に注意してください。

運転手さんの気遣いでこのような声がけをしてくれることがあります。その際はちゃんとお礼を伝えましょう。

【会話例】
A: Watch your legs.
足元に注意してください。
B: Thanks for your attention.
気遣いありがとうございます。

49. Shall I put your luggage in the trunk?

【日本語訳】
荷物をトランクに入れましょうか?

荷物を抱えていると運転手からこう聞かれるので快く聞き入れましょう。

【会話例】
A: Shall I put your luggage in the trunk?
荷物をトランクに入れましょうか?
B: Yes, please.
はい、お願いします。

50. Where would you like to go?

【日本語訳】
どこへいきたいですか?

前半で紹介した行き先を告げるフレーズが答えになる質問文です。まず最初にこの質問をされると思うので、紹介したフレーズを使って答えましょう。

【会話例】
A: Where would you like to go?
どこへいきたいですか?
B: I’d like to go to the central park.
中央公園までお願いします。

51. Would you like to take the highway / expressway?

【日本語訳】
高速道路は使っていいですか?

有料道路を利用した場合は上乗せでその料金は請求されます。下道は無料ですが、時間がかかるので時間とお金とを天秤にかけてどうするか決めましょう。

【会話例】
A: Would you like to take the highway?
高速道路は使っていいですか?
B: Yes, please.
お願いします。

52. Please fasten your seatbelt.

【日本語訳】
シートベルトを閉めてください。

わざわざ言ってきたりしないかもしれませんが、言われても言われなくてもシートベルトは着用しましょう。

【会話例】
A: Please fasten your seatbelt.
シートベルトを閉めてください。
B: Okay.
わかりました。

53. Could you write down the address, please?

【日本語訳】
ここに行き先の住所をかいてもらえますか?

英語力の問題で運転手があなたの行きたい場所を理解できなかったりした場合はこう聞かれる事もあります。分かったふりをして間違った目的地へ連れて行かれたらトラブルになり兼ねないので、きちんと書きましょう。意思疎通をすることが第一です。

【会話例】
A: Sorry, I couldn’t catch what you said…could you write down the address, please?
すみません、あなたの言ったことがわからないのでここに行き先を書いてもらえますか?
B: I got it, please give me a pencil?
わかりました、ペンをもらえますか?

54. Here you are.

【日本語訳】
着きました。

目的地へ到着した際に言われるセリフです。

【会話例】
A: Here you are. It’s the central park.
着きました。着きました。中央公園です。
B: Thank you so much.
ありがとうございます。

55. Is this Ok for you?

【日本語訳】
ここでよろしいですか?

上記と似たような意味合いです。目的地付近についたら言われますので、間違ってなければそのまま運賃を払いましょう。

【会話例】
A: Is this Ok for you?
ここでよろしいですか?
B: Perfect. So how much is the fare?
完璧です。運賃はいくらですか?

56. the fare is 40 dollars.

【日本語訳】
料金は40ドルです。

料金の請求を求めるフレーズです。

【会話例】
A: How much is a fare?
運賃はいくらですか?
B: The fare is 40 dollars.
料金は40ドルです。

57. How would you like to pay by?

【日本語訳】
どの様な支払い方法を希望されますか?

支払い方法を確認するフレーズです。現金ならpay by cash,カード払いならpay by creditと答えましょう。

【会話例】
A: How would you like to pay by?
どの様な支払い方法を希望されますか?
B: I’d like to pay by credit.
クレジットでお願いしたいです。

58. I’m afraid we don’t accept credit cards.

【日本語訳】
申し訳ありませんが、クレジットカードには対応していません。

上記の流れだとおかしいですが、一部の国のタクシー会社ではカードリーダーが備わってなかったり、または故障などで一時的に使えない事もあります。もしもの時のために現金もいくらは用意しておきましょう。

【会話例】
A: May I have a pay for credit?
クレジットで払っていいですか?
B: I’m afraid we don’t accept credit cards.
申し訳ありませんが、クレジットカードには対応していません。

59. Here is your change.

【日本語訳】
こちらがお釣りになります。

changeはお釣りです。現金払いの時に限り、言われるフレーズですね。チップ文化がある国では運賃はクレジットで払い、チップは現金で気持ち分を手渡す事もあります。

【会話例】
A: Here is your change.
こちらがお釣りになります。
B: Okay.
はい。

60. Thank you for your ride.

【日本語訳】
ご利用いただきありがとうございます。

料金を支払いが済んだら最後はお礼を言い合いましょう。英語圏ではありがとうを言い合うのは一つの文化なので、忘れずに声に出して言いましょう。

【会話例】
A: Thank you for your ride.
ご利用いただきありがとうございます。
B: Thanks, have a good day.
こちらこそありがとうございます、良い日を!

以上、60個のフレーズを紹介しました。

他の交通機関と比べるとタクシーは少し割高になってしまいますが、乗る場所も降りる場所も選べるタクシーは他の交通機関にはない大きな強みを持っています。バスや電車では行きにくかったり、行き方が複雑な場所に向かう際は利用してみるのもいいのではないでしょうか?
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。