TOEFLの単語対策勉強法!単語を効率的に覚えるにはどうしたら良いの?

TOEFL
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

TOEFL対策をしたいのですが、単語が重要って本当ですか?

おすすめの勉強法や、単語を覚える方法があれば知りたいです!

本記事は、このような悩みをお持ちの方に向けて書いていきます。

世界的にもメジャーで、進学就職転職時にも特技や資格として利用のできるTOEFLテスト。難易度はとても高く、内容もアカデミックということで、しっかりとした対策が必要です。

英語の4技能(読み・書き・話す・聴く)が総合的に試されるテストですが、すべての基礎である語彙力については、しっかりとつけていく必要があると言えるでしょう。

そこで今回は元英会話講師の私が、TOEFLの単語対策勉強法をご紹介していきます。単語を効率的に覚えるコツについても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事で分かること

・TOEFL単語の勉強法
・TOEFL単語の特徴
・TOEFL単語を効率よく覚える方法
・TOEFL単語対策おすすめ教材

TOEFL単語の勉強法&ヒント

学術的な内容が出題されるTOEFLテスト。単語を覚えるにしても、ターゲットを明確にし、計画的かつ継続的に暗記をしていくことが求められます。

TOEFL単語対策をするには以下のような勉強法がおすすめです。

  • 声に出して覚える
  • まずは基本単語から覚える
  • いつまでにどこまで終わらせるかを明確にする

ここでは、TOEFL単語学習の勉強法&ヒントについてご紹介します。

声に出して覚える

TOEFLの単語は声に出して覚えましょう。声に出して覚えることで、文字だけでなく音でも英語を認識できるようになり、効率的だからです。

単語帳にもさまざまな種類があります。見開きで左側に英単語、右側に日本語訳のようないわゆる1対1対応の単語帳から、長文の中で単語を覚えていくものまで多種多様です。

いずれの単語帳を用いるにしても、音読は欠かせません。読み方、具体的な発音やアクセントを確認しながら覚えていくことができるとともに、自分で発音をすることで耳で聴くことにもなり、学習効果は高まります。

細かい発音やアクセントを学ぶことでリスニングやスピーキング力をつけることにもつながりますので、一石二鳥と言えるでしょう。

まずは基本単語から覚える

TOEFLの単語を覚えるときは、まずは基本単語から覚えるようにしましょう。

具体的な勉強法とは少し離れますが、TOEFL対策ではどうしてもアカデミック・学術的な単語の暗記に集中してしまい、基礎単語の暗記をおろそかにすることのないよう注意が必要です。

テスト本番までの時間が限られているような場合、TOEFL対策ということで難しい単語の暗記のみを行なってしまうことも考えられますが、基礎にあるのは基本的な単語力。

中学校や高校で学ぶ英単語、日常会話に登場するような英単語の暗記がまずは不可欠です。

TOEFL対策用の単語帳であってもそうした基本単語が多く収録されているものもありますので、自分のレベルに合わせて、スタートレベルをあまり高く設定することなく進めていきましょう。

いつまでにどこまで終わらせるかを明確にする

TOEFLの単語を勉強するときは、目標や学習計画を明確にしましょう。本番からの逆算にもなりますが、1冊の単語帳を手にしたとして、1周暗記するだけではもちろん不十分です。

単語帳を何周も何周もすることで、しっかりと定着し、掲載されている英単語が自分のものとなります。

また、何周もする際は

  • 1周目を30日間で終わらせる
  • 2周目は20日で終わらせる
  • 3周目は15日で終わらせる

というように、終わらせる間隔を短くしていくことです。

このようにタイムプレッシャーを自らに与えることで、より学習効果が上がり、より早く単語帳1冊を仕上げることができます。

 

TOEFL単語の特徴

TOEFLテストは難易度が高く、語彙力もかなりのレベルが必要です。一般的にはアカデミック・学術的と言われますが、より具体的には大学での生徒と教授のやり取り、大学での講義などがその内容となりますので、日常会話の要素も含まれます。

学問領域としてもさまざまな学問が出題されるため、専門的なワードについてもある程度は知っておくことが必要になるでしょう。

言い換えればしっかり単語対策をすることで、内容やトピックを素早く理解することが可能となり、回答スピードが速くなり正答率も上げることができます。

 

TOEFL単語を効率的に覚えるには?

英単語の勉強法についてご紹介しました。では、TOEFL単語を覚えるときは、どのように覚えるのが効率的なのでしょうか。

今回ご紹介するコツは以下の3つです。

  • 専用単語帳で学問領域別に暗記
  • CDや音声アプリの活用
  • フレーズ・イディオムで暗記

ここではTOEFLテストの単語対策として必要なコツをご紹介します。

専用単語帳で学問領域別に暗記

TOEFLの単語はトピック別に覚えるようにしましょう。TOEFLは大学内での会話が出題されるため、大学で扱われる学問領域についてある程度知っておく必要があります。

単語帳によっては、学問領域別に頻出単語がまとめられているものもありますので、トピック別に整理して覚えるのがおすすめです。

もちろん基本単語を覚えることが先決ですが、同時に専用の単語帳で勉強をすることも大切。たとえば、学部の名前や学問の英語での表現を知らなければ内容が全く分からないということにもなりかねません。

専用単語帳ではその学問の周辺知識についてもコラムのような形でまとめられているものも多いので、上手に利用するようにしましょう。

CDや音声アプリの活用

TOEFLの単語を覚える際は、CDや音声アプリも活用しましょう。

音読をする、書いて覚えるなど勉強方法はさまざまですが、モチベーションを保つこと、4技能が総合的に試されるTOEFLテストの特殊性から、CDや音声アプリを使って暗記をすることをおすすめします。

