ライティング力が上がる効果的な勉強法とは?スピーキング力も上がる!?

ライティング
この記事を書いた人
りこ

英会話講師として7年間勤務し、0歳から80歳まで200人以上の生徒を担当。現在はフリーライターとして、英語学習に関する記事を執筆したり、英語を使って海外のコンテンツ制作会社と一緒に仕事をしています。

りこをフォローする

ライティング力を上げたいと考えている方は、下記のような悩みをお持ちではありませんか?

英語のライティングって何をどのように書けば良いか分かりません…

文法の知識はあるのですが、をうまく使いこなせないんです…

本記事は、このような悩みをお持ちの方に向けて書いていきます。

実はこのような悩みを持つのは「英語で書くという訓練が足りない」ことが原因です。

結論から申し上げると、ライティング力は基礎的な文法知識をつけた上でアウトプットの練習をすれば、簡単に力をつけることができます。

また、ライティング力は知識をアウトプットする力ですので、ライティング力が上がるとスピーキング力が上がるという嬉しい二次効果も。

そこで今回は元英会話講師の私が、ライティングの勉強法をご紹介します。ライティング勉強法についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧下さい!

本記事で分かること

・ライティングの勉強法5つ
・ライティングおすすめ教材5選
・やってはいけないライティング勉強法は?

ライティングの勉強法5つ

ライティング力を上げるには、とにかく書いてみることが大切。その理由は書く中で自分ができることできないことが明確になるからです。今回ご紹介するライティング勉強法は下記の5つ。

  • 基本単語熟語の暗記
  • 基本の文法事項を理解する
  • フレーズの暗記
  • 日本語を英文に直す訓練
  • 添削を受ける

ここでは、ライティング勉強法をご紹介します。

基本単語熟語の暗記

ライティング力を上げるには、基本単語熟語を暗記しましょう。

ライティングをする上で、最低限の語彙力、語彙の知識があることは大前提です。もちろん、はじめから長く複雑な文章を書くわけではありませんので、中学校で習うような英単語・英熟語の暗記を進めましょう。

単語熟語の暗記の際には、英語から日本語のみならず、日本語から英語に変換できるよう訓練をすることが大切です。前者の英語から日本へという暗記だけでは、英作文を書く際に支障をきたしてしまいます。

りこ
りこ

「日→英」翻訳は慣れていないという方が多いかもしれませんが、ライティングだけでなくスピーキングにも効果的ですので、積極的に取り組みましょう!

 

英語から日本語、日本語から英語という双方向からの暗記を繰り返して、定着率を上げていきましょう。

基本の文法事項を理解する

ライティング力を上げるには、基本の文法事項をきちんと理解しましょう。

語彙力もさることながら、文法力もライティングをする上では必要となります。知っている単語や熟語を並べるだけでは、文法的に正しい英文を作ることはできません。

りこ
りこ

テストの採点官も、文法が正しく使えているかをチェックしています。テストで点数を落とさないためにも、文法事項はきちんと押さえるようにしてくださいね。

文法レベルは最低限中学レベルの文法事項で十分ですので、最低限の文法事項を頭に入れ、ライティングに取り組むための下地を作りましょう。

フレーズの暗記

ライティング力を上げるには、使えるフレーズをどんどん暗記していきましょう。

フレーズの暗記は非常に英作文力向上に効果的です。方法としては、短めの文や、フレーズという形でまとめられているテキストを暗記していきます。

例えば、下記のようなライティングで使えそうなフレーズは、丸ごと暗記してしまいましょう。

First of all, there are 3 reasons for this.
(まずこれには3つの理由がある)
Generally speaking, people agree with the opinion.
(一般的に人々はその意見に賛成している)
That’s not necessarily true.
(必ずしもそれが真実だとは限らない)

フレーズで覚えることにより、実際に書く際にフレーズをそのまま使ったり、フレーズをベースに少し変更を加える形でさまざまな文を書きやすくなりますので、暗記は効果的です。

基本単語熟語の暗記と並行して、フレーズでの暗記も視野に入れて取り組みましょう。

日本語を英文に直す訓練

ライティング力を上げるには、日本語を英文に直すトレーニングをしていきましょう。

短めの日本語の文章からスタートして、自分の単語熟語文法知識を駆使して、実際に英語に直すトレーニングをすることも効果的です。

単語熟語の暗記や文法事項の理解習得はインプットにあたりますが、インプットだけでは実際に書く力、ライティング力は身につきません。

例えば、下記のような日本語を英語にすることはできますか?

・どちらも重要だ
・私は強く〜だと思う

実際に書くという作業であるアウトプットを繰り返すことにより、インプットをしたことの意味も出てきます。短めの文章からスタートし徐々に長めの文にチャレンジをしていくという形で進めていってくださいね。

りこ
りこ

ちなみに「どちらも重要だ」は“both are critical”、「私は強く〜だと思う」は“I strongly believe that〜”と言います。

添削を受ける

ライティング力を上げるには、他人に自分が書いた英文を添削してもらいましょう。

実際に自分が書いたものを添削してもらう、他人に評価してもらうことも効果的です。

テキストの解説は詳しく、自力で添削やチェックをすることもできますが、他人に確認をしてもらうことにより自分では発見できなかった箇所に気付くことも多々あります。

特に、長めの文章を書いた場合には、段落構成や起承転結など、全体の流れも含めてチェックをしてもらう必要も出てきますので、添削は必ず受けるようにしましょう。

TOEFL対策におすすめな教材10選!高得点を取るならテキスト選びが超重要!
TOEFL対策教材って種類が多くて迷いますよね。しかし、教材選びは点数に直結すると言っても過言ではないほど重要です。そこで今回はTOEFLのおすすめ教材を10選ご紹介します。TOEFL受験予定の方は、ぜひ参考にしてください。

 

ライティングおすすめ教材5選

ライティング対策で大切なのは目的やレベルに合ったテキストを選ぶという点。その理由はライティング力は一朝一夕には身につかず継続が大切だからです。今回ご紹介するおすすめ教材は下記の5つ。

・英語ライティング 至高のテクニック36
・[はじめる編] 英作文のトレーニング 新装版
・究極の英語ライティング
・大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編
・英語ライティングこれ一冊: 英検・TOEFL・IELTSに共通する基礎

ここでは、効果的にライティング対策ができる教材をご紹介します。

英語ライティング 至高のテクニック36

Point

・さまざまな角度からライティング力を鍛えることが可能
・問題収録多数
・テクニックを習得することができる!

本書は、テクニックと書かれているように、ライティングをする上での技術面を知ることができる一冊です。

本記事でも、ライティング力の基礎は語彙力や文法力とのお話をしました。

本書は、その他さまざまな力をどうライティング力に結び付けていくかという視点で、かなり詳細に説明が書かれています。

また、学んだことを実際に使うために個別の練習問題も多く収録されていますので、必ず取り組みアウトプットをしていきましょう。

英語ライティング 至高のテクニック36

[はじめる編] 英作文のトレーニング 新装版

Point

・講義編で英作文の書き方を習得することができる
・文法事項がよく整理されている!
・4種類のシリーズになっている

添削指導で定評のあるZ会から出版されている、受験対策用のテキストです。講義編からスタートし、英作文力、ライティング力をつけていくための基礎基本事項を学ぶことができます。

また、文法事項が整理されているため、フレーズを覚えていく前段階として最低限必要な文法事項を頭に入れることができるでしょう。

レベルも4部冊で選べますので、現状や目的に合わせて選び、解説や説明を熟読しまずは1冊を仕上げるという意識で取り組むことをおすすめします。

[はじめる編] 英作文のトレーニング 新装版

究極の英語ライティング

Point

・書く際のポイントが学べる
・実践的な演習と解説が魅力的
・より英語らしい書き方の習得方法を学ぶことができる!