最近の単語帳は、音声アプリが用意されているものも多数。単語帳とにらめっこが続くとどうしても飽きてしまい、途中で投げ出すということにもなりかねません。

アプリなどを使えば音や映像で単語を覚えることができますので、より記憶に定着しやすくなるでしょう。継続することが何よりも単語の暗記では必要です。ぜひCDやアプリも上手に活用してみてください。

フレーズ・イディオムで暗記

TOEFLの単語はフレーズ・イディオムで暗記しましょう。1単語ずつ覚えていくことも大切ですが、フレーズやひとまとまりの形で覚えていくことで、より暗記が進むということもあります。

好みの問題もありますし、単語帳の種類にもよりますが、フレーズ単位で覚えることで、その単語がどのように使われるのかを具体的にイメージすることが可能。

実際の試験や実戦演習の局面で、訳が出てきやすいという状況を作り出すことができます。単語帳選びの1つの選択肢をして頭に入れておきましょう。

 

TOEFL単語対策おすすめ教材5選

モチベーションを維持し勉強を継続するためには自分に合ったテキストを選ぶことが不可欠です。今回ご紹介するのは以下の5つの教材。

  • 聞いて覚える英単語 キクタンTOEFL(R) TEST 【イディオム編】 キクタンTOEFLシリーズ
  • TOEFLテスト英単語3800 4訂版
  • 改訂新版 TOEFL TEST必須英単語5600
  • TOEFLテスト ここで差がつく頻出英単語まるわかり
  • DUO 3.0

ここではTOEFL痰がお対策におすすめの教材を5つご紹介します。

聞いて覚える英単語 キクタンTOEFL(R) TEST 【イディオム編】 キクタンTOEFLシリーズ

Point

・口語表現、ことわざなども収録
・復習テスト付き
・ドリル形式

受験英語でも定評のある著者が書いたTOEFLテスト用のテキストです。TOEFLはアカデミックな内容ではありますが、多種多様な表現、たとえばことわざや慣用句などについても幅広く収録されています。

精選された400表現を徹底的に学習することで、その後のさまざまな演習問題に取り組む基礎力をつけることができますよ。

復習テストやドリルもついているので、覚えたものを実際に使うことができるかというアウトプットのトレーニングも同時に行いましょう。

聞いて覚える英単語 キクタンTOEFL(R) TEST 【イディオム編】
キクタンTOEFLシリーズ

TOEFLテスト英単語3800 4訂版

Point

・分野別英単語の掲載
・音声付き
・専門用語も幅広く学習可能

幅広い学問領域の英単語知識が要求されるという側面もあるTOEFLテスト。本書は分野別に英単語が収録されているので、より効率よく学ぶことができます。

得意な分野不得意な分野が出てくるとは思いますが、不得意を避けることなく繰り返し覚えていくことが暗記への近道。音声もついているので、うまく活用して耳からも覚えていきましょう。

TOEFLテスト英単語3800 4訂版

改訂新版 TOEFL TEST必須英単語5600

Point

・過去問の徹底分析
・ジャンル別英文
・耳からも覚える

著者が過去問を徹底的に分析し、本当に出る単語を厳選して掲載しています。単語帳は厚さにもよりますが、1冊を仕上げるだけでもかなりのエネルギーが必要で、何周も繰り返さなければいけないですよね。

そうした点で本書は、その1冊として選ぶに値する内容がとても充実した単語帳になっています。

ジャンル別の英文もかなり豊富に掲載。単語の意味はもちろん、その使い方、使われ方も同時に習得することができるでしょう。

改訂新版 TOEFL TEST必須英単語5600

TOEFLテスト ここで差がつく頻出英単語まるわかり

Point

・頻出単語を厳選
・イラスト付き
・音声ダウンロード可能

本書は頻出単語が厳選されているのみならず、イラストが豊富に掲載されているため、モチベーションを保ちやすい構成となっています。

内容の充実度のそうですが、イラストが豊富であったり、見やすい構成であったりするなど、好みの単語帳を選ぶことで学習効果もアップ。

イラストは各々の単語のイメージをつかむ上でも効果的ですので、そうした観点で本書を選ばれることもおすすめします。

TOEFLテスト ここで差がつく頻出英単語まるわかり

DUO 3.0

Point

・受験英語でも利用可能
・フレーズ集
・実戦的に学べる

本書は、大学受験英語においてもよく用いられる単語帳です。フレーズの中で英単語を学ぶ構成となっているので、より実戦的に暗記を進めることができます。

1単語1単語の意味を頭に入れることはもちろんですが、それを使うことができなければ4技能いずれをとっても点数にはつながりません。

そうした点で本書は、単なる暗記にとどまらず、アウトプットを意識して学べるので効率的です。TOEFL対策として基本的な語彙力を付けるにも役立つでしょう。

DUO 3.0

 

TOEFL単語力は点数に直結する!

今回はTOEFL単語対策についてご紹介しました。

単語力はすべての英語力の基礎と言えます。TOEFLで点数を取るには、基礎的な単語からアカデミックな単語まで幅広く覚えていかなければいけません。

勉強法やコツを理解したうえで、自分に合った単語帳を用いて覚繰り返しが単語力養成の最短ルートですので、いつまでにどこまでを終わらせるかを明確にして計画的に取り組んでいきましょう。

TOEFL対策におすすめな教材10選!高得点を取るならテキスト選びが超重要!
TOEFL対策教材って種類が多くて迷いますよね。しかし、教材選びは点数に直結すると言っても過言ではないほど重要です。そこで今回はTOEFLのおすすめ教材を10選ご紹介します。TOEFL受験予定の方は、ぜひ参考にしてください。