本書には、英語のライティングをする際に意識すべきことが分かりやすく、かつ順序だてて書かれています。

英作文やライティングに苦手意識や、壁のようなものを感じている方にとっては、はじめの一歩、考え方を変えるヒントになるはずです。

また、単にやり方や手法を学ぶことができるだけでなく、演習問題・解説も充実していますので、インプットとアウトプットをこの1冊で完結させることができるでしょう。

究極の英語ライティング

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

Point

・文法のポイントがよく整理されている
・英文の組み立て方を学べる
・CD付なので耳で学習することが可能

本書は和文英訳編とあるように、日本語を英語に直していく具体的な過程を学ぶことができます。

文法事項が整理されているほか、日本語をどのように英語に直していくか、英文をどう組み立てていくかという具体的なやり方を詳細に学ぶことができる一冊です。

さらに、CDもついていますので、音声を通じて日本語を頭の中で瞬時に英語に変換できるかを訓練できます。

りこ
りこ

ライティング対策であっても耳から覚えることは非常に効果的ですので、CDは積極的に利用しましょう!

大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編

英語ライティングこれ一冊: 英検・TOEFL・IELTSに共通する基礎

Point

・各種検定試験のための勉強の基礎力も鍛えることができる
・さまざまな形態の作文の書き方が学べる
・豊富な過去問、実戦問題を収録

本書では、各種検定試験に向けた勉強法の基礎を効率よく学ぶことができます。一般的な英語力があっても、すべての検定試験やテストにおいて好スコアをとったり、合格をしたりすることはできません。

テストのライティングパートで高得点を取るには、各試験の傾向や対策を理解し、目標を定めて勉強をする必要があります。本書はその点でも、高得点を取るための対策ができる一冊だと言えるでしょう。

練習問題や過去問も収録されているほか、エッセイなど長めのライティングをする際の書き方やコツも詳しく書かれていますので、より実戦的かつ総合的な対策をすることができます。

英語ライティングこれ一冊: 英検・TOEFL・IELTSに共通する基礎

 

やってはいけないライティング勉強法は?

ここまでライティング力向上のための具体的な勉強法や、おすすめの教材についてご紹介をしてきました。

ライティング対策をするときは、いきなり難易度の高いテキストに取り組むのは控えましょう。

一般に良いと言われる勉強法やテキストであっても、使い方や使う時期を間違えては学習効果は上がらないからです。

ライティング学習をする際には、基礎からライティング力を積み上げ、短い文章から確実に書けるようにしていくことが大切。

いきなり複雑な英文や長文に挑戦しようとすると、言いたいことを伝えることができず、結果的にテストでも点数を落としてしまいます。

また、いきなり難しいテキストに取り組んで、モチベーションが低下してしまっては元も子もありませんよね。

英語のライティングを勉強する際は、できることを少しずつ増やしていくことを意識して取り組みましょう。

ライティング講座が受けられるオンライン英会話!効率的な活用法は?
ライティングの効果的な学習法は、英会話講師に添削をしてもらうことです。そこで本記事では、ライティング添削が受けられるサービスを5つご紹介していきます。効果的にライティング力を伸ばしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ライティング力は書けば書くほど伸びる!

今回はライティングの勉強法やおすすめ教材などについてご紹介しました。

ライティング力はどれだけ書いたか、どれだけアウトプットをしたかでその力の伸び方が決まります。

どうしてもインプットに時間をかけてしまいがちですが、必要最低限のインプットをしたうえでどんどん書いてみましょう。

また、他人の添削を受けて客観的に評価をしてもらうことにより、さらに勉強を効率化することができ、勉強が進みます。

ぜひ本記事を参考に、効率良くライティング力を上げていってくださいね。

英語ライティングの質を上げる8つのコツ!知っておきたい3つのルールも
英語のライティング力でお悩みですか?実はライティング力は、勉強法を工夫するだけで効率的に力をつけていくことが可能。本記事では、ライティング力を上げるための8つのコツについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